話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

小さな魔法の惑星で

流手

二十五. 月光

 ──夢でも見ているのだろうか。

 まずそんなことが頭を過る。続けて、それを確かめてみるつもりで目を凝らすが、やはりその光景は変わらない。……現実、なのだろう。
 加えて頬もつねってみるが、それでもやはり、変わることはなさそうだ。

 ──やっぱりナツノなの?

 月光により照らされたその姿は、まるで見たこともない形をしている。少なくとも、彼女の知る“彼”ではなかった。
 今や見慣れた姿勢だけは悲しいほどに似通っている。

 幾度となく、繰り返し問い掛けようと口は動くが、乾燥した喉はうまく言葉を紡がない。
 そんな掠れた声を風が拐っていったかと思うと同時に、彼がそっと振り向いた。

「僕だよ。驚いたかな?」

 察したのだろうか。静かに発せられたその言葉は、まさにエステルの疑問に対する答えでもあった。
 固まる彼女に気が付いたのか、それは直ぐに再び前へと向き直る。

 ──こんなに違うのに……。

 まるで何事もないかような、そんな普段通りの口調を聞くと、胸が張り裂けるようにずきりと痛んだ。

 ──予言、伝承、月が満ちる夜に現れるという怪獣、お伽噺、キュライナ、ルルザス、出ていった父、雨、伝承の生き物、龍と鬼、獅子、魔法使い、リコルト、そして──ナツノ。

 エステルは、膝から崩れ落ちた。

 ◇

 その生物……ナツノは庇うようにエステルの前に立つ。
 驚いたことに、彼の姿は彼女が見たこともない獣のような姿をしていた。

「これは、獣がベースになっているな。さしずめ狼男といったところか。初めて見たよ、そんなに忠実なやつは。その精霊でも付いているのか」

 メアリードが確認をするかのように言葉を発し、ナツノが応える。

「長い年月が掛かったけど、僕の心が描いたものは龍じゃない。……ただの痩せた狼だったんだ」
「心……?」
「苦労したよ。なかなか同調出来ないし……それでいて、鬼や龍にも到底敵わないとも思う」

 人狼が──ナツノが胸に手を当てた。
 細身とはいえ、幾分か体が大きくなったようにも見える。

「でも、今は僕一人というわけでもないんだ。やれるだけやってみせるよ」
「そうか。苦労したとみえるが、その感覚はわからない。何故なら、鬼は生まれた時からそこにいるものだから。私たちは生まれたときから鬼だった」

 メアリードはエステルへと視線を投げる。

「エステル、と言ったかな。離れておくといい。巻き込まれたくはないだろう?」

 エステルは黙って一度頷くと、逃げるようにその場から離れていく。
 伝説の存在、その一つである鬼に睨まれたようで怖い、いや、恐ろしかったのだ。……しかし、本当はそうでないのかもしれない。
 彼女はただ、ナツノが怖くて、とても怖くてたまらなかったのだ。

 いつも通りでいて、そうでない。
 目を閉じていれば、その異変にも気が付かないほどの彼が、どうしようもなく怖かった。

「少しは信じてもらえたのかな? 龍にもなれないって」
「どうかな。だが、噂では聞いたことがあるぞ。できもしない変身ばかりしている変わり者がいると。……お前のことか?」
「はは……、それはまた酷い言われようだね」

 メアリードが口角を上げ、反対にナツノのそれは下がる。侮蔑されたのではなく、単にからかわれたのだろう。
 しかし、それもまた事実であるので、彼は苦笑せざるを得ない。

「気持ちはわからなくもないが、大事にしろよ、家を。そして、その魔法をだ」
「わかっているよ。そんなことより、どうして攻撃を止めたのかな?」

 苦手な話となりそうな気配を感じ、ナツノは慌てて話題を逸らした。

「やはり怪我をさせるのは不本意だった」
「よく言うよ。あれだけやっておいて」

 まるで冗談には思えない台詞に、ナツノは再び苦笑いで返事をする。
 先もそうであったが、メアリードの気性は彼には計り知れない。否、瞬間的に爆発するので、案外エルマ以外にはわからないものなのかもしれない。

「正直、冷静でなかったことは認めている。しかし、それほどまでに放っておけない存在であるのは確かなのだ」
「龍……って言ってたよね。でも、僕はトウカのことはほとんど知らないんだ。師は同じだけど、ほとんど活動してる所を見ていないからね。本音を言えば、僕だって驚いてる」

 “龍”という言葉にナツノは目を細くする。
 思い返せばあの時、ハンザー・リコルトの名を出したのは、彼女がリコルトの家の者だったからか。だとすれば、それを知るクレハは……。

「この世界で龍を感じた。トウカ、あいつだけでなくだ。この世界にはおそらく龍がいる。そして、この世界では誰が龍でもおかしくはない」
「この世界はヒシガル様が関係しているからね。僕も──トウカも、誰も知らない秘密はありそうだ」

 メアリードの言葉にナツノは思考を中断され、また、ナツノ言葉にメアリードが声を荒げた。
 反射的にナツノは身構える。

「なに、ヒシガル様が関係しているだと? とすれば普通の惑星ではないというのか」
「……何も知らないで来ていたのか。僕達も僕達以外の魔法使いが来るとは聞いていなかったしね」

 ナツノもこれ以上は何も知らないと両手を上げ、そこで一旦話を区切ることにした。
 聞きたいことはまだまだあったが、変に刺激をするのではないかとの懸念もあったからだ。

「もういいかな? 流石に戦う必要はもうなさそうだろ?」

 メアリードのほうもしばらく動きは止めていたものの、やがて頷くようにその構えを解き両手を上げた。

「龍の惑星……か。ヒシガル様の考えはわからないが、私は龍に用がある。好都合だ」

 考えるように呟くと今度は魔法を解き、ゆっくりと魔法樹の近くまで歩き始める。その間も何やら独り言を発しているのが聞えていた。
 彼女達は一体どの程度の知識を持って動いているのだろうか、などと考えていた時、ふと、その一つに見知った誰かの名前が聞こえた気がするも、割り込むことは止めておく。

「トウカとは揉めないで欲しいけど、難しそうな気がするな。かといって、僕が止められるとは思えないし」

 その代わりに、せめてもの牽制……にはならないだろうが、願望を伝えておくことにする。彼女とはまだまだ協力して為さねばならぬことがあるのだ。
 ナツノと違い、トウカはメアリードの戦いには応じるスタンスでいる気がしてならなかった。

 ナツノも元の姿に戻ると、何度か頭を掻いてみせる。そして、追い掛けるように魔法樹へと歩みを進めた。

「ああ……リコルトだったなら、特にな」
「ん、どうして?」
「予感だよ。龍と鬼、どこかの国みたいだろ?」

 はぐらかされてしまったような気がしたが、それ以上は聞いたところで答えはきっと返ってこないのだろう。

 適当な場所に腰を降ろすと、二人の間に少しの静寂が流れる。

「──エルマは? 着いたときに叫んでいたけど」

 ナツノの問いに、メアリードは顔をしかめた。

「わからない。転移が遅すぎることを考えると、不慮の事態に陥っているかもしれない」
「不慮? 一緒だったんだよね?」
「ああ、結果としては戦闘に巻き込んでしまったが……」

 メアリードはそれきり言葉を詰まらせる。

「そういえば、戦闘中に転移させられたって?」
「私も熱くなっていた。退くことが出来ない私を庇い転移を発動させたようだが……てっきり本人も後から来るものだと思っていたが、途切れてしまった」

 思い出すように目を閉じて、こめかみの辺りをトントンと叩く。
 転移とは、どういう魔法になるのだろうか。

「最初に出会った時も転移をしてきたと思うけど、再発動までに多少時間が?」

 ナツノが確認をするように問うと、メアリードは頷く。

「ああ、エルは慎重だからな。いつも同時には飛ばなさないな」
「ということは、しばらくトウカと戦ったとみるほうがいいよね」
「エル……」

 心配なのだろう。真剣な眼差しで、彼女はここではない何処かを見つめていた。

「間に合うかわからないけど、助けにいってみる? 僕もトウカに会いたいんだ」

 メアリードは静かに首を振る。

「いや、一人でいい。そのほうが気楽だ。それに、今度はお前のことを伝えておく」
「そうだね。実は僕も今はあまりここを離れたくないんだ。ただ、場所だけは教えてもらいたいんだけど」

 初めて得たトウカの情報は、是が非でも手に入れておきたいとナツノは思った。

「ラザニー、そう呼ばれる街だ。国境際の砦、グランバリーからマーキュリアス領へ入ることが出来ればすぐにたどり着けるはずだ」
「グランバリー、聞いたことないな。エステル、わかるかな?」

 何気なく声を掛けたが、聞こえなかったのだろうか。

「ん、エステル?」

 振り返って姿を探すが、その姿は見えなかった。少なくとも付近にはいないようだ。

「気付いていた?」

 不思議に思いつつもメアリードに聞いてみる。

「いや。離れておけとは言ったものの、それからは特に気にしていなかった」
「キャンプのほうにまで戻ったのかな。正直考えにくいけど」

 ここにいない以上、思い当たる場所はそこしかないが、直ぐに見つかるだろう。

「怖い思いをさせたことはすまなかったな」
「直ぐに襲ってくるのは勘弁して欲しいな。二回目だし」

 少し大人しくなったメアリードに、ナツノは少しだけ意地悪に笑い掛けた。

「ああ、気を付けるよ。しかし、お前もあいつに会えたら注意しておくんだ。急に暴れるんじゃないってな」

 ナツノは少し驚いてから、その後再びメアリードに微笑んだ。
 既に真夜中になっているであろうというのに、とても明るい空だった。

「うん。言い聞かせるよ」

 最後に珍しく口元を綻ばせると、メアリードは直ぐに何処かへ向かっていった。
 その姿を見送ると、ナツノはしばらくその場に倒れこむ。彼女はその足でラザニーという街まで戻るのだろうか。

 ──フリットが戻ってきたら向かうことにしよう。

 ナツノがエステルを探すために再び歩き始めたのは、それからもう少し時間が経ってからだった。

「小さな魔法の惑星で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く