話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

村人の成り上がり英雄譚

ユノ

魔族の言葉

新しい仲間も加わり、これからの話をしようと四人が集まった。刹那がリクの膝に座っても、羨ましそうに二人が見るだけで何も言わなかった。言っても仕方ないと思っているようだ。
「ここにいた魔族だが、村を襲った主犯で間違いないようだ。自分でそう言っていた。だが、裏では別のものが動いているようなことも言っていた。」
リクはそこまで言うと黙ってしまった。リク自身信じがたいことだったからだ。
「裏で動くものは人間。正確には、人間が魔族と手を組んで村を襲って言ってる。魔族はそこまで言っていた。そこは私もリクも聞いてるから間違いない。」
言い淀んでいるとリクの代わりに刹那が言った。
「ありがとう。」
リクはそっと刹那につぶやくと刹那の頭をそっと撫でた。刹那は気持ちよさそうにしていた。
「刹那が言ったとおりだ。だが、人間が裏で魔族と手を組んでいると言っても、誰が組んでいるのかまでは分からなかった。その前に魔族は突然現れた何者かによって殺された。」
リクがそういうとそれぞれが考え始めた。
「お兄ちゃん、突然現れたのは魔族なんでしょうか?」
「魔族ではない。人間だった。でも、力は人間の持つ力を大幅に超えていた。」
刹那がそれに答えた。
「でも、それが誰なのか分かればすべてわかるんじゃない?まずは、その人を追いかける?」
「それは許可できない。あなた達二人で行くなら私は何も言わない。でも、リクを連れて行くつもりならダメ。今のリクじゃあ、あの敵には勝てない。最悪、何もできずに死ぬことになる。」
刹那は淡々と答える。
「お兄ちゃんでも勝てない。」
刹那はアリサを睨みながら言った。
「ごめんなさい、これは私が悪かったわ。相手の力量を考えきれていなかった。」
アリサは刹那に頭を下げた。
「分かればいい。」
刹那はそれだけ言うと黙った。
「今後だが、王都にまず向かうのは最優先で行こう。この国の王なら何か知ってるだろう。まずは冒険者登録をした後、様子を見よう。そこから国王へ謁見を希望する。そこで何か情報を得れればいいし、得れなかったら情報を俺たちで探すしかないだろうな。」
リクは今後の提案をした。
「リク君、どうして村の襲撃の主犯を暴こうとするの?リク君は名を広めてマナを探す旅をしてるんだよね?わざわざ危険なことをしようとするの?」
アリサがそんなことを言うと、刹那は溜息をついていた。
「お前は、リクのことを何もわかっていない。」
刹那は初めて怒りを表に出していた。そんな刹那をリクが止めた。
「アリサ、俺は確かに師匠が見つかればいいと思う。そのために自分の名前を広めるために旅をしている。でもな、俺は村の襲撃で家族を失った大切なものを失った。俺はそこに何者かの思惑があるなら許さない。そこに裏があるなら俺はそれをすべて暴いてやる。そして俺の大切なものを奪っていった敵をこの手で殺す。それに、これ以上何かを失う者を見たくない。俺の手が届く場所にあるものは守りたい。もちろん大切なもの優先だがな。だから、俺の邪魔をする敵は全て殺す。」
リクは心に強く思っていることを初めて口にした。
「リク、それは強欲。手が届く限りの全てを守るのは無理。」
刹那はリクの考えを否定した。
「分かってるさ、だからできる限りだ。大切なものは絶対に守る。手の届くものはできるだけ助けたいんだ。」刹那はリクの言葉に納得したようだった。
「そっか、それじゃあ私はその手助けと、リク君を守ればいいんだね。」
アリサが笑顔でそう言った。
「思い上がるな、お前にリクは守れない。リクは私が守る。せいぜい、リクの足を引っ張るな。」
刹那は何かとアリサにちょっかいを出すのが楽しいようだった。
「お兄ちゃん、私もお兄ちゃんにふさわしい女になれるように頑張るね。」
シイは何か別のことを頑張るようだった。
「それじゃあ、ここを出たら王都に向かうんだね。」
「そうだな、王都に向けて本格的に出発しよう。」
リクがそういうと、四人は出口に向かい歩き出した。

「村人の成り上がり英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く