話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冒険者の日常

アカツキ

新たなる試練

 それはいよいよ秋らしくなってきた日のことだ。
 ここは世界有数の経済大国、アンティラ。世界に点在する五大国の1つで、ダンジョンと広大な草原の2つを所有する唯一の国である。その恩恵もあり経済は急成長を果たし、その中心地は経済、技術共にこの世界でもトップクラスの都市へとなった。この都市の魔術技術はこの世界で2番目の発展を遂げている。ちなみに1番は南の大国、シネガルである。
 一般的に使う攻撃魔術に関してはアンティラの右に出るものはいないが、シネガルはなんと言っても魔術を利用した機械の発明に長けている。動力機関だったり安定した電気の供給だったり、技術都市それがシネガルだ。

「さて、今日は何をしようか」
 この都市最強と謳われる1人の冒険者は暇を持て余し都市の中を散策していた。
 なんと言っても今日はクエストが何も無かった。多分ほかの冒険者たちが率先してやっているのだろう。
 クイクイと僕の袖が引かれた。
「お兄ちゃん、私ここに行きたいの。道を教えて?」
 1人の少女がそこにはいた。年はまだ14~15と言ったところだろうか。まだ抜けきらない少女の可愛さがそこにはあった。
「うんいいよ、見せてご覧」
 彼女の持っていた、地図を見せてもらう。
「君……冒険者ギルドに行くのかい?」
「うん、そこでパパのような冒険者になるの」
 キラキラと輝かせた目で彼女は僕を見た。
「……そうか、分かった。着いてきて」
 僕的には、彼女のような少女があのモンスターの巣窟に踏み込むことがあってはいけない気がする。でも、これは彼女が決めたこと。生半可な気持ちでその思いは否定してはいけないのだろうし、僕にどうこうできる問題ではない。
 せめて、簡単に死んでしまうことがないように手解きはしよう。
 そんなことを考えているとギルドの前まで来ていた。
「さて、ここがギルドだ。冒険者登録をしないとだよね」
 いくつかあるカウンターの1番右端、そこが新規冒険者の登録手続きをしてくれる。
「あら、ネロさん。こんな所にどうしたんですか?」
 当然僕が行けばこういう反応になる。あろう事か彼女は僕の背中に隠れてしまってどうやらギルド職員から見えていない。どうやら随分と懐かれてしまったようだ。いや、ただの壁かただ人見知りなだけだろう。
「……このこの登録をして貰えるか?」
 彼女は恐る恐る顔を出しておじぎをする。その手はしっかり僕のシャツを掴んでいたし小刻みに震えていた。それでも震える声の中には確かな決意があった。
「お、お願いします」
「はい、ではこの書類に記入をしてくださいね」
 そう言って、1枚の紙が差し出された。
 懐かしいな。僕が冒険者登録をしたのは今から10年前、僕が7歳のときだったと思う。両親が他界して行く当てのなくなった僕は働くことを余儀なくされた。この街で1番稼ぎがいいのは間違いなく冒険者だ、その分危険も大きいのだが……とにかく稼ぐ必要があったというのと死に場所を求めていたというのが大きな理由だ。まぁ、ここまで強くなるのは想定外だったんだが……
「僕が書こうか」
「お願いします」
 ペンを受け取り、紙がに書くべきことを聞いていく。
「ええっーと、まず名前は?」
「アイシャです」
「年齢は?」
「14歳です」
「そうだ……これ20歳以下の人が登録する時には保護者の了承が必要なんだけど……」
 彼女の顔がみるみる変わっていく。今にも泣きだしそうだった。この顔、以前ここに来た僕も同じ顔をしていた……気がする。
「ごめん……」
「いえ、しょうがないです。寿命だったんでしょう。そればかりは人の力でどうにかなるものじゃないですから……」
 でも、そうすると保護者の欄をどうすればいいのだろうか。さすがに嘘を書く訳にはいかない。でも書かなければ登録は出来ない。
「ネロちゃん、どうしたの? 困った顔をしちゃって」
 それは救世主の声だった。

「冒険者の日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く