話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界でもプログラム

北きつね

第三十五話 ボス戦


 最下層を目指すのは、初めから決まっていた。

 全速ではないが、魔物が出てきた場合でも、対処が可能な状況を維持しつつ、最速で最下層を目指す。
 エイダには、全力で索敵を行ってもらっている。

 アルバンも、カルラも、問題はなさそうだ。

 最下層の直前(だと思える場所)に、ボス部屋が設置されている。
 アルバンが、躊躇なく扉を開ける。俺とカルラを見たことだけは褒めてあげるが、開ける前に一言くらいは欲しかった。

 ボスは、黒い靄を纏っていない。

「相手は、キングエイプ。エイプ種の手下を5体」

 カルラがボス部屋を観察して報告を上げる。
 目視できる場所には、キングエイプしか見えない。カルラが、言っているのなら、キングエイプの後ろにでも控えているのだろう。

「兄ちゃん!おいらに、キングエイプをやらせて!」

「カルラ。サポートを頼む。アル。一人ではダメだ。カルラのサポートを受けるのなら、許可する」

「わかった。姉ちゃん。お願い」

「かしこまりました」

「エイダ。俺とエイプ種をキングエイプから引き剥がすぞ」

『了』

 アルバンが飛び出していくが、カルラがしっかりと後ろからついていく、キングエイプの攻撃動作をしっかりとキャンセルしている。

 俺とエイダは、後ろに控えていたエイプ種5体のヘイトを管理する。
 難しくはない。5体にスキルを浴びせる。キングエイプに当たらないように調整するだけで十分だ。俺たちに意識が向いた所で、アルバンとカルラが居る方向とは逆に走り出す。
 エイプ種は、しっかりと釣れた。

「エイダ。やれるか?」

『了』

 エイプ種を見ると、上位種は居ない。変異種が1体だけだ。

 これが最下層のボスなのか?弱すぎる?

 エイダがスキルを発動する。

 一撃では、倒せない。
 エイダのスキルは、それなりの威力がある。エイプ種が耐えられる威力ではない。半数は、倒せると思っていたが、一体も倒せないのは、計算外だ。

『マスター。エイプ種は、変異種です』

「変異種?通常のエイプと同じだぞ?」

 変異種や上位種は、色や顔つきが違っている。
 目の前の、エイプ種は一体を除いては、通常のエイプと同じだ。

『マスター!』

 エイダの声で、思考が戻ってきた。
 そうだ、考えるのは後だ。

「エイダ。エイプ種を引き離すぞ!もしかしたら、変異種に見えるエイプが本当のボスかもしれない」

『是』

 アルバンとカルラを見ると、問題はなさそうだ。
 キングエイプとは何度かダンジョン内で戦っている。多少は、強くはなっているようだが、想定の範囲内だ。

 後ろに居たのは、従えていたわけではなく、本当のボスが変異種に見えるエイプなのだろうか?

「俺が、変異種に当たる。他の4体を頼む。倒す必要はない。アルバンとカルラが駆けつけるまで持たせろ」

『了』

 大廻で、変異種に見えるエイプに肉薄する。
 見た目は、変異種だが確かに違う。これは、エイプなのか?

 今、俺を見た。
 ダンジョンの中に居る魔物との戦闘は、それほど難しくない。ヘイト管理が、外に居る魔物や人よりも格段に楽だからだ。
 でも、変異種は俺が攻撃を仕掛ける前に、俺を見た。ダンジョンの中では発生しない事象だ。ウーレンフートのダンジョンの様に、パターンデータを改変してあったり、パターン学習をさせてあったり、戦闘データから学習させているような状況で無ければ、外から魔物を連れてきて、育てる必要がある。

 理由は解らないが、こいつ変異種が最強だ。
 戦闘が開始したら、入口が閉まった。それに、俺たちが攻撃を開始するまで、動かなかった。いくつかの状況から、この6体がボスだと言っている。しかし、違和感しかない。イレギュラーな状況だ。

 変異種は、通常のエイプの変異種では考えられない位に強い。
 速度は、同じ程度だが、力が数倍は強い。動きは、エイプ種と変わらない。力だけが強くなっている?

「アルバン!カルラ!キングエイプが終わったら、エイプ種を頼む」

「うん」「はい」

 え?
 エイプが、放出系のスキルを使った?

 動きに翻弄されなければ対処は可能だ。
 じっくりと削っていく!

 アルバンとカルラが、キングエイプを倒した。
 これで、エイダの負担が減る。

「エイダ!解析!」

『了』

 エイダも解ったのだろう。
 カルラとアルバンが、エイプ種に接近して、攻撃を開始した瞬間に離脱して、変異種の解析を行う。

『マスター!変異種は、キングエイプの3倍の体力。力は、5倍。スキルは解析失敗。複数の所持を確認』

「わかった」

 想像以上だ。
 勝てない相手ではない。カルラとアルバンも、エイプ種の相手をしている。向こうも余裕はないが、問題はなさそうだ。

 俺も、ゆっくりはしていられない。
 武器を取り出す。

 エイプの変異種。
 これからは、今までとは少しだけ違うぞ!

 武器を持った俺に、変異種は構えを変える。
 やはり、通常のダンジョンで発生するボスの動きではない。ウーレンフートで設定したから解る。これは、戦闘訓練やデータを組み込まれた個体だ。

 刀を構えながら、スキルを発動する。
 意表を付くような攻撃には対応が(まだ)できないようだ。

 高位のスキルが来ないと判断したのか、スキルを無視して突っ込んでくる。
 いい判断だが、もう少しだけ賢くなって戻ってこい。これは、悪手だ。

 肉薄する。変異種の足にスキルを集中する。風属性のスキルだ。無視して突っ込んでくる。スキルは、変異種の皮膚で弾かれる。その後に、同じ風属性のスキルを腕に放つ。今度は、雷属性を付与した物だ。

 無視して、俺の首を掴もうとしたエイプの腕にスキルがヒットする。
 風属性のスキルは、皮膚に弾かれる。しかし、雷属性のスキルがエイプの身体を痺れさせる。ほんの少しの時間だが、動きが止まる。俺には、十分な時間だ。

 エイプが俺を掴もうとした腕を、切り落とす。
 絶叫がボス部屋に響き渡る。

 え?

「兄ちゃん?」

「あぁ・・・」

 通常なら、腕の一本を切り落としても、ボス戦が終わることはない。

 アルバンとカルラも、不思議な状況に混乱している。

「エイダ!」

『解析失敗』

 エイダでもダメ?

 俺が腕を切り落とした変異種もどきが絶叫を上げた。
 ここまでは、想定していた。

 問題は、カルラとアルバンが相手していたエイプたちが、黒い靄になって消えてしまった。

 変異種も、腕だけを残して黒い靄になった。

 カルラとアルバンが倒したキングエイプに黒い靄が集まっていく。
 復活するのかと構えたが、復活する様子はない。

 数秒後に、魔法陣が現れた。
 これは、ボスが討伐された証拠だ。この時点で、腕が有った場所にドロップが現れる。腕は通常のボス戦の様に消えている。

 キングエイプは、魔法陣が現れた瞬間に黒い石を残して消えてしまった。

 ボス撃破の報酬はしっかりと出ている。

 最下層に繋がる魔法陣が表示されている。上に戻る為の魔法陣もある。

「エイダ。魔法陣を調べてくれ」

『了』

 エイダが解析を始める。
 アルバンとカルラは、ボス部屋の様子を調べるが、黒い石が残された以外は、通常のボス部屋だ。

『マスター。通常の魔法陣です。赤が下層への魔法陣で、青が1階層への移動です』

「わかった。下層に移動するぞ」

「兄ちゃん。黒い石はどうする?」

『マスター。確保をお願いします』

「どうした?」

『マスター。スキルの痕跡があります。今までの物とは違います』

「触っても大丈夫か?」

『大丈夫です。結界で覆いました。スキルが漏れないようにしました』

「わかった」

「旦那様。私が持ちます」

 カルラの申し出は嬉しい。
 しかし・・・。

 カルラを見ると、アルバンに持たせるのは、何かあった時に対応が難しい。俺は、論外だといいたいようだ。エイダでは、スキルがウイルスなら被害が大きくなりすぎる。カルラなら、異常状態の耐性が強いだけではなく、対応も慣れている。

「わかった。カルラ。頼む」

「はい」

 カルラが、黒い石を持ち上げる。
 エイダが結界を張っているので、手から少しだけ浮いているのが不思議な状況だが、異常はなさそうだ。スキル発動にトリガーが必要なのかもしれない。
 俺が持っている容量が小さいマジックバッグをカルラに渡して、使うように指示する。中身には、何も入っていない。大丈夫だとは思うが、トリガーが解らないだけに、用心は必要だ。

「異世界でもプログラム」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く