話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

とある離島のインペリアルボーイ

須方三城

16,とある女騎士の私情

「う、おぉわぁぁぁああぁぁぁぁあああぁあっ!?」


 全力で悲鳴を上げたのは、何時ぶりだろう。
 驚愕の叫びならガルシャークさんとの戦いの時に上げた記憶があるが、純粋な恐怖から来る悲鳴は10年ぶりくらいな気がする。


 何で今、俺がそんな悲鳴を上げてんのかって?
 そらお前、上空から巨大ロボットが4刀流振りかざして突っ込んできたら、悲鳴くらい上げんだろ。


 まともに走って、逃げれるはずが無い。
 俺は迷わずガードレールへ向かって走った。


 ロボットに追い回された時の対処なんてわからん。
 とりあえず、この島で最も脅威的存在、猪の成獣に出くわした時の対処法を適用させてもらう。


『覚悟!』


 後方から追いかけてきた、スピーカー越しのヘアティルの声。
 ふざけんな、そんな簡単に死を覚悟なんぞできるか。


 ガードレールに手をかけて、跳ぶ。
 その先に、大地は無い。あるのは、月明かりを受けながら静かに揺れる、細波の水面。


 海へと落下する俺の直上を、巨大な物体が駆け抜けていく。カミキリザンキだ。


「っおぉうお!?」


 カミキリザンキが巻き起こした風圧に煽られ、俺はめちゃくちゃな体勢で海へと着水する。
 落下の勢いで、一気に水深3メートルくらいまで沈んだ。


 俺は、泳ぎは得意な部類だ。島育ち舐めんな。海は庭だこの野郎。
 日課の夕釣りの最中、何度か大物に引っ張られて橋から落っこちた事もあるから、着衣泳も慣れてる。


 ただすっげぇ寒い。いくら亜熱帯のこの島でも、夜間に寒中水泳は体によろしくないに決まってる。
 一瞬、心臓が変な鼓動を刻んだ。絶対今ちょっと寿命縮んだ。
 でもまぁ、今すぐ死ぬよりはマシだ。


 とにかく、このまま浮上すんのは不味い。
 沈んだまま、俺は全力で水をかき、移動する。


 つぅか、いきなりロボットで生身の人間に襲い掛かるってどうなんだ。お前はカミーユかって話だ。
 ガルシャークさん達みたいにこっちが機体に乗るまで待てよ……同じ四天王のくせに、騎士道精神の欠片も無いな。


 ……まぁ、よくよく考えてみるとガルシャークさん達が待ってくれてた事の方が特殊なのか。
 殺しのターゲットが戦う準備終わるまで待つなんて、暗殺者のする事じゃないわな。


「………………」


 何か、色々と特殊だな、今回のケース。
 あのヘアティルと言う女性は、何もかもが今までの刺客とは異なる。異質だ。
 襲撃して来た時間帯、その姿、そのやり方。全部今までの連中とは全く違……いや、最初のフーグに関しては似た感じだったか。
 うん、やっぱ他の四天王3人が特殊だっただけかも知んない。


 あ、そう言えば……刺客としてでは無く、個人的な用件で俺を殺しに来たとか言ってたな。
 何か「私の大切な存在に手を出した事を後悔しろ」とか言ってたが……全く身に覚えが無いぞ。


「うぶっふ」


 うっ、そろそろ呼吸が限界だ。
 まだ20メートル程しか進んじゃいないが、一旦水面に出るしか無い。


 丁度そう考えた時だった。


 俺の少し前方、何かが水中に飛び込んできた。
 気泡の量からして、かなり大きい。


「っ、ぶぅ!?」


 大きな質量が水に落ちれば、水面・水中でその衝撃が波と水流になる。
 突如発生した大きな水流が、俺の体を強く圧迫。一気に10メートル程、後方へ吹っ飛ばされてしまった。


「…………!?」


 体勢を立て直し、水流が来た方を見る。
 暗い水中では、何が飛び込んで来たのか、その姿ははっきりとは捉えられない……のだが……


 巨大な2つの緑光が、見えた。
 それは、アイカメラの放つ光。
 間違いなく、カミキリザンキだ。


「っ」


 戦慄の余り、僅かに残っていた空気を吐き出してしまった。


 そうだ、普通に考えりゃそうなんだ。
 海底国家が開発した機動兵器が、水中戦に対応していない訳が無い。
 突然過ぎる生命の危機に焦り、そんな事すら失明していた。
 海に飛び込んだのは、完全にミスチョイスだ。


 そうだよ、そもそも相手は猪じゃねぇもん。
 冷静に動いたつもりだったが、全然冷静じゃなかった。
 今、完全にパニクってるわ俺。
 パニクり過ぎて逆に余計な思考がフル回転な感じだこれ。
 そろそろ走馬灯が見えるかも知れな……


「っ!?」


 そんな余計な思考をグルグルさせていた最中、違和感が俺の全身を包む。
 まるで巨大な掌に優しく握りこまれた様な、そんなやんわりした圧迫感を全身に感じる。


 そして、カミキリザンキがこちらに突進開始する直前、俺は思いっきり上へ、押し上げられた。


「ぶへあっ!?」


 そのまま、勢い良く海上へ。
 よくわからんが助かった。やっと肺に新鮮な空気を取り込める。


「つぅか……み、水の手……?」


 俺を海上に運び出してくれたのは、何か、海水で構築された巨大な手。
 その手が俺をわし掴みにして上昇し、現在に至る様だ。


『無事でしたか、鋼助さん!』
「!」


 水の手に持ち上げられた状態の俺の目の前に、夜闇よりも黒い巨大ロボットが舞い降りる。
 戦闘モードのBJ3号機だ。
 BJ3号機はそのまま、当然の様に海面を踏みしめ、立った。
 え、お前水上歩行とかできたっけ?


『うーっす、皇子サマ、助けに来たぜぇ』
「その声……ガルシャークさん!?」


 BJ3号機の外部スピーカーから響いた無気力な声、絶対にガルシャークさんだ。


 そうか、この俺を持ち上げている水の手も、BJ3号機が水面に立っているのも、全部ガルシャークさんの『水流掌握アクアジャグラー』の成せる技か。


「な、何でガルシャークさんがBJに……」
『なぁんか高エネルギー反応を検知したとか、このロボットが言いだしてなぁ。操縦者が必要だってんで、俺が代行したって訳だ』


 ああ、そう言えばBJ3号機は刺客警戒のため、常にエネルギーセンサーを全開にしているんだ。
 カミキリザンキの反応を検知し、駆けつけてくれたらしい。


「ってかガルシャークさん……よく俺を助ける気になりましたね……」


 元々あんたは龍宮帝国側の刺客なのに。


『当然だろ? もうお前さんが龍宮帝国に狙われる理由は無いんだ。オアシスを提供してもらってる礼もある』
「ああ、そういう……」


 情けは人のためならず。
 人に優しくするといつか自分に返ってくるってのは、ガチだった様だ。


『にしても……何故、刺客が……? しかもこんな時間に……』


 BJ3号機が疑問を口にしたと同時、海面が弾け、カミキリザンキも海上へと踊り出た。


『……噂の機動兵器か……!』


 舌打ち混じりなヘアティルさんの声。


『! ……その声、ヘアティル卿か?』
『なっ……ガルシャーク卿!? 何故地上に!?』
『……まぁ、その辺は……』


 ガルシャークさんだって家庭的な意味で色々とあるのである。


「と、とにかくBJ、俺をコックピットに入れてくれ……」


 ぐしょ濡れで夜風に晒されてる現状はキツイ。


『了解しました』


 BJ3号機の胸部が開き、コックピット内部が露出。
 前部座席にはガルシャークさんが座っていた。
 おお、この乗り方は初めてだ、とかどうでも良い感想を抱きつつ、俺はコックピットに入り、後部座席へ。


「BJ、ガルシャークさん、本当にありがとうございます。今回はマジで死ぬかと思った……」
「そいつぁどぉも……で、ヘアティル卿、どう言う事だよこいつぁ」


 そうだ、もう龍宮帝国が俺に刺客を送り込むはずが無い。
 そしてヘアティル自身も個人的な事だと言っていた。
 俺の生命を狙う程の理由、教えてもらわなきゃ納得できない。
 もしガルシャークさんの問いかけにまともな返答が無ければ、絶対問答インペリアル・アシックを使わせてもらう。


『その男は……鉄軒鋼助は……』
「どりゃああぁぁああぁぁぁあぁああああ!!」
『にゃぶちっ!?』


 ヘアティル卿が語り始めようとした丁度その時、翡翠色の流星がカミキリザンキの横腹に直撃した。


 凄まじい勢いで、カミキリザンキが海中へと消える。
 空の星に届いちまうんじゃねぇか、と思うくらいすんごい水飛沫が跳ね上がった。


「………………」
「………………」
『………………』
「鋼助! 無事!?」


 翡翠の流星の正体は、俺の幼馴染、悠葉……の魔法戦闘形態。
 本人曰く、正義のヒロイン魔法戦士・風神天女カジウカミ
 もう正体を隠す必要は無いからか、あのイカレたデザインのヘルメットは被っていない。


「悠葉……お前どうしてまた突然……」
「何かすんごい嫌な予感がしたから駆けつけたのよ!」


 どうやら直感で俺の危機を悟ったらしい。
 エスパーかお前は。どこまで設定盛る気だ。


「……あの羽生えてるお嬢さんは一体……」
「俺の幼馴染です」
「……とんでもないな」


 実にシンプルなガルシャークさんの感想。俺もそう思う。


「さて、とりあえず潜ってトドメさしてくるから……」
「ちょっと待て悠葉! お前血気盛ん過ぎ!」
「なによ、あんた、自分を殺しに来た相手を庇う訳?」
「いや、何か特殊な事情があるっぽいんだよ今回は!」


 それを聞かずにヒャッハーなテンションでボコるのは何かアレだ。
 ってかお前水中戦まで対応してんのかよ。


「……? まぁいいわ、じゃあ少しだけ待つわよ」


 と、悠葉を抑える事に成功した直後、沖の方でザッパァンと言う水が弾ける音。
 悠葉の蹴りで海の中へ消えたカミキリザンキが浮上したのだ。


 ……蹴り1発であんな所まで吹っ飛ばしたのか。
 相変わらず、あの状態の悠葉の膂力はハンパじゃない。


 そんな感じで俺が呆れていると、


「!」


 ガルシャークさんが何かに反応した。
 BJ3号機を構えさせる。


 沖の方にいたカミキリザンキが、凄まじい速力で突っ込んできた。


斥力障壁リプレーション・バリア、展開!』


 ガルシャークさんの指示で既に動いていたBJ3号機。
 その眼前に斥力のバリアが展開され、カミキリザンキが振るった4本の大剣を受け止める。


「ちょいちょい……ヘアティル卿、まず質問に答えてくれないかねぇ……」
『答えようとしたら、仕掛けてきたのはそちらでしょうが! おかげで舌噛みましたよ!』


 ……そのお怒りはごもっともである。


「こっちも想定外のアクシデントだったんだ。俺に免じて少し大目に見てくれや、ヘアティル卿」
『……っ……了解しました』


 なんだろう、ガルシャークさん、もしかしてヘアティルとは何かしら関係があるのだろうか。
 ただの同僚にしては、ヘアティルの引き際がやたらに良い気がする。
 そう言えば、ガルシャークさんは軍人学校で教鞭を取る事もあると言っていたし……その頃の教師と生徒だった、とかだろうか。


『……その男、鉄軒鋼助は……』


 刀剣を引き、カミキリザンキを少し後退させながら、ヘアティルさんが衝撃の一言を吐いた。


『私の大事なトゥルティたんを、奪った……!』


 ………………トゥルティ……たん?


『ポッと出の皇子なんぞがトゥルティたんと「結婚」するなんて……絶対に許さない! 私は10年以上も前……同じ小学校に通ってる時からロックオンしてたのよ!?』
「……え、……は?」
『愛し合った末ならまだ割り切り様もあった……なのに、暗殺を回避するための形だけの結婚ですって……? そんな理由で、トゥルティたんの戸籍に汚点を残させてたまるモンですか! あの子の体も戸籍も、純潔をいただくのは私よ! そう、これは聖戦ジハード、真実の愛の戦い!』


 ……ちょっと待って欲しい。
 何言ってんだ、この人。


「……あの女騎士さんと結婚って、どぉぉぉいう事かしらぁぁぁぁん?」
「おい、何か幼馴染さんまでこっちに敵意向けてきたけど、どうなってんだ? つぅか結婚って何だ?」
『僕も全く認知していない事ですね』
「俺もだよ」


 ヤバい、全く意味がわからない。
 何で俺とトゥルティさんが結婚する事になってんの?
 そして何で悠葉はあんなにキレてんの?


「……ってか、待てよ……暗殺を回避するためだけの結婚?」


 ヘアティルさんは今、確かにそう言ったな。
 まさか……


「……ヘアティルさん、1つよろしいでしょうか」
『なによこの泥棒猫』
「……俺は、マリーヌ家に移籍するだけであって、トゥルティさんと入籍する訳では無いんですが」
『…………え?』


 ……やはり、そういう事か。


「俺はタトスのおっさんの養子になるんであって、トゥルティさんの婿になる訳じゃないです」


 噂だ。
 俺のマリーヌ家移籍計画について、トゥルティさんは軽く噂を流したと言っていた。
 その噂がどこかで「マリーヌ家へ移籍」→「トゥルティ卿と入籍」になってしまったのだろう。
 そしてそれが、ヘアティルの耳に届いてしまった。


『え……? ちょ…………はぁぁ?』


 非常に狼狽えまくっているヘアティルさんの声が、スピーカーに乗る。


『……じ、じゃあ、私は……』
「……勘違いで不必要に皇子を殺そぉとした挙句、幼少期からの特殊性癖を暴露した、だけだなぁ」


 ガルシャークさんが簡単にまとめた後……


 羞恥に満ちたヘアティルの絶叫が、夜の海に響き渡った。



「とある離島のインペリアルボーイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く