話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う

無慈悲な赤ずきん

美女(?)襲来

はいはい皆さんこんにちわ(ばんわ)。私は蓮です。なぜかめちゃくちゃ久しぶりに感じるのば気のせいだよね(謝罪のこと)
「ではマスターまずは何から作りましょうか?」
「そうだねー……なにがいいと思う?」
「疑問を疑問で返さないでください。
そうですね…隠蔽は絶対必要ですね。あとは探知やマップとか攻撃強化や魔法強化、攻撃無効に魔法無効ですかね。いまのところは。」
ーーーーやってみたーーーーーー
ステータス
略(ニ話を見てくれ)
スキル
創造主
隠蔽レベルMAX
探知レベルMAX
マップレベルMAX
攻撃強化レベルMAX
魔法強化レベルMAX
攻撃無効レベルMAX
魔法無効レベルMAX
体力強化レベルMAX
認識阻害レベルMAX
威圧レベルMAX
属性強化レベルMAX
加減レベルMAX
擬人化レベルMAX(創造主)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あ………これまたやり過ぎた…
てかなんか増えてるし、てかなんだ擬人化レベルMAX(創造主)って
「マスターこれは私がマスターと同じような体で生活できるということです。あともう何も言いませんよ。スキルについては…」
「それがありがたい。
それでやってみてくれないか?」
「わかりました。」
そしたら目の前に光が…目痛いなー
あれなんかデジャブを感じが気のせいだろう
そして光がはれたら時立っていたのは
「きれいだ…」
そう言葉をこぼすほどきれいな女性が立っていた。どれだけ美人かというと奇跡に奇跡があと数千が重ならないと生まれてこないよう女性でした
「そうですか。きれいですか
えへへー………」
「てかお前エルなのか?」
「そうです。正真正銘のエルなのです。」
「マジかよ!」
「はいでは次何をしますか?」
「そうだね。何をしようか。
そうだここに家を作るのは可能かな?」
「できますよ。
ではつくりま………


ーーーーーー数秒後ーーーーーー


「した。どうですか?」 
「おいエル…
お前も結構チートだぞ。」 
「なわけ無いですよ……………………
マジですか?」
「マジ。
お前完全にこっち側だわ。いらっしゃい化物になった感想わ?」
「全然嬉しくない。」
という感じでエルが人間(?)になったのだった
今思ったけどエルの話題で消されたけど俺もまた人間から遠のいた気がする。

「神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く