異世界でもプログラム

北きつね

第二十一話 悪夢


 おいらは知っている。
 兄ちゃんは、ダンジョンに潜ったり、おいらたちと雑魚寝したり、剣を持って戦わなくてもいい人だ。

 王国に住む人なら、赤子以外なら聞いた事がある。ライムバッハ。
 それが、本来・・・。名乗るべき家名だ。王国の辺境伯の跡継ぎだった。難しい事はわからないけど、兄ちゃんは目的があって、辺境伯の名前を外して活動している。

 兄ちゃんの朝は早い。
 寝ている時間は、誰よりも短い。おいらの半分くらいだとカルラ姉ちゃんが言っていた。

 おいらは・・・。違う。カルラ姉ちゃんも知っている。

 兄ちゃんは、よく魘される。
 姉ちゃんから聞いたら、これでもよくなってきているらしい。

 カルラ姉ちゃんがいうには、昔はもっと酷かったようだ。魘され方も徐々に落ち着いてきている。らしい。

 2-3日寝ないで過ごしていた時期もあったようだ。カルラ姉ちゃんもその頃の事は知らないと言っていたけど、クリスティーネ様がカルラ姉ちゃんに兄ちゃんの睡眠時間を教えていた。
 カルラ姉ちゃんからおいらに出された指示で、大事だと言われたのが、兄ちゃんの護衛だ。

 でも、兄ちゃんに護衛が必要だとは思えない。詳しく話を聞いたら、兄ちゃんが”捕えられた人”を助けようと無理をする前に、捕えられた人を殺すのが、おいらやカルラ姉ちゃんの役目だ。おいらやカルラ姉ちゃんが、兄ちゃんの敵に捕まったら、兄ちゃんが動き出す前に、死ぬように言われている。

 それから、もう一つの役目が兄ちゃんの睡眠時間を記録しておくことだ。毎日ではない。気が付いたときに行えば良いと言われている。クリスティーネ様からは、どのくらい兄ちゃんが寝ているのか?魘されていないか?記録しておくように言われている。

 酷いときよりは、”マシ”になってきている。カルラ姉ちゃんは、記録を見ながら教えてくれた。

 それでも、兄ちゃんが寝ているところをあまり見ない。
 移動中に、うとうとしているのを見るけど、ちょっとしたことで、すぐに目を覚ます。

 そして、恐ろしいほどに、時間通りに起きて来る。本当に、待っているおいらやカルラ姉ちゃんが吃驚するくらいに、ピッタリな時間に起きる。
 野営の時は、おいらもカルラ姉ちゃんも、兄ちゃんを起こした記憶がない。交代時間になると兄ちゃんが起きて来る。朝も同じだ。

 今日も、少しだけ寝ると言って目を閉じた。
 新しい魔法を開発して、水中を歩いた。疲れているはずだ。

 でも、兄ちゃんはあと10分もしたら目を覚ますだろう。

 兄ちゃんは起きだしてからも怖いくらいに普通だ。
 カルラ姉ちゃんは、寝起きが最悪だ。機嫌が悪いだけではなく、目つきも悪い。なぜ起こしたと怒っているようにも思える。それだけではなく、受け答えも起きてから15分くらいは怪しい。会話が成立しない時もある。話した内容を忘れていることもある。だから、カルラ姉ちゃんは、起きてから30分くらいは時間を空けないと、いろいろ怪しい。でも、兄ちゃんは、起きてから数秒で意識がしっかりしている。
 おいらは、カルラ姉ちゃんほどではないが、カルラ姉ちゃんよりだ。兄ちゃんの様に、起きられる様になれればいいけど、あれは無理だ。いろいろな魔法が使えるのも尊敬するけど、あの寝起きは尊敬を通り越して、畏怖さえも感じる。カルラ姉ちゃんと話して、実は寝ていないのでは・・・。と、疑ったこともある程だ。

 エイダが記録してくれるようになってから、おいらたちの仕事は減った。カルラ姉ちゃんが、兄ちゃんに正直にうち開けたら、兄ちゃんは笑いながら、エイダに記録できるような仕組みを作ってくれた。

「アル?」

「兄ちゃん!」

 やっぱり、時間通りだ。

「異常はなかったか?」

「うん。大丈夫」

 今は、ダンジョンの中。
 最下層には、ボスが居る。この場所で寝られる兄ちゃんはやっぱり大物だと思う。それだけじゃなくて、おいらを信頼してくれるのは嬉しいけど、魔物が出る可能性がある場所で・・・。

「アルは、寝なくていいのか?2-3時間なら寝てもいいぞ?」

「え?おいら?うーん。眠くない」

「そうか、それなら、最下層に挑むか?」

 最下層には、ボスが居る。
 今までの強さから考えると、それほど苦労はしないとは思うけど・・・。

 前から兄ちゃんに聞きたかった事を訪ねてみる。

「兄ちゃん。変なことを聞くけどいい?」

「ん?答えられることなら、答えるぞ」

「兄ちゃん。なんで、そんなに、睡眠時間が短くて大丈夫なの?おいらも、カルラ姉ちゃんも、8時間とは言わないけど、長時間は寝ないと、ぼぉーとしちゃうよ」

「ははは。カルラは、どれだけ寝ても、寝起きの機嫌は悪いよな」

 兄ちゃんの表情を見ると、怒っていない。
 呆れてもいない。ごまかそうとしている訳でもなさそうだ。

「うんうん」

「アルも、機嫌が悪い時があるけど、カルラよりは”マシ”だろう?」

「え?おいら?カルラ姉ちゃんよりは・・・。って、酷いな」

 おいらも寝起きがいいとは言わない。でも、兄ちゃんと比べたら、多分、すべての人が”寝起きが悪い”と言われてしまう。兄ちゃんと比べないで欲しい。カルラ姉ちゃんと同じだと言われるのも心外だ。

「ハハハ。悪い。悪い。アル。俺は、”寝ない”のではない。”寝られない”だけだ」

「え?」

 ”寝ない”と”寝られない”
 起きるのは同じだけど、兄ちゃんは”寝ていられない?”

「起きちゃうだけだ」

 起きちゃう?
 寝られない?

 なんで?

「・・・。なんで?」

 声に出ちゃった。でも、本当に、解らない。

「アル。寝ていると、夢を見るよな?」

 兄ちゃんは笑ってから、少しだけ考えてから、話を始めた。

「うん。覚えていないことも多いけど、見るよ?」

 誰でも、夢は見るよ?

「寝ると、短時間でも夢を見る」

「え?あっ。うん」

 短時間でも?
 うーん。見ているとは思うけど、覚えていない。

「夢は、いい夢ばかりではない」

「あっ」

 そうか・・・。
 兄ちゃんは、魘されている。
 おいらは聞いたことがないけど、カルラ姉ちゃんが・・・。

「睡眠時間が短ければ、寝なければ、悪夢を見ることも・・・。ない。父が、母が、カウラが、ラウラが、そして、ユリアンネが・・・。夢だと解っていても、手を伸ばしてしまう。夢の中でも助けられない。俺は・・・」

 そうだ。
 兄ちゃんは・・・。

「・・・。兄ちゃん」

「あぁすまん。アルに、そんな顔をさせてしまった。そんな理由で、俺は”寝られない”状況になってしまっているだけだ。短時間睡眠を繰り返すのは、昔からだから気にするな」

 昔から?

「・・・」

 兄ちゃんは、謝りながら、おいらの頭を撫でてくれる。
 辛いのは兄ちゃんなのに、こんな質問で、兄ちゃんを困らせたのはおいらなのに、謝らないで欲しい。でも、兄ちゃんは、謝るのが当然だと思っている。

 頭を撫でる手を止めて、おいらを見て来る。

「アル。食事をして、少しだけ休んだら、最下層に挑戦するか?」

「あっうん!わかった」

 兄ちゃんが、話を逸らしたけど、おいらには、兄ちゃんの苦悩は解らない。
 おいらは、悪夢でも・・・。妹に会いたい。おいらには、他に縋るものがない。

 兄ちゃんが、食事を出してくれた。
 簡単な物だと笑っているが、ダンジョンの中で食べると考えれば贅沢な物だ。兄ちゃんと一緒に居ると、携帯食を食べる機会が全くない。兄ちゃんと離れて、単独行動している時には、食事だけは辛いと思えてしまう。

 柔らかいパンと味付けされた肉の薄切り。それに、新鮮な野菜を一緒に食べる。
 あとは、よくわからないけどおいしいスープを飲んだ。食器は、簡単に水洗いをする。

 兄ちゃんは、少しだけ休むと言って、壁に寄りかかりながら目を閉じる。
 おいらは、眠くないから、武器の手入れをして、兄ちゃんが目を開けるのを待っている事にした。

 兄ちゃんの”少しだけ休む”は、30分だ。
 きっちり30分後に、目を開けて最下層に挑む事になる。おいらも、最低限の整備だけは終わらせておこう。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品