話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

友だちといじめられっ子

咲葉

4

「⋯⋯皆は、何故、炭谷が教室に来なくなったか、分かってんだろうな」


 もうとっくに、ホームルームに当てられた時間は終わっており、他のクラスの生徒は、既に部活に行っていたり、家に帰ったりした。
 そんな中、シーンと静まり返った教室に、担任の声が低く響いた。


「俺はあいつから、全て聞いているからな。誰が主犯だ。名乗り出るまで帰らせないぞ」


 しかし、誰も口を開かない。
 気が付くと、もう外も暗くなり始めている⋯⋯。


 不意に、ダン!!と教卓が強く叩かれて、黙ってずっと下を向いていた生徒は、ビクッとした。


「いい加減にしろよ?はぁ、俺は明日出張なんだ。明後日、俺が返ってくるまでに、炭谷が教室に戻って来てなかったら⋯⋯お前ら、全員停学だからな。今日はもう終わりだ」


 そう言って担任は、教室を出ていった。


「「「はぁ⋯⋯」」」


 全員のため息が重なった。このクラスには誰一人として、反省している者はいなかった。




 そして翌日の朝。


「凛行きなよ~。大学行くっしょ?停学はヤバいって~」


「そうだね、凛花行って来てくんない?前、加奈と仲良くしてたでしょ」


 これは、少女の友人のことを、本気で思って言った言葉だった。


「うん、分かった」


「サンキュー凛ちゃん」


「一度教室に連れて来たら、適当に相手してくれていいから、あたし達もそうするし」


 少女の友人は、少女のことを嫌っていた。そしてクラスメイトも、全く同じ気持ちだった。


 ただし、少女の友人が、少女の事を本気で嫌っていたのは、今だけの話し⋯⋯。




 時は同じ日の、昼休み。
保健室の先生が、出張に出掛ける時を見計らって、少女の友人は保健室のドアを開けた。


「失礼します⋯⋯」


「先生、さっき出張に行ったけど⋯⋯」 


「うん、知ってる。⋯⋯休ませてもらってもいい?」


 とりあえず、また仲良くならないとな、どうやって連れて帰るか⋯⋯。少女の友人は、ただそれだけを思っていた。


「うん」


 少女はそういうと、ベットに向かい、カーテンを閉めてしまった。
 これは、ひどいな。どうして心を開かせようか⋯⋯。少女の友人は、これまでした事を謝ってみることにした。


「あのさ、教室、加奈が片付けてたの?」


少女は「うん」と、小さく答えた。


「ありがとう」


 少女の友人のこの、ありがとう、は心からの本物の言葉だった。元々少女の友人は、真面目で几帳面だった。だからといって、少女の友人自身が片付けてしまうと、クラスメイトにからかわれてしまう。だからあの、汚い教室を片付ける事は、もう諦めていたのだ。


「加奈が来ていた時だけ、次の日の教室が綺麗だったからさ。⋯⋯やっぱり、加奈だったんだ。」


「うん」


 二人の間に、再び沈黙が流れた⋯⋯。そして再び、少女の友人は、口を開く。


「あのさ、ごめん、ほんとごめん」


「えっ」


 少女は、戸惑っていた。
 少女の友人のこの、ごめん、は義務的だったのか、それとも本気だったのか、少女の友人自身にも分かっていなかった。


「加奈が教室に来れなくなったのは、私たちのせいなのに。教室に来れるようになった加奈は、教室、片付けてくれてて。ほんとにごめん、ありがとう」


 これは、ここに来る前に、クラスメイトと考えて来た言葉だ。しかしそれに対して、少女の目には、今にも溢れそうなほど、涙が溜まっていた。




「加奈ー、また来たよー」


 それから、その友人は、度々保健室に顔を出すようになった。少女の様子を見るために。そして──少女を教室連れ戻すために⋯⋯⋯⋯。

「友だちといじめられっ子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く