話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間

北きつね

第十話 リンの決断


 アウレイアが目覚める前に、俺が寝てしまったようだ。
 木により掛かるように寝ていた。

 起きて、立ち上がって周りを見ると、アウレイアが俺の前で頭を下げている。
 アウレイアは、体躯が3m程度まで大きくなり、種族がフェンリルに進化した。狼を率いるものだと言っている。アイルの体躯が余り変わらなかったことから、種族フェンリルは、この位の大きさなのだろう。

 ロルフが見当たらない。

「アウレイア。ロルフは?」

『ロルフ様は、アイルと一緒に、魔狼を支配下に収めるために出ています』

「支配下?」

『はい。アイルの配下を作るためです』

「ん?配下なら狼ではないのか?」

『ロルフ様が、森の奥に、魔狼の群れがあるとおっしゃいまして、アイルの配下にすれば、マスターの力になると・・・』

「そうか・・・」

 ロルフが一緒なら大丈夫だろう。あれでも、精霊型猫だ。違った、自称精霊の猫だ。
 ツッコミ役が居ないからつまらない。

『マスター』

「おっどうした?」

『我の配下を、村を囲うように配置しましたが、問題はありませんか?』

「あぁありがとう。村から誰も出すな」

『はっ逃げ出そうとする者は?』

「追い返せ、攻撃された、殺さないように攻撃しろ。ただし、殺されそうなら手加減の必要はない。殺せ」

『はっ』

 俺の命令を受けて、アウレイアは、遠吠えをした。配下に命令を出したのだろう。
 遠吠えの後で、配下の狼だろうか、遠吠えが村の周りから聞こえる。村民にとっては恐怖だろう。

 暫く、恐怖を感じてもらおう。ロルフが戻ってくるまで休んでいよう。俺たちの家を壊したことを後悔すればいい。

///真命:リン=フリークス・マノーラ
///ジョブ:動物使い
///体力:80(+40)
///魔力:80(+30)
///腕力:70(+30)
///敏捷性:50(+48)
///魅力:190(+250)

 魔法やスキルは増えなかった。
 ステータスは伸びているから、眷属にした意味は有るのだろう。

 それに、今もアウレイアは、村を包囲してくれている。

「アウレイア。村の様子は?」

『はい。マスターがお休みの間に、何人かが森に来ました』

「何しに来た?」

『わかりません。マスターの生家を見て、何かを探してから帰りました』

「結界を見に来たのかもしれないな」

『わかりませんが、何かを持ち去った様子はありません』

「そうか、アウレイアは、”動物使い”の話は聞いたことが有るのか?」

『はい。先代の魔狼王が、眷属でした』

「そうなのか?」

『はい。リザードマンと、ゴブリンと、コボルトと、魔狼が、神殿の祠を守っていました』

「え?そうなの?」

『はい。我たちの群れではありませんでしたので、詳しい話はわかりませんが、魔狼がワーウルフ種となり、祠の一つを守っていました』

「祠は、どこに有るのか知っているのか?」

『はい。しかし、祠はすでに人族に破壊されています』

「そうか・・・。どの辺りにあった?」

『海沿いの森にありました。今は、人族の村が出来ています』

「そうか・・・。渓谷は越えないのだな」

『はい。四箇所は、全て、渓谷を越えない場所にありました』

 狼の遠吠えが聞こえた。

『マスター。村から逃げ出そうとした者が居たようです』

「どうなった」

『逃げ帰ったようです』

「場所は?」

『街道に向かう場所です』

「村の出入り口だな。今、遠吠えをした場所に配下を増やせるか?」

『可能です』

「頼む」

 アウレイアは、俺から少しだけ離れてから、遠吠えをする。合図になっているのだろう。
 動物使いの権能で、動物や魔物の言葉がわかるのだが、俺に向けての言葉や、俺を意識しての言葉でなければ、意味がわからないようだ。

『マスター。ロルフ様とアイルが帰ってきました』

「わかった。待っていればいいのか?」

『はい』

 5分くらいして、ロルフを上に乗せたアイルが走り寄ってきた。

『マスター。帰還いたしました。先代の配下だった、魔狼の群れを支配してきました』

 尻尾がすごい勢いで揺れている。
 褒めてほしいのだろう。

「よくやった。頑張ったな」

 アイルの頭をなでてあげると、尻尾がさらに加速した。砂埃が立つくらいに揺れている。

「ロルフも、ありがとう」

『マスター。精霊型猫ではありません。猫型精霊です』

「ん?なぜ?」

『マスターが誤解しているようなので、何度も訂正します。マスターの勘違いが鳴るまで、何度でも言います』

「わかった。わかった。それで?」

『はい。先代の”動物使い”に名を貰った魔狼が率いていた群れでした』

「それで。先代に名を貰った魔狼は?」

『人族との戦いで祠ごと焼死しました』

「そうか・・・」

『アゾレムとかいう貴族が率いた集団だったようです』

「アイル。その魔狼たちは?」

『はっ。近隣の群れを支配下に置くために動いています』

「ん?」

『マスター。今、この森は、いくつかの群れが存在します』

 アウレイアが説明してくれたのだが、魔狼は森を支配している中でも上位種なのだが、今までは森の支配には興味を示していなかった。
 アウレイアとしても、自分の群れとアイルの群れは、俺で繋がっているから、同等だと考えていて、分割で支配しようとしている。二つの群れではない。俺を頭に置いた一つの群れだと考えている。

「食料は大丈夫なのか?」

『魔狼の支配している場所に、魔物が湧き出す場所があります。知恵なき魔物なので、害にしかならない存在なので、狩って食料にしています』

「狼たちの支配する森になるのだな?」

『はい。知恵なき魔物は餌とします。我とアウレイアが居れば問題にはなりません』

『アイル。ヌシは、マスターと共に行け。マスターをお守りしろ』

『アイルはマスターと一緒に居た方がいいと思う。アウレイアが森を支配していれば問題はないだろう』

 黒い狼であるアイルが俺を見上げる。
 体躯は大きくなっていないが、存在感が増しているのは間違いない。
 ロルフとアウレイアは、アイルを護衛にしたいのだろう。スコル種となっているが、ミルたちにやったように、偽装を施せばいいだろう。

///真命:アイル(1)
///種族:スコル
///ジョブ:魔狼王
///加護:カンザキリンの加護
///体力:90
///魔力:180
///腕力:60
///敏捷性:280
///魅力:100
///魔法:青(1)・灰(1)
///スキル:俊足,威嚇

 確かに、アイルを護衛として、側に置いておく、街中では”従魔”登録をしておけば大丈夫だろう。
 加護とジョブは偽装しなければ駄目だな。

「アイル。俺と一緒に来てくれるか?」

『はい!マスターのお供を致します』

 今後の話をしていたら、夕暮れになっていた。
 アイルの配下となった魔狼が狩ってきた、オークを解体して焼いて食べた。

 村の中心部に火が灯る。
 狼の襲来を忌避するためだろう。

「アウレイア。アイル。村の中央の火を消せるか?」

『配下にやらせます』

「危険ではないよな?」

『問題はありません。黒の魔法が使える者が居ます』

「わかった。闇の帳が降りたら、火を消して、村の境界線まで狼を前進させて、遠吠えをさせろ。アイル。手が空いている魔狼や、協力してくれる狼を集めてくれ」

『はい』
『はい』

 アイルとアウレイアは、俺に頭を下げて、森の中に消えていった。

『マスターは?』

「家に行く。村長辺りが見に来てくれたら、それで終わりだが、村の若い衆が来たら捕らえる」

『殺さないのですか?』

「殺したら、それで終わりだからな。村長と、サラナとウーレンの親には、死んだほうがましだと思ってもらう」

『わかりました。マスターの御心のままに・・・』

 ロルフにお願いして、俺は木によりかかりながら目を閉じた。アイルとアウレイアが戻ってきたら起こしてもらう。

 村長おじさんが守ろうとしたものが何なのかわからない。
 サラナとウーレンが守りたかったのは?
 サラナとウーレンの両親が守りたかったものは?
 村の人たちが、ニノサとサビニとマヤを排除してまで守りたかったものは?
 結界を破壊してまで守りたかったものは?

 考えても答えが出ない。
 俺が今からやろうとしているのは、八つ当たりでしか無いのかもしれない。復讐でもなんでもない。
 復讐は、アゾレムやその後ろに居る奴らに・・・。

「チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く