話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

不思議な予言
エッセイ

完結:1話

更新日:

不思議な予言

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

     何年か前のこと。あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころがあった。何がそうさせたのかは明確に思い出せないのだが、二点だけ紹介したいと思う。
     
     友人に、自営業を営んでいる人がいた。彼は、父親が亡くなった後を継いで社長になっていたのだが、景気とともに収益も減少し、資金繰りに苦労していた。
     
     ある日、彼が切羽詰まった声で電話してきた。
     「明日までに300万円用意できないと首をくくるしかない。どうしよう!?」
     そのころ、何故か霊感が冴えきっていた私は、口から出るに任せて言った。
     (「カクヨム」様、「マグネット!」様、「神野守オフィシャルサイト」でも投稿しています)

「不思議な予言」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品