話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

友だちといじめられっ子

咲葉

5

「おい、お前ら、どういうことだ?炭谷、教室に来て無いじゃないか。」


 そう言って担任は、ため息をついた。


「先生ー。一日二日じゃむりでーす。今何人かで、保健室に行って、加奈と話してるので、後少し待って下さーい」


「そ、そうか。よし分かった。ちゃんとやってるならそれでいい。二週間後の木曜日。それまでに連れて来いよ」


 クラスメイトの言葉は嘘だ。行ったのは少女の友人一人だけ。だが、停学までの期間が伸ばされた事は、大学に行きたい少女の友人にとって、最良の結果だった。






 ⋯⋯あれから毎日のように、少女の友人は、保健室に通っていた。


「ねえ、加奈。また、教室に行かない?」


 ある日、少女の友人が尋ねてみたが、すぐには返事が返ってこなかった。


「でも⋯⋯」


「大丈夫。今度は、私が付いてるから。行きづらいのは、私たちのせいだよね。分かってる。でも、私が付いてるから、どうか安心して。」


 少女の友人は、笑顔で少女にそう言った。




 次の日、少女の友人は、少し早めに学校に来た。


「おはよ」


 そしてクラスメイトは、いつも通りおはよ、と返す。


「皆ちょっと聞いて。昨日加奈の説得、多分出来たから多分今日来ると思うよ」


「おーさすが凛花。んじゃ、あいつの悪口には気をつけるよー」


 少女の友人は小さく、「ありがとー」と、答えて自分の席に着いた。


 しばらくして、教室のドアがガラガラと開く音がした。


「おはよ、加奈」


 真っ先に出した、少女の友人のその声で、クラスメイトも「おはよ」と少女に言った。


「おはよう」


 少女は、笑顔で言った。




 それから数ヶ月後。少女の友人は、熱帯夜の薄暗い夜道を1人で立っていた。来る友人を静かに待って。


「おーい、加奈!こっち!」


 少女の友人は、少女が、何度も転びそうになっているところを見つけ、大きな声で呼びかけた。
 少女は、少女の着ている浴衣を直しながら、友人のもとへ急いだ。


 その日、少女の友人は少女と、神社で行われている夏祭りに来ていた。少女の友人は、保健室で話したあの日から、少女とよく一緒にいるようになった。


 しかし、それをクラスメイトたちはよく思っていなかった。少女の友人は、その空気をなんとなく感じ取っており、この夏祭りを最後に少女との関係を終わらせようと考えていた。


 少女は夏祭りに来るのは初めてだったらしく、二人でたくさんの出店を回った。


 少女の友人は、この少女と友達になれてよかったと、心から思った。そして別れないといけないことを苦しく思った。


 夏祭りも終盤を迎えた頃、少女の友人は少女の手を引き、走った。


 お祭り会場である神社の奥。そこが少女の友人が、少女を連れて来たかった場所だった。


「なんでここに?」


 少女は尋ねた。


「ここはね、この夏祭りの最後に上がる花火が凄く綺麗に見えるんだよ。誰にも教えてなかったんだけどね」


 少女の友人は、笑って答えた。


「じゃ、私たち二人の秘密の場所、だね」


 少女は笑顔で言った。


「そうだね」


 少女の友人も、笑顔で答えた。少女の友人は、心から嬉しかった。


 ほどなくして、一発目の花火が上がった。少女とその友人は、二人だけの静かな空間で綺麗に上がる花火を見た。少女の友人は、こんな時間がもっともっと長く続けばいいな、と思った。少女たちの中で、その年のたった数発の花火は、どんな大きな花火大会よりも、どんなに大きくて綺麗な花火よりも、綺麗だと思った。


 小さな町の、小さな夏祭りの最後に上がるたった数発の花火。だけど、少女たちには、かけがえのない思い出になった。




 花火も終わり、帰り道。 


「加奈」


 少し前を歩いていた友人は振り返り、少女の名前を呼んだ。


「なぁに?」


 少女は友人に尋ねた。少女の友人は、何度言っても足りない言葉を伝える。


「私、加奈と友達になれて良かったよ。なんで、あんなことしちゃったんだろ。ほんとごめん」


 それを聞いて少女は、可笑しそうに笑った。


「いいんだよ、もう、そんなこと。私、あの日、保健室に凛花が来てくれて、謝ってくれて、ほんとうに嬉しかったんだ。あの時は、ありがとね」


 ほっとしたように笑って、少女は前を向いた。


「これからも、ずっと友達でいようね」


 夏祭りの最後に買った、ラムネ瓶の中のビー玉を落とすと、泡が吹き出た。少女たちは、真っ暗になった道を二人で、歩いていた。少女たちの手には、開けたばかりのラムネ瓶が握られていた。


 少女とその友人は、来た時に待ち合わせた場所で「またね」と言い、別れた。




 別れた後、少女の友人は考えていた。このまま少女との関係を続ければ、間違いなくクラスメイトからの、いじめの対象になってしまうから。


 ⋯⋯悩みながら歩いていた少女の友人は、いつの間にか車道に足を踏み入れていた。

「友だちといじめられっ子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く