チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間【改】

北きつね

第十八話 協力体制

/*** マヤ=テルメン・マノーラ Side ***/

 僕は、ミルに付き合って、夜の蝶に向かっている。

 ミルの説明では、ここに8名の女性が揃っている事になる。あと1名を見つければ、リンの協力者候補が揃う事になる。

 あの時の声が言っていた娘は、ミルだと思う。フェムも波長があうというか、近い感覚が有った。ミルを知らなければ、フェムだと思ったかも知れない。ミルと握手した時に感じた同調感はすごかった。まるで、1つの身体かと思うくらいだ。

 でも、他の娘がミル以上になるかも知れない。
 ミルは是非キープしたいが、それ以上の娘が現れるかも知れない。その時には、ミルには悪いけど、いろいろ諦めてもらう。

 僕は、すごくわがままだ。リンさえいればいい。リンの事が一番大事なだけだ。

 ミルには、1人1人紹介してほしいとお願いしている。少しくらい怪しまれてもいい。

「マヤ」
「ん?あっごめん。どうしたの?」
「全員揃ったと言っている。どうする?」
「全員?あと1人も見つかったの?」
「そ。それで作戦会議をする」
「今から?」
「ん。僕も出ていいと言われた。その前に、マヤを紹介したいとお願いした」
「え?あっありがとう。それで?」
「大丈夫と言われた。でも、マヤの紹介の前に、スキルの話をしたいと思うけどいい?」
「問題ないよ」
「よかった。僕では、うまく説明できないかも、だから、マヤ。お願い、近くに居て」
「うん。解った。スキルに関しては、僕が切り出すよ。でも、ミルは、お兄の事以外では臆病になるね」
「ごめん。僕は、彼のためだけに生きている。でも、その事は、まだ皆知らない」

 どうだろう。ミルの言動から、気がつく人は気がつくと思うけどな。
 決定的な証拠を掴まされない限り、リン=凛にならなければいいのかな?違うな。リンの事を疑われた時点で、殺そうとする奴らが出てくるかも知れないから、注意しないとダメ。

「どうした?」
「ううん。なんでもないよ。ミル。お兄の事を大切に思ってくれるのは嬉しいけど、お兄と凛くんは違う人だからね?」
「あっうん。わかっている。気をつける」
「うん。お願い。それじゃ行こう!」
「うん」

 夜の蝶には、これで3回目だ。2回目までは客として来た。今日も客だが、意味合いが違っている。
 ミルは、何も言わないで、二階に上がっていく。一番奥の部屋をノックする。

「ミトナルです」
「あぁミル。入って!昴も来ているよ」
「ん。僕の客も一緒。大丈夫?」
「うん。聞いているよ。マヤちゃんだよね?・・・・大丈夫だよ」
「よかった」

 ドアを開けて、中に入る。
 これが、リンの、僕の知らない凛を知っている人たち。それにしても、なんでこんなに可愛い娘ばかりなの?美人から、可愛い系まで・・・。リンの趣味?

「マヤ=テルメン・マノーラといいます。ミトナルさん。ミルと偶然知り合って、少し事情があって着いてきました」
「うん。とりあえず座って、なにか飲む?」
「いえ、大丈夫です。今日は、私の兄のスキルに関してなのですが、まずは、誰か鑑定持ちの人がいらっしゃるのなら、私を鑑定してください」

 1人の女の子が手を挙げる。
 黄色い髪の毛の女の子だ。

「私は、サリーカ・セトラス。商隊の娘。サリーカって呼んで、それで、マヤちゃんを鑑定すればいい?結果は言っていい?」
「はい。大丈夫です」

真命:マヤ=テルメン・マノーラ
ジョブ:黒魔法師
体力:160
魔力:1200
腕力:80
敏捷性:450
魅力:220
魔法:黒魔法(1)

「サリーカさん」「サリーカって呼び捨てにしてくれると嬉しいな」
「わかりました。サリーカ。私に、スキルがない事は確かですよね?」
「そうね。鑑定スキルを使うと、隠蔽されていても見破れるからね」

「それでは・・・右端から、ルアリーナさん。フェムさんは以前お名前をお聞きしましたので飛ばしまして、イリメリさん。タシアナさん。アルマールさん。フレットさん。カルーネさん。で、間違いないですよね?」
「え?」「どこで?」「なんで?」「それに真命・・・じゃなくて名前?」

 これも、リンとの実験で解った事だが、真命がリンたちの文字で書かれている時には、真命は名前で表示される。

「中里さん。僕も鑑定してみて?」
「え?あっうん」

「え?え?え?鵜木さん。触っていい?」
「うん。いいよ。ステータスも見てみて」

 なぜか、ミルは誇らしげだ。僕も、リンのスキルがすごい事が証明できて、すごく嬉しい。

「他人?違う。ミルだよね?」
「うん。僕は、鵜木和葉。本人で間違いない。なんなら、3サイズと身長と体重を言ってもいい。白い部屋の事も覚えている」
「え?なんで?」

「サリーカ。どうしたの?」

 フェムがサリーカに問いただす

「うん。フェムも、触ってみればわかるよ。鑑定がなくても、真命は見えるからね。ミルいいよね?」
「うん。僕は、そのために来た。そして、同じ事を、みんなにも提供できる」「方法があるだよね。ミル」「そ」

 ミルは、説明が下手なのではない。言葉が足りないのだ。皆が、ミルに触って確認している。一通り、ステータスの確認が終わったのだろう。席に戻る。

「ミル。どういう事?説明してくれるよね?」
「うん。その前に、これをやってくれた人の妹さんの、マヤ。お願い。マヤに隠し事はしたくない。僕たちに協力してくれる。ダメ?」

 少しの沈黙が流れる

「私はいいと思う」

 フェムが切り出してくれる。
 やはり、この場での仕切りは、このフェムなのだろう。

「ありがとう。マヤに、ステータスを開示できる?」
「私は、いいわよ。女子が全員揃っているから、あとは、凛くんと茂手木くんを見つけるだけだし、その時のリスクが減るならステータスくらい問題ないわよ。それに、マヤちゃんは正真正銘の女の子だからね」

 フェムさんが握手を求めてくる。

「ありがとう」

 そう言って手をにぎる。やはり、波長はかなり合うが、ミルほどではない。

 次に声をあげてくれたのは、松田と呼ばれた、フレット=コンラートさんだ。握手をするが、波長が合わないわけではないが、フェムさんほどではない。カルーネさん。アルマールさんも同じくらいだ。

 サリーカさんは、かなり波長が合う。フェムと同じくらいだ。ルアリーナさんは、フェム以上だ。かなり波長が合っている印象がある。そして、残りは二人だ。タシアナさんは、フェムと同等くらいだ。最後のイリメリさんは、かなり強い波長だ。ミルよりは弱いけど、他の人達以上なのは間違いない。

 やはり、声の主が言っているのは、ミルで間違いないのだろう。

 僕が一番に知りたかった事が、これで判明した。

「みなさん。ありがとうございます。なんで、こんな面倒な事をしたのかを先に説明いたします。僕・・・私たち兄妹は、誰かに命を狙われています。マガラ渓谷で突き落とされそうになりました。それだけではなく、武器を奪われたり、荷物を盗まれたりもしました。その時に偶然犯人の1人のステータスが確認できました。女性である事と、ジョブが暗殺者であった事以外覚えていません。それで試すような事をしてしまって申し訳ありません」

 リンから提案されたシナリオだ。まったくの嘘だとバレた時に面倒になる8割本当で、残り2割に確認できない嘘を混ぜると、信じさせる事ができると言われた。皆。僕の話を聞いて信じてくれているようだ。

「僕・・・私たちの事はそのくらいにして、今朝、私のスキル目当てでしょう。攫われそうになった所を、ミルに救われて、なにかお礼をしたいという事を話したら、”真命”や”ジョブ”を書き換えられる方法を知らないか?と言われて、兄の下につれていきました」

 一息いれる。

「兄のスキルは、スキル名こそ、隠蔽なのですが、”他人”の真命やジョブの書き換えができるらしいのです。そして、鑑定しても見分けられない隠蔽ができるという事なのです」

「え?すご・・・でも?」
「フェムさん。なにか?」
「ごめん。お兄さんの事を悪くいうつもりは無いのだけど、”他人”の真命とジョブだけなの?」
「はい。パシリカの時に、説明されたそうです」

 フェムさんが、1人の女性を見ます。

「フレット?どういう事?」

 フレット・・・コンラート?もしかして、教会の関係者?

「あっパシリカの時に、珠に触れたわよね?変わったスキルの時には、そこに説明が表示されるらしいのよ。でも、何らかの理由で、”隠蔽”されているスキルは表示されないから安心して!」
「・・・あっ!そうかぁ!リンくんは、神埼くんじゃないから、隠蔽を白い部屋で使う事ができない?やっぱり、彼は”神崎凛”とは違う人なの?」
「うん。僕も、気になって、直接聞いた。何のことと言われてそれ以上聞けなかった」

 フェムさんが、なにか勝手に推理して、勝手に納得した。それを、ミルが補填したという事だろう。

「ねぇミル。そのリンくん?私たちの仲間になってくれるかな?」
「交渉はできると思う。何かしらの要求はされるかもしれない。でも、それだけの価値はあると思う。交渉するだけでもしてみる?」

「私は賛成。真命を誤魔化す方法があるのに、それをやらない手はない。ジョブも変えて、スキルも隠す。情報という意味で、あいつらの一歩も二歩も先に行くことができる!」

 フェムさんはかなり乗り気のようだ。
 他の人たちも同じ雰囲気だから、交渉は開始されるだろう。あとは、リンに任せればいい。僕の役目は終わった。嬉しいのは、ミルが一番波長があった人だって事だ。

「交渉。みんなで行っても邪魔になるだけ、交渉が成功した時に、改めて全員で合えばいい。交渉は少人数でやるべき」

「そうね。誰がいい?」
「僕としては、フェムとイリメリでいいと思う」

 イリメリ?その人が、リンが言っていた人?謝りたいと言っていた人?
 ミルの方を見てみると、うなずいていたので、間違いないだろう。

「私も、重久と瞳でいいと思う。あっごめん。フェムとイリメリでいいと思う。なかなか慣れないね」

 アルマールの言葉だ。
 これで、イリメリ=ひとみ だという事がわかった。あとは、どうやってリンに・・・って、念話を使えばいいだけか?

「交渉はいつ?」
「私はいつでもいいわよ。イリメリは?」
「私も大丈夫」

「解った。マヤ。先に彼の所に行って、交渉したい旨を伝えて、僕は、二人と少し遅れて行く」
「うん。わかった。それでは、皆さん。また今度!ゆっくり遊べたら嬉しいですね」

 僕は、席を立って一礼してから部屋を出ていく。
 ドアが閉まる時に、”本当に、凛くんじゃなかったの?”という声が聞こえてきた。イリメリさんの声だと思う。皆、リンの事が好きなのかな?波長が合うと言うのは、僕の気持ちと同じという事なら、ミルは当然として、サリーカ/ルアリーナ/フェム/イリメリ/タシアナが、リンの事を好きだと言うことになる。本人たちが気がついていない可能性もあるけど、リンは誰を選ぶのかな?僕じゃないけど、僕は一緒にいられる。謎掛けのような言葉だけど、僕は、リンのために生きる!

「リン!」
「空いているよ」

 部屋では、リンが待ってくれていた。ベッドに座ってなにかを熱心に読んでいた。読んでいた物をマジックバッグにしまって、腕を大きく広げた。

 僕は、リンの腕の中に飛び込んで、首に捕まって、リンの唇を塞いだ。リンを確かめてから

「ただいま」
「おかえり。それでどうだった?」
「うん。今から、ミルが二人連れてくる。フェムとイリメリって女の子。フェムは知っているよね?」
「あぁ重久だろう?もうひとりは?」
「ひとみって呼ばれていた」
「そうか・・・まぁ当然だな。ひとみが来るのか・・・でも、僕は、今は、リン=フリークス・マノーラだ」
「そうだよ!」
「そうだな。僕って言うのも、改めよう。俺って言うようにするよ」
「え?どうして?」
「神崎凛の時には、”僕”って言っていたからね。その印象が強いと思うから、”俺”と言っていれば、リスクが減らせるからね」
「うーん。僕は、いいと思うけど、無理なら、今までどおりでいいと思うよ」
「そうだね。でも、大丈夫だよ。”俺”を、使って話していた事もあるよ」

「チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間【改】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く