話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

友だちといじめられっ子

咲葉

7(終)

友人を信じて、どんなことでも声をかける。そんな日々も、もう限界に達した。少女は、自分さえ頑張れば、我慢すれば、少女の友人と前のような仲に戻れると思っていた。
 ⋯⋯だけど、無理だとようやく気づいた。いくら、前と変わらないように接していても、少女の友人から聞こえてくる本音は、もう、どうにもならないほどだった。


「なんか、もう、いやだ」


 教室のドアを開ける直前、少女は、小さく呟いた。ドアを開けるのをやめた少女は、階段を上り、屋上へと向かった。
 屋上に入り、少女は、直ぐに鍵を閉めた。誰かに邪魔をされるわけにはいかないのだ。


 初めて来た屋上には、ところどころ苔が生え、ふと上を見ると、青い空が延々と広がっていた。
 数歩歩いて、屋上の柵を越え、下を見ると、広がっている中庭。


「うわ、結構高いなぁ」


 予想以上の高さに、少女は小さく声を上げた。けれど、そこに恐怖は無かった。早くこんなところから逃げ出したい。


「よし。」
 小さく呟くと、少女はまた一歩、足を進めた。少女は今から飛び降りるのだ。
 少しずつ体を傾けると、少女は、ゆっくりと落ちてゆく。その時の少女は、妙に冷静だった。






 ドサッと大きな音がして、少女の友人は、中庭へ向かった。そこには、少女が横たわっていた。
「なに、これ」


 少女の友人は、絶句した。それ以外、少女の友人は何もする事が出来なかった。


「そんな。こんなことに、なんで」




 翌日。少女の友人が学校に行くと、クラスメイトからの冷たい視線に気づいた。


「お、おはよう」


 恐る恐る挨拶すると、一人の生徒が少女の友人に近づいた。


「加奈が死んだのって、お前のせい、なんじゃないの?」


「・・・・・・」


 そう言われ、何も答えられなかった。


「やっぱり、そうなんだ。」


 クラスメイトの言葉に、少女の友人は勿論のこと、いじめに協力した、他のクラスメイトの誰も答えることはかった。
 周りには誰も、少女の友人の味方は居なくなっていた。胸が痛む。


 少女の友人は、自分のせいだと、確信していた。だけど、認めたくなかった。
 クラスメイトが居なければ、少女の友人はずっと少女と親友で居続けただろう。そんな気持ちが少女の友人のなかで渦めいていた。


 あぁ、やっぱり聞いていたんだ。何度も何度も、挨拶し、話しかけてくれていたのも、自分たちの会話を聞いていたからなのかもしれない。少女は、きっとそうするだろう。
 少女の友人は、それを嫌という程分かっていた。知っていた。


 でも、今更そのことに気づいても、もう、どうすることも出来なかった。少女は、死んでしまったのだ。いくら自分のしてしまったことに気づいても、それを謝らなければならない相手は、もうこの世にはいないのだ。本当にもう、どうすることも出来ない。と、少女の友人は、思った。


「あ、そっか。私も────」






































 翌日。少女の友人が、自宅で亡くなっているのが見つかった。



























「友だちといじめられっ子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く