チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間【改】

北きつね

第十五話 内緒話

/*** ??? Side ***/

「どうだ?」
「はい。例年通りです」
「そうか?宰相派閥の貴族がパシリカに来たら、別室に通せよ」
「心得ております」
「まぁそうしないでも、奴らは、”特別”を求めるだろうからな」
「はい。嘆かわしい事です」

 1人は、法衣を着ている事から、教会関係者である事がわかる。
 もうひとりは、法衣を着ていない。貴族なのだろう。小奇麗な格好をしている。

 もうひとり、黙って、二人の話を聞いている人物が口を開いた
「今年、問題になりそう者は?」
「はっアゾレム男爵の跡継ぎがパシリカを受ける年齢です」
「そうか、アゾレムか・・・それは、また厄介だな」

 3人の間に微妙な風が通り抜ける。

「そう言えば、コンラートの所も今年だったな?」
「はっ娘のフレットが今年、パシリカです。当日は混み合いますので、明日、パシリカを受けさせます」
「そうか、特別室か?」
「陛下。怒りますよ。娘とは言え、無官の身です。並ばせて受けさせます。娘にも言い聞かせてあります」
「そうだったな。戯れじゃ許せ」

 陛下と呼ばれた者が、もうひとりの貴族ぜんとした者に話しかける。
「そう言えば、ミヤナック。そなたの所も今年じゃったな」
「はい。娘は、本日受けさせて、そのまま、一般の参列者と共に数日過ごすように言ってあります」

 コンラートと呼ばれた法衣を着た男が、ミヤナックと呼ばれた男の方を向いて、笑いかけるように話しかける。
「そうだったのか?それなら、フレットも、一緒に受けさせればよかったな」
「コンラート!教会関係者と貴族のそれも、ローザス殿下に近い家の者が一緒に居る所を・・・」

「違うだろう。ミヤナック。お主の所の、跡継殿が、可愛い妹と一緒に居る時間を作りたかっただけなのだろう?」
「違うといいたいが、概ねそうだ。でも、それを悟った、ルアリーナが侍女を連れて、隠し通路を通って出てしまってな。昼過ぎから大騒ぎだったぞ」
「それはさぞ騒がしかっただろうな」

 陛下と呼ばれた男と、ミヤナックと呼ばれた貴族は、コンラートと呼ばれた法衣を着た男から、今年パシリカを受ける、問題を起こしそうな者たちの名前を説明していった。

 要注意・・・親を含めて注意が必要な人物として、
・ウォルシャタ・フォン・アゾレム
・クンジナ=ユルワーフ・フォン・ドワイト
・ロラ・ゴーチエ
・フィリッチ・ボルダボ
 の名前をあげている。

 それ以外に、注意人物として、数十人の名前をあげて説明していた。

 全部を聞き終えてから、ミヤナックと呼ばれた貴族の男が話し始める。
「ふぅ問題は、アゾレムとゴーチエとボルダボだな。ドワイトは、父親と跡継はしっかりしているのだろう?」
「どうだろうか?貴族には、貴族の”理”があるのだろう。教会には、そういう情報は入ってこない」
「そうか、ドワイトは、男爵家だが、領民をしっかり守っているという話だぞ、長男は身体は多少悪いが問題は無いだろう。次男の今年パシリカを受ける者は、素行が悪いと聞いている程度だからな。領地が、アゾレムの隣というのが気になると言えば気になる程度だな」
「儂としては、ボルダボの小僧の方を殺したいのだがな」
「お主にしては珍しいな」
「小僧は、フレットを嫁によこせと言ってきた!もちろん、破り捨てた上に、絶縁状を叩きつけたがな」
「ほぉ小僧がいい出したのか?」
「わからん。わからんが、小僧とフレットは顔なじみだからな。教会の行事で何度か会っている。それよりも、ボルダボ家の方が問題じゃよ」
「どうした?」
「まだ確証がないが・・・な。あやつら、パシリカのときに、ステータスを盗み見て、記憶して、宰相に流しているらしい。見返りは・・・」
「本当か?」
「かなり、黒に近いが、噂だ」
「なに?今日のパシリカは大丈夫だったのだな?」
「あぁ特別室以外は、儂が手配した神官を配置した。信頼もできるし、身元も確かな者たちだけだ」
「そうか、宰相は、貴族以外には豪商や自分に利益がある者しか興味がないからな」

 陛下と呼ばれた男が、手を叩いた。
「よし、コンラートよ、それを調べてくれ、くれぐれもバレぬようにな」
「はっ」
「宰相の首を取る、絶好のチャンスかもしれん」

 テーブルに置かれていた羊皮紙を丸めて、近くの暖炉に入れて、燃やした。
 燃え尽きるのをまって、3人は、別々のドアから立ち去った。

/*** リン=フリークス・マノーラ Side ***/

 僕は、今、危機に直面している。
 昨日の夜。和葉を名乗る人物から手紙を貰った。そして、それを確認しながら、いろいろ考えていて、マヤが眠るベッドの横になり、暖かさに眠くなって、寝てしまった。

 何がいいたいかというと、僕よりも、早く起きたマヤが”日本語”で書かれた手紙を見てしまった。
 そして、文字が読めなかった事を不審に思って、鑑定で見た。

 鑑定は優秀ですね。”ミトナル=セラミレラ・アカマース”という名前を表示しやがった。失礼、してくれた。

「リン!」
「はい」
「それで、この、ミトナルって誰?僕が知っている人?」
「見たことはあると思う程度かな?」
「どういうこと?はっきり教えて?誰なの?」

 どう説明していいのかわからない。
 ”助けてドラ○もん”と叫んでも、猫型ロボットが助けに来てくれない。

「昨日、フェムと一緒に居た中の1人だと思う」
「なんで、そんな人が、リンに手紙を出すの?それも、こんななんて書いてあるかわからな物で?」

 ん?読めない?

「マヤ?」
「なに?リン。僕の質問に答えてよね」
「あっうん。本当に、僕にもわからない」
「でも、リンには、これがわかるのだよね?”わからない”という事がわかるのだよね?」

 本当に、こういう所はすごく感がいい。

「マヤ。今からいうことは、本当に突拍子もない事で、信じられないかも知れない。それでも聞いてくれる?」
「え?あっうん。リンが僕の事を騙そうとしない限り、信じるよ」
「どうしたら信じてくれる?」

「・・・・・・ス」
「ん?」
「キスして!」

 マヤの頭をグリグリと撫で回す。

「大好きだよ。マヤ。嘘なんて言わないよ」

 マヤを抱き寄せて、キスをした。昨日のキスとは違って、舌を絡めるような深いキスをした。

「リン。ごめん。でも、教えて、僕に何ができるかわからないけど、リンの役に立ちたい」

 マヤを後ろから抱きしめる格好になって、股の間に座らせる。顔を見ながら話せる自信がない。

 マヤは、僕の話す事を、しっかりと聞いてくれた。
 ”生まれ変わり”である事。こことは違う世界で産まれて、育った事。そして、和葉を始め、20人がこの世界にうまれかわっている事。
 そして大事なこととして、神を名乗る子供に、21人で競わされている事。勝たないと、殺されてしまう可能性があることなどを説明した。端折った事はあるが、概ね間違っては居ないだろう。

「よくわからないけど、リンは、リンなんだよね?」
「そうだよ」
「居なくならないのだよね?」
「うん。そうならないためにも、何をしなっくちゃならないか考える必要がある」
「そう・・・それで、さっきのミトナルさんが、21人の中の1人なの?」
「うん。多分、僕の味方だと・・・思う」
「それじゃ会いに行かないとだね!」
「え?」
「え?行かないの?」

 沈黙が流れる。
 マヤが立ち上がって、僕の目線に合わせるように中腰になる。

「今のリンは、真命が書き換わっているのだよね?ミトナルさんが、なんで、リンの事がわかったのか、確かめないと、どうしたらいいのかわからないよね?」
「あぁぁ」
「それに、味方の可能性が高いのなら、話を聞くだけでもいいと思うよ。僕に聞かれたくないのなら、寂しいけど、席を外すよ」
「・・・そうだな。会いに行くか?マヤと二人なら、”いざ”となったら、逃げられるだろうし、二人なら怖くないよな?」
「うん。そうだよ!あっでも、そうだ!リン。さっきの手紙に、リンの”ちきゅう”?での名前書いて!」
「え?なんで?」
「いいから!」

 マヤに言われるままに、”神崎凛”と書いた。

「へぇこれが、リンの真命なんだね?」
「そうだ!マヤ。真命で思い出した。ちょっと、僕を鑑定して、真命を見てみて」
「え?うん。いいよ」

 戻さない状態で、真命を鑑定してもらった。

「リン=フリークス・マノーラって出ているよ」
「そうか、それじゃ、真命を元に戻すな。これで、鑑定してみて」
「うん!」

 さて、どうなる?読めるのか?

「リン。これを読めばいいの?」
「あぁ僕の真命はどうなっている?」
「”リン=フリークス・テルメン”になっているよ。名前と一緒だよ」

 そうか、うまくできているな。
 ”転生者”が見た時には、日本語で見えるけど、日本語が読めない人が見た時には、名前がそのままコピーされるのだな。
 もう一つ実験をする。これが成功したら、和葉たちがなにかをやろうとしているのか、わからないけど助けになるだろう。

「マヤ。もう少しやってみたい事有るけどいい?」
「うん。今度はどうするの?」
「できるかわからないけど、マヤの真命を変えられるか試していい?」
「いいよ。変えられたら、僕の真命も、リンと同じにして欲しいな!」
「わかった。やってみるね」

 まずは、マヤを鑑定して、出てきた真命を隠蔽できるかやってみるがダメだ。
 今度は、マヤに触れながら、ステータスを表示させた状態で、真命を隠蔽してみる。できそうにない。

「マヤ。僕が、隠蔽を作動させるから、真命の変更を自分でやってみて」
「どうやるの?」
「僕がやっているのは、真命を変えると、念じてから、変えたい真命を考えればできると思うよ」
「わかった!」
「いい。”隠蔽”」

 ”マヤ=フリークス・マノーラ”に変更できている。このやり方でいいようだ。

「できたみたいだね」
「うん!これで、リンと同じだね!」
「ついでに、鑑定も隠蔽しておこう。あと、魔法の属性も隠蔽しておいたほうがいいだろうな」
「わかった!」

 ついでに鑑定で見るけど、しっかり変更されている。つかれる。

 自分のステータスを確認した。
真命:リン=フリークス・マノーラ
ジョブ:動物使い
体力:80
魔力:80
腕力:70
敏捷性:50
魅力:190(+250)
魔法:外(2)
スキル:隠蔽(4)、言語理解、念話(2)
ユニークスキル:動物との会話(1)(隠蔽)
エクストラスキル:万物鑑定(3)(隠蔽)

 おっ隠蔽のレベルと、念話と、鑑定のレベルが上がっている。
 隠蔽を鑑定してみる
// 隠蔽:ステータス/鑑定時に表示される項目の隠蔽及び変更ができるスキル
// レベル1:ジョブを除く項目の隠蔽/変更が可能
// レベル2:他人のジョブを除く項目の隠蔽/変更が可能
// レベル3:自分のジョブ項目の変更が可能
// レベル4:ステータス値の変更が可能
// レベル5:他人のステータス値の変更が可能

 レベル5以上はなさそうだな。
 それでも使い勝手がかなりいい。とりあえず、ジョブを変更して、ステータス値も変えておこう。

 念話も鑑定しておこう
// 念話:頭の中で会話ができる。発声器官を持たない者との会話も可能
// レベル1:接触状態で会話ができる
// レベル2:非接触状態で会話ができる
// レベル3:念話を持たない者との会話ができる
// レベル4:これ以降は、レベルアップで会話可能距離が伸びる

「ねぇリン!すごい。変わっているね」
「あぁそうだ。マヤ。触って、ステータスを見る時と、鑑定で見る時で違いがないか見てくれないか?」
「うーん。いいけど、キスしながら、ステータス見ていい?」
「マヤ・・・いいよ。おいで!」

 マヤを抱きしめた。
 軽く触れるようなキスをした。

「リン。あのね」
「なに?」
「なんでもない。もっと、強く抱きしめて!」
「いいよ」
「嬉しい・・・。あっあのね」

 マヤは、僕に抱きつきながら、耳元でささやくように話す。

「それでね。”念話”の項目が、鑑定では出るけど、ステータスチェックでは見えなかったよ」
「そう・・ありがと。念話の横の数字は見える?」
「ごめん。覚えてない。もう一度見ていい?」
「いいよ」

 マヤは、自分から身体を預けて、長めのキスを求めてきた。

「鑑定では、数字が見えるけど、ステータスチェックでは見えなかったよ」
「マヤ。ありがとう。だいぶわかったよ」

ねぇリン。僕のわがまま聞いてくれる?」

「チート能力を持った高校生の生き残りをかけた長く短い七日間【改】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く