話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う

無慈悲な赤ずきん

なぜそうなった!

はい!
こんにちは俺の名前は赤崎 蓮というのだよ
以後お見知りおきを
今僕はこの前入ったばかりの高校ライフを満喫するはずだったのだが………

なんか全体真っ白な所にいるぞ
考えてみよう
「なぜこうなった!」
今起こったことをありのままに話すぜ
おれはいつも通り家の扉を開けたらめっちゃひかってそれで光が収まったと思ったらこの通りいまの状況だ
「てかここ真っ白過ぎだろ目がチカチカするあれだぞこれ下手したらどっかの天○の城ラピ○タのム○カの最後みたいになるぞ。」

「一人言が激しいですね。そんなにあなたは一人が好きなのですか?」
声のした方に目を向けるとそこには…
羽の生えたひと(?)達がいた
「なに新種の宗教団体?」
「違うわ!
 私は最上級神シシャータです。」
おっいいツッコミ入れるなこの神いい友人になれそうだ
「でその神(笑)様々がおれになんのようだ。
 何だ…いわゆるラノベとかで見る。あっごめん。私の手違いであなた死んじゃったってやつか?」
「ち、違うよ
 あれだよあれ………そう!君は寿命で死んだんだ。」
「ホントは?(怒)」ゴゴゴゴゴゴゴ
「はい私の手違いであなた死にました」
この神隠すの下手かよ
「でそれだけのために呼んだの?」
「怒らないんですか?」
「怒られたいの?Mなの?」
「いえ怒られたくはありません。 それと私を変態扱いしないでください。」
「そうだぞ。一様このお方神なのだぞ。」
あっ後ろの人喋った。てか一様って言ったよねこの人
「一様って酷くないですか。 私ギーシャをそんな子に育てた覚えはありませんよ!」
「 そりゃー育てられてないですし。」
「おーい俺を忘れてないかぁー。」
「そうでした。あまり時間を取りたくないので単刀直入に言います。あなたをある世界の行ってもらいます」
やっぱりかぁー異世界だよね?これもしかして俺TEEEEEEできるんじゃね
「異世界に行く場合なんか特典見たいのはあるのか?」
「あーそこらへんはもう面倒くさいから私の加護と創造主っていうなんでも創造すれば出来る奴だからそれとまだ喋べってないけどシトラスとアーファのふたりの加護とギーシャの加護もあるからきみの世界でいうチートだよ。」
「そういえば三人はなんかの神なのか?」 
「あぁそうだ改めて私はギーシャと言います。なんの神かってことですが私は魔法の神です。」
「おれはシトラスだ剣術の神だぜ。よろしく」
「はじめましてアーファです。私は商業の神です。」
「俺は赤崎 蓮だ。よろしく
でなんで異世界におれを送るか説明をお願いする」
「あなたが今から行くのはガーデンという世界だ。ここでは日常生活で剣や魔法つかっている。あなたを送る理由ですが特にないです
私はあなたを間違えて殺してしまいました。 
その落とし前つけないといけません。私は素直にあの世界を君に楽しんでもらいたいのです。だから創造主というチートなスキルを授けるのです。」
「ありがとう。わかったお望み通り楽しんでやるよ。」
「じゃあ送りますね。楽しい旅を」
また目の前が真っ白になって………

 

「神様に楽しめといわれたからお言葉に甘えてチートで無双しようと思う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 冬桜ライト

    一様じゃなくて一応じゃない?

    1
コメントを書く