儚い雪に埋もれる想い

雪莉

己の記憶

 私は小説家。
 



 東雲美空という。



 家族は、いない。




 私が、殺してしまった。罪に問われないと言えばYES、だ。




なぜなら、あれは正当防衛。なので、私は今まで犯罪者という、レッテルを貼られなくてすんでいる。


 しかし殺してしまったのは、紛れもない事実だ。父、母、弟、使用人たち、およそ十三人。家族たちを、全員殺してしまった。



 否、家族ではない。あんな外道な奴ら、家族などというものではない。

私が、認めさせない。
 



 一度は罪に溺れ、病みに病んだ。殺したいと毎日想い、死ねばいいと毎日願った相手だが、私も人間だった。


人を殺した罪悪感はあった。




その証拠に今でも、あのゴムを切った感触に似たものが残っている。


気持ち悪い。




 しかし、幼少期にかけられた大切な人の言葉を信じ、私は前を向いた。



決して、後ろを振り返らないように。




そうやって、耐えた。耐えてきたが、あの日私は死んでしまった。




物理的に考え、事故や病気などで死んだわけではない。それまでの自分を殺し、感情をOFFにしてしまった。




なぜ、私を殺してしまったのか。



彼女が、自殺してしまったのだ。



しかもその事実を知ったのは、一週間後だった。




だが私は彼女が、自殺してしまった理由が分からない。


彼女が、何に追い込まれていたのか、何に苦しんでいたのか、さっぱりわからない。


OFFにしてしまったのは、償うとか、彼女のためだとか、決してそんな綺麗事を言うつもりはない。



これは、ただの自己満足。


悲しみ、後悔、無力さ、恋慕の情でさえなかったことにした。それをすることで、自己満足に浸れた。


だけど、全てを消すことなどできなかった。






彼女に抱いた感情は、まぎれもなく現実だったから。

「儚い雪に埋もれる想い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く