話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

霊眼が開く時
エッセイ

完結:1話

更新日:

霊眼が開く時

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

     事故がきっかけで霊が視(み)えるようになった男性の話である。
     
     《霊眼が開く》という言葉がある。霊能者の方たちは、だいたい幼いときから霊眼が開かれていて霊が視(み)えるのだが、何かのきっかけで今まで視(み)えなかったものが視(み)えるようになった人の話を聞いたりする。
     
     私の教室に来られていた五〇代の男性の話である。彼は、ある事故で奇跡的に助かった人なのだが、それまでは視(み)えなかったものが急に視(み)えるようになったと言うのだ。
     (「カクヨム」様、「マグネット!」様、「神野守オフィシャルサイト」でも投稿しています)

「霊眼が開く時」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品