モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)

刺身食べたい

第1話:対面

   俺は目覚めた。起きたばかりの俺は見知らぬ部屋にいたことに戸惑った。が、すぐに『転生』したことを思い出した。

   俺は周囲を確認しようとして立ち上がろうとしたが、立ち上がれないばかりか体を動かすことすら出来ない。身体能力は赤ちゃん並みってことか‥‥‥。

   目だけは動かせたから、視界に映るモノだけを見ていった。

   まずは『シャンデリア』。らしきモノと言ったのは名称や役割が違うかもしれないだ。実際に、シャンデリアにはロウソクの代わりに『石』が置いてある。何故、石が置いてあるのかは分からないがきっと意味があるのだろう。

   俺が石について考察していると、ドアが開く音がした。残念ながら、こちら側からはドアが見えないため本当かどうかは分からないが。
   案の定、誰かが入って来た。そのは俺の目の前に来た。

   蒼髪に青色の瞳の人だ。流石にあの女神ーー様をつけたほうがいいかな?ーーには劣るが前世だとモデルにもなれるというほどの美貌だ。何故か俺はこの人を『メイド』だと思った。俺は前世でメイドを見たことがないはずだ。正確にはではメイドを見たことがないけど、アニメでメイドを見かけることはあった。そのはずなのに不思議とメイドという言葉が頭に浮かんだ。服装がメイドっぽいせいか?

   そのメイドさんは俺を見て何かを言った。

「○☆△」

   っっっ!?‥‥‥何なんだ、これは!?凄く耳障りな声だ。いや、声自体は綺麗だったから言葉の方に問題があるのか‥‥‥?単語の意味すらわからない。いや、単語の意味がわからないのは当然か‥‥‥日本語や英語じゃないし‥‥‥。それ抜きにしてもすぎる。

   そのメイドさんがドアを開けて出て行った。ドアが開く音で判断しているから実際のところ、本当に出ていったのかわからない。

   ふう‥‥‥うるさいのがいなくなったな。と思ったのも、つかの間、またドアが開いた。
   俺はまたあのメイドが来たのかと思って少し身構えた。だが、体が動かないから身構えることが出来ない。しかし、予想に反して今度は別の人が入って来た。

   その人を見た瞬間、俺はこの人が自分の母親というのを本能で理解した。赤髪に緑色の瞳‥‥‥如何にも、ファンタジーらしい髪色と瞳の色だ。そして、この人もあの『異質』な言葉で喋り出した。

   その時、丁度いいタイミングで睡魔が俺を襲った。俺はこの『地獄』から逃れることが出来るなら、と睡魔に抗わず、むしろ睡魔に身を委ねた。
   それに今は授業中でもないから寝ても大丈夫だろう。むしろ、赤ちゃんの本分は『食べる』『遊ぶ』『寝る』の3つだ。だから、寝て‥‥‥も、いい、よね‥‥‥。

—————
修正後にミスを見つけてまた修正。そして、永遠と繰り返す‥‥‥くそったれなエンドレス‥‥‥痛いアニメを見るよりきつい‥‥‥。
—————

「モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く