裸々々狂詩曲

須方三城

裸々々狂詩曲

完全脱衣かんぜんだつい衣類不要いるいふよう
一糸無纏いっしむてん絶対全裸ぜったいぜんら
素敵すてき最適さいてき超合理的ちょうごうりてき


裸一貫はだかいっかん男前おとこまえ


視姦本望しかんほんもう婦女絶叫ふじょぜっきょう
愉快ゆかい痛快つうかい全霊興奮ぜんれいこうふん
快楽極致かいらくきょくち無限絶頂むげんエクスタシー


嗚呼ああ悦楽至極えつらくしごく


急転直下しかしここで警察登場まさかの展開
問答無用話を聞いて豚箱直行マジでああんもう
無情むじょう無慈悲むじひ現代社会げんだいしゃかい


我無反省でも後悔はしていない


嗚呼あぁぁぁ嗚呼ぁぁぁぁ
裸々々ららら狂詩曲ラプソディー

「裸々々狂詩曲」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く