異世界転生〜貰ったスキルはバグ並みでした〜(仮題)

帆楼

Ep6 魔力鍛練!

アレクがステータスを確認した後、アレクはベッドの上で肩をガックリと落としていた。

まぁね、弱いより強いに越したことはないんだけどね!?やり過ぎだよね!!うん、もう諦めよう…。
さて、ステータス見てて気になったのは体力に対して魔力が圧倒的に低いんだよなぁ。

(ティア、魔力量を上げるにはどうしたらいい?)

(筋肉の超回復のような感じで、一度すべて魔力を出し切って回復させれば、魔力量は増えていきますよ。個人差はありますが。ただ、魔力を使い切った後は、気絶するので寝る前にするのがおすすめです。)

(なるほど。魔法を使うにはどうしたらいいの?)

(魔力を操作することが必要ですね。
鳩尾のあたりから血液にのって一緒に流れてる感じを捉え、操作すると思ってください。)

(ふむふむ。一回やってみるわ。)

アレクは目を閉じて集中し始めた。

鳩尾のあたりから血液へ流れるものは〜っと。ん?これか?なんか暖かいものを感じるぞ?よし、それを手のひらに集めてみるか。
これをこうして、っと。

アレクは目を開けて、手のひらを見ると、手のひらの上だけ空間が歪んで見えた。

(さすが、マスターです!普通はすぐできないんですよ!)

(お、おう。なんかできたな。)

なんか嬉しそうだな。

(で、次はどうすれば良い?)

(魔力操作ができるようになったら次は、魔法のイメージを膨らませて詠唱をします。と言ってもマスターの場合、無詠唱がありますので詠唱は必要ありません。
ただ詠唱はイメージの補助のような役割もあるので、無詠唱の場合、よりはっきりとイメージする必要があります。)

(なるほどぉ〜。魔法はまだいいかな。先に魔力を鍛えたいかな。)

あっそうだ!いいこと思いついたぞ!

(ティア、魔力を使い切ったら気絶するんだよな?)

(はい、そうですよ?それがどうかなさったんですか?)

創造クリエイションで気絶無効を創ったら、ずっと魔力を鍛えられないか?)

(っ!可能ですがよくそのようなこと思いつきましたね。)

(できるのか、良かった〜!)

てなわけで、創りますか。

〜3秒後〜
創りました〜。いや〜、早いですね〜。魔力どのくらい減ったかな?残りの魔力は〜500ちょっとだな。ただ、少し気持ち悪くなったな。

(ティア、魔力の残量が少ししかないときって気持ち悪くなるのか?)

(そうです、マスター。大体、全魔力の5%を切ると気持ち悪さが出てきます。)

(そ〜なのか。)

気持ち悪いのは魔力の鍛錬に支障というかぶっちゃけちゃうと面倒くさいから、そうことの対策もついでにしてしまおう!
次は創造クリエイションで〜気分改善インプルーブコンディションを創ります。
創りました〜。いや、早すぎぃ!どんどんキャラが崩壊してる気がするのは何なんだろうか…。
もういいや。このまま続けよう…。

そして黙々と続けていくアレクであった。

そんなこんなあって2年が過ぎた。






「異世界転生〜貰ったスキルはバグ並みでした〜(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー384857

    実に面白くて気に入ってます!

    0
  • 帆楼

    ありがとうございます!(*' ')*, ,) ぺこっ

    1
  • rychee

    テンプレいいね

    0
コメントを書く