話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

友だちといじめられっ子

咲葉

2

 少女が学校に来るようになって、一ヶ月が経とうとしたある日のこと。その日、少女はいつもより早く教室に来ていた。しかし少女は、その日、教室に入ることは無かった。それは、少女がドアの前に立ったとき、中から聞こえた会話が原因だった。


「あいつ、なんで学校に来たのかな」
「せっかく、休んでたのにね」
「ほんとだよ。あのまま来なくて良かったのに」
に気を使うの、面倒臭いんだよね」


 笑って話されたその会話を聞いた少女は、教室に入らず、保健室に走った──。


「どうしたの、何かあった?」


 保健室のドアを開けると、先生が心配そうに聞いた。


「先生、もう、教室に行きたくない⋯⋯」


 少女はそう言って、ついさっき聞いた会話のことを話した。その声は、震えていた。


「そっか。それじゃぁ、また、ここにおいで」


 先生の優しい声と笑顔に、情が高ぶって、泣きそうになった。


 ⋯⋯それから少女はまた、教室へは行かず、学校には来ても、保健室にしか行かなくなった。




「失礼します⋯⋯」


 ある日、保健室に、少女と仲の良かった生徒が来た。


「先生、さっき出張行ったけど⋯⋯」


「うん、知ってる。⋯⋯休ませてもらってもいい?」


「うん」


 少女は、いつものようにベットに行き、カーテンを閉める。保健室に沈黙が流れた。


「あのさ、教室、加奈が片付けてたの?」


 唐突な質問に驚きながらも、少女は「うん」と、小さく答えた。


「ありがとう」


 続けてそう言われた少女は、とても戸惑った。


「加奈が来ていた時だけ、次の日の教室が綺麗だったからさ。⋯⋯やっぱり、加奈だったんだ。」


「うん」


 ⋯⋯再び、二人の間に沈黙が流れた。


「あのさ、ごめんね。ほんとにごめん。」


「えっ」


 思わぬ言葉に、少女は再び戸惑った。


「加奈が教室に来れなくなったのは、私たちのせいなのに。教室に来れるようになった加奈は、教室、片付けてくれてて。ほんとにごめん、ありがとう」


 少女はそれを聞いて、泣きそうになった。少女の行いに、感謝してくれて、謝ってくれて、それだけでもう、少女には十分だった。




「加奈ー!また来たよー!」


 それから、その友人は、度々保健室に顔を出すようになった。少女の様子を見るために。

「友だちといじめられっ子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く