長政前奏曲~熱烈チョロインと一緒に天下布武をお手伝い~

須方三城

12,四天王、猛る



 満月の京。
 焼け落ちた将軍御所跡地に本陣を構えた松永・三好軍。


 そこに攻め入るは、松永らと比較すると寡兵と言わざるを得ない織田・浅井・斎藤の連合軍。


 桁の違う攻防。
 攻防入り乱れる平地での合戦でも無い限り、基本として攻める側は守り側より数が多くてナンボである。
 まともな籠城戦であれば、攻め側が守りの10分の1程度の兵数など、話にならない。


 話にならない、はずだった。


「火が、火がぁぁああああぁぁ!」
「何だあの豪炎は……!? 妖刀にしても、おかしいでは無いかぁ!」
「散れ! 固まればまとめて焼き尽くされるだけ…びゃっ」


 松永・三好軍の有象無象が紅蓮の炎龍に飲み喰らわれ、そして塵と化してゆく。


「……道を開けよ」


 馬上にて振るわれる、紅色の刃。
 その軌跡をなぞり濃厚な炎が生まれ、そして松永・三好兵へと襲い掛かる。
 飲まれれば最後、骨の欠片も残さず焼き尽くされる、まさしく獄炎。


「この光秀……信長様の怒りを買った者に、容赦はしない!」


 織田四天王が筆頭、明智あけち光秀みつひで
 白い眼帯を左目に宛てがった、信長の腹心。


 与えられし魔剣は『斬魔ざんま燃焼ねんしょう・ケルヴィーム』。
 その紅色の刃は、振るわれる度に万物を焼き尽くす豪炎を吐き続ける。




「………………」
「ぐっ、何だこの透明な壁は!?」
「………………」
「槍も剣も弓も通らぬ!」
「………………」
「このっ、このっ……」
「…………無駄……だ……」


 その鉄仮面で顔を隠した騎兵は、半透明の板で形成された箱に覆われていた。


「……『デュランダーナ』の……『結界』は……不滅……」


 鉄仮面の騎兵が、その手に持っていた両刃の長刀を軽く振るう。


 それに合わせ、その周囲の半透明の板が動き出す。
 箱が開く様に板達が5枚に別れ、そして、超速回転。


「……行け……」


 半透明な板達が、回転しながら戦場を駆け抜ける。
 その強度に凄まじい回転速度が加わる事で、その半透明の板は最強の刃と化す。
 甲冑を豆腐か何かの様に、次々と敵兵の胴を両断していく。


「……切捨、御免……」


 織田四天王が1人、滝川たきがわ一益かずます
 鉄仮面で素顔を隠した、寡黙な男。


 与えられし魔剣は『絶対ぜったい不滅ふめつ・デュランダーナ』。
 どんな手段を以てしても破壊できない透明な板を生み出し、操る事ができる。




「がはははは! 退けい退けい! 有象無象が洒落臭いぞぉぉぉ!」


 獣の咆哮の様な声を張り上げ、自らの足で直進する、熊の様な毛深い大男。
 その手に持つは、自身の身の丈程もある鍔の無い両刃の大剣。


「ぶぅあはっはっはっは!」


 馬も人も関係無い。
 その大男の眼前の全てが、天高く薙ぎ飛ばされていく。


「くっ! 怪力無双か! 弓隊、あの下馬した髭男を狙え!」


 大男の射程外から弓を構える兵隊達。
 ただの怪力馬鹿が相手なら、有効な手段だっただろう。


「ふぅむ! 弓隊か! 小賢しい!」


 大男が大剣を振りかぶる。
 すると、その刃が淡い銀色の輝きを放ち始めた。


「だぁが……殿より頂いたこの刀に、『射程外』は存在せんぞぉぉぉおおぉぉお!」


 横薙ぎに振るわれる大剣。
 その斬撃を体現する様に、三日月型の光の塊が飛翔する。


「ひ、ひぃぃぃぃぃいいぃぃぃ!?」


 弓隊の虚を突く光の斬撃。
 その斬撃が、弓隊を1人残らず両断した。


「よぉし! 次だ次ぃ! ぐわっはっはっはっは!」


 織田四天王が1人、柴田しばた勝家かついえ
 鬼神の如き怪力を誇る、織田家随一の武闘派。


 与えられし魔剣は『豪龍ごうりゅう断頭だんとう・アースケロン』。
 斬撃の射線上に万物を斬り裂く光の刃を飛ばす。その最大飛距離は天の雲の遥か上まで届く程。




「槍、ぐぇぁっ!?」
「ち、違う、無数の刀……ぎゃげっ」
「ひぃぃ!? もう嫌だ、何なんだこいつらはぁぁ!?」


 切り刻まれ、肉片と化していく松永・三好兵達。


 その血肉舞う嵐の中心にいるのは、まだ10歳かどうかも怪しい幼気な少年だ。
 頭髪は返り血で赤く染め上げられ、その手には鋼色の球体。


「モノノ怪より大分簡単に死ぬな、こいつら。それでも兵士かよ」


 くだらない、そう吐き捨て、少年は鋼球を軽く叩く。
 それに呼応する様に鋼球が変形する。
 鋼球は2つに分裂し、柄も鍔も鋼色に輝く双剣と化す。


「ま、また変形したぞ!」
「いちいち騒ぐなよ。大体、そろそろ見飽きてきただろ」


 少年が双剣を振るうと、刃が伸び、うねり、蛇行し、次々に敵兵の首を刈り取り、腹を裂いて臓物を抉り出してゆく。


「な、何なんだ、このガキはぁぁぁ!?」
「っ、お、俺はこれでももうすぐ20歳はたちだっつぅの!」


 次は槍。次は弓。次は薙刀。次は鎖鎌。
 形も数も自由自在に、鋼球は変形してゆく。


「……ふん。血肉に飽き足らず糞尿まで撒き散らして。どっちがガキだかな。オムツでもしてろってんだよバーカ!」


 織田四天王が1人、丹羽にわ長秀ながひで
 外見は幼気溢れるが、実は20歳手前。身長が伸びない事と童顔過ぎる事はかなり気にしている。


 与えられた魔剣は『千刃せんじん乱舞らんぶ・グインヴォルグ』。
 使い手の思いのままに変形・分裂する。威力は抜群。本来の基本形態は槍型だが、長秀は球形に設定している。




 炎魔えんまの明智光秀。
 不落ふらくの滝川一益。
 豪力ごうりきの柴田勝家。
 変幻へんげんの丹羽長秀。


 これが、織田四天王。
 ひと振りで万の戦局を覆すとされる、六天魔剣を与えられし強者達。






「あーらららららぁ……」


 松永・三好軍、本陣。
 総大将・松永久秀の目の前で、三好三人衆と呼ばれる河内の有力な3人組が地に倒れ伏す。


「魔剣を抜くまでも無ぇ」


 赤いマントを翻し、織田家当主・織田信長は吐き捨てる様につぶやいた。
 その手には、拳銃。その銃口からは、硝煙が立ち上っている。


「南蛮の小型の銃、かぁ。初めて見たなぁ、それ」
「テメェが松永久秀か」
「そぉだよ。君が、織田信長だねぇ?」
「だったら何だ」
「良いねぇ、その不遜な感じ。仕えたくなっちゃう」


 あは、と軽く笑い、松永が剣を抜く。
 その刃に触れた物に関連するあらゆる現象を『反転』させる『聖剣』、アロンダイト。


「僕ねぇ……君みたいな、『器』を持ってる人を見ると、ついつい臣従したくなっちゃうんだ。そして、僕を信じきった所で裏切って殺したい」
「テメェなんぞ信用しねぇ。そもそも、テメェが泣き喚いて降伏しようが、家臣にする気もサラサラねぇ」
「うん、だろぉねぇ。君はぁ、僕が憎いだろぉからねぇ」
「……そのねっとりした喋り方やめろ。不快だ」
「無ぅ理。もぉクセみたいな物だからさぁ」
「そぉか。じゃあ黙らせてやる」


 信長は拳銃をしまい、その腰に携えた大太刀の柄に指をかける。


 その魔剣の名は『覇王はおう超越ちょうえつ・ダーインスレイヴ』。
 月光を受けて怪しく輝く漆黒の刃は、見た者の心を掴み、支配する。


「あは。噂通り、すごい迫力ぅ。流石、六天魔剣の中でも最強のひと振り」
「六天魔剣を知ってんのか」
「うん。本当はぁ、僕がぜーんぶ買いたかった」
「そいつぁ残念だったな」


 もし『覇』の『器』を持たぬ者がダーインスレイヴの刃を目にしたのなら、心奪われ、しばらくは腑抜けと化すだろう。
 ダーインスレイヴは覇王に、そして覇王すら越える者に相応しき魔剣。
 それ以下の者は、眺める事すら生命に関わる。
 ましてや、触れてしまえば即死は免れない。


「ダーインスレイヴを携帯するだけでも相当な強者……それを抜刀する……君は本物だねぇ、信長ぁ。心酔してしまいそぉだぁ」
「もう喋るな、殺すぞ。喋らなくても殺すけどな」
「あは、来なよぉ」


 松永の口角が、愉悦に歪む。


 信長はアロンダイトの力を知らない。
 ダーインスレイヴとアロンダイトの刃が交わり、鍔迫り合いに持ち込んだら、即座に信長の皮膚を表裏反転させてやろう。
 義輝公の様に無残に、無様に、滑稽に、もがき苦しませて殺してやろう。
 そう笑った。


 その刹那だった。


 松永が、自分の想定の甘さを悟ったのは。


 無言で殺意だけを乗せて斬りかかってきた信長。
 その刃を、受けたはずだった。


「え……」


 ダーインスレイヴの刃は、アロンダイトの白刃諸共、松永の体を袈裟懸け状に両断した。
 アロンダイトに能力を発動する暇も与えず、破壊した。


「う、そぉ……こんなの……有りぃ……?」
「ダーインスレイヴは斬った奴の魂魄を食らって、進化し続ける。テメェが何時のダーインスレイヴを知ってたか知らねぇが……今のこいつは、確実に別モンだ」


 覇王超越・ダーインスレイヴ。
 その刃は、切り捨てたモノの生命を喰らい、その覇の力と斬れ味を増し続ける。
 覇道を進めば進んだ分だけ、無限に強くなる。過去の己を超越し続ける魔剣なのだ。


 その剣を遺憾なく振るう信長の様は、まさに覇王と呼ぶに相応しい。


「あ、あぁ……あぁあぁ……」


 分割され、地に落ちた松永。
 その頭部を、信長は全力で踏みつける。


「……チッ。勢い余って、一撃で殺しちまった」


 もう少し斬り刻んでから殺すつもりだったが、殺してしまったモノは仕方無い。
 死体を弄ぶ趣味は無いし、あと2・3発蹴りを入れて焼き払ってしまおう。


「信長様!」
「おう、光秀か」
「外の軍勢は粗方掃討・鎮圧しました」
「ご苦労。こっちも片付いた」
「……ぶふ……ま、だだよぉ……信長ぁ……」
「!」


 信長に踏みつけられた松永が、まだ笑っている。


「しぶといな。丁度良いけどよ」
「……僕で、遊んでる場合かなぁ……?」
「あぁ?」
「……くふ、予言して、あげるよぉ……尾張はぁ、もうすぐ滅ぶ……」
「とりあえず、その適当な負け惜しみを言う舌から刻むか」
「今川が、滅ぼす」
「今川だぁ……? ……っ……!」


 尾張が滅びる。今川が滅ぼす。


 その言葉を聞き、信長は即座に最悪の仮説を立てた。


 名君をわざわざ殺害する理由。
 それは、世を荒らしたい以外に思い当たらない。
 だが、名君が死んだだけでは世がすぐに荒れる事は無い。


「テメェ……まさか……!」
「はは……察しも良ぃ……」


 名君の死と共に戦乱の世を誘発する術が、1つだけ存在する。
 その死と同時に、火種を起こしてしまえば良いのだ。


「っ……光秀! 全軍に通達! 尾張に全速で引き返すぞ!」


 こんな奴を踏みつけている場合では無い。
 信長が足をどけ、走り出そうとした時だった。


「あ、ははぁははあああぁぁああぁあああぁぁ!」
「!!」


 上半身だけで、松永が信長に飛びかかったのだ。
 その手に、へし折れたアロンダイトを握りしめて。


「信長様!」


 しかし、信長の傍らには光秀がいた。
 光秀は一瞬でケルヴィームを抜刀。


 空中で、松永を斬り捨てる。
 同時に、その両断した肉体を焼き尽くす。


 松永を斬った際、僅かな血液が光秀の眼帯に付着した。


「が、ぎゃは……ふ、ふ……見守ってるよぉ……信長ぁ…居場所を失うか……天の寵愛を、受けるか……!」


 それが、炎に包まれ消えゆく松永久秀の最後の言葉だった。


「見守るだぁ? あの世からか……? まぁ良い。助かったぞ、光秀」
「礼にはおよびま……せっ……?」


 一瞬だけ、光秀の意識が揺らいだ。


「……どうした?」
「あ、いえ……少々、立ちくらみの様です。心配には及びません」
「そうか……とにかく急ぐぞ。尾張がヤバい。松永が手を組んでたのは、三好だけじゃなかったみてぇだ」
「なっ……まさか……」
「今川とも組んでやがったみてぇだな……!」
「では……」
「俺様達は、まんまとハメられたって事だ……クソッタレ!」


 将軍を殺せば、真っ先に征伐に全力を傾けるであろうは、義輝公に縁深い織田に決まっている。
 織田軍の主力を京まで誘い出し、尾張の防御を薄くさせた所を隣領の今川に攻めさせる。
 それが松永の狙いだったのだ。


 1領が戦を始めれば、戦いは連鎖していく。
 戦乱の幕開けになってしまう。


「っ……」


 駿河は広い。
 兵力はかき集めれば相当なものになるだろう。


 長政と秀吉、そして2百の兵だけでどうにかできるとは思えない。


「死ぬ気で帰んぞ! 間に合わなきゃ、帰る場所が無くなって野垂れ死にだ!」






 この時、信長も光秀も急ぐあまり、気付いていなかった。
 光秀の純白の眼帯に付着したはずの松永の血痕が、いつの間にか消え失せていた事に。



「長政前奏曲~熱烈チョロインと一緒に天下布武をお手伝い~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く