話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う

無慈悲な赤ずきん

美女激怒

おはようございます(小声)
こちら蓮です。今エルの部屋の前にいます。
やはり一度はやってみたい寝起きドッキリに挑戦だ。
え、なんだって?やった後……うんまぁ考えるだけで背中が凍るが男にはやらなければいけない時があるのだよ諸君
と言う事でレッツトライ
「なんかこいつ寝顔が可愛いんだけど。」
ザリガニは可愛そうだから背中に氷とかでいいか
「蓮さん?その氷はなんですか?」
「これか、これはなエルの背中にってあれ………よし帰ろう」
その瞬間全力で走ったはずだった
俺は呆気なく手を捕まれ逃げれなかった
後ろからとてつもない圧力が音で表すとまさにゴゴゴゴゴゴゴゴゴって音になりそうなんだけど、そしてゆっくりそちらに顔を向けると満面の笑みのエン様が(目はもちろん笑っていない)
「覚悟はできてますよね?」
あ、死んだなこれ


数分後
ガクガク
やばいってエルは確実にSださっきは笑ってなかった目が笑ってた
何があったかってお願いします。記憶から消さしてください。
まぁ想像に任せるよ。ハハハ………ハァ
エルサンコワイ

「神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く