男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)

如月ぅ。

ノーエクスプレインノーアンダースタンドぉ。

本文

「ふふふ、女の子は初めて?大丈夫よ。力を抜いて・・・・・・」


  学校の人気のない一室。

  俺は今、爆乳というに相応しい胸を保持した美人先輩に言い寄られている。


  うん・・・・・・。状況の整理をしようっ。

 1、今日はクラブ体験。

 2、PC部が活動は基本自由とクラブ紹介に書いていたため、当初の予定を崩して皇と一緒にPC部に向かった。

 3、パソコン教室に行ったけれども誰もいなかったので皇は職員室に確認しに行った。

 4、皇が帰ってくるまで待っておくのも暇だし、適当にほっつき歩いてたら背後から何者かに変な薬を含んだハンカチを押し付けられて気絶。んでもって目が覚めたら冒頭の状態になっていた。

 まるで、名探偵コ〇ンのような展開だが俺はダイイングメッセージを残して死んだわけでもなく。これが名探偵コ〇ンなら、今頃小学生ぐらいの少年が俺の死体を見て「あれれぇ~。おかしいよぉ?」とちょび髭のオッサンや、デブで茶色い服を着た警官に言っている頃だろう。

 ほい。回想終了ッ。


  先輩のブラウスのボタンは、全部開けられていて、タンクトップもはだけにはだけてブラジャーも丸見え。

  俺は仰向けになって、床に押し倒されて、腰あたりに先輩が乗っている。

(つまり騎 位)

  先輩の柔らかい太ももとか、甘い香りとかが俺の感覚器官を通して、もろに伝わって来て。


  ・・・・・・つまりは俺のムスコの自己主張を止めるのもそろそろ限界で・・・・・・。

  先輩の手は俺の(私の)ブラウス

 にも伸びてくる。


 ヤバイっ。俺がパッド入れてんのがバレて男だとバレる!

 

 それにムスコがもう戦闘状態になりかけてるッ。


  そんな俺の心の声に先輩は気付くわけもなく 身体を俺に預けてくる・・・・・・

  ああー!胸が、胸がーーっ!!俺の腹辺りに先輩の胸の感触が薄い布越しに伝わってくる。


  くっ・・・・・・。もう限界か、本能的にも。


  ・・・・・・と、その時、勢いよくドアが空いた。


「失礼するッスよー。PC部が部長、七々扇真都梨さんはこちらっスかぁ?」勢いよく女子生徒が入って来た。


  紫色の髪に極限まで短くしたスカートの上からサイズが明らかに大きいダボついたセーターを着ている。


  見方によっては・・・・・・いや、初めて見たら絶対にスカート履いてないように見えるだろう。


「ありゃりゃ?取り込み中だったっスかあ?」半裸の2年の女子生徒が1年の女子生徒を押し倒していて疑問に思わないはずないか。


「いや、その、ち、ちょっと、待って頂けるかしら?」先輩が慌ててはだけた服を直しながら赤面した顔で言う。


  「いやーッ。ほんとに居るんスね、百合の人って。まさか自分が入部しようとしてる部の部長さんが百合で、どこにいるか分からないから探してみたらリアルタイムで後輩の女子生徒を襲っている所を目撃するなんて思ってもなかったスよぉ」


「百合?なんの事かしら?私達は・・・・・・その・・・・・・っそう、たまたま転けた私をたまたまここにいた夏樹が受けとめてくれて、たまたまそのまま私達は一緒に倒れて、たまたま着古してた制服のボタンが全部吹っ飛んでいっただけなのよ」


  いや、いくらなんでも無理が有るだろ!あんたの制服全部ボタンちゃんと着いてるだろっ!百合じゃないってじゃあなんなんだよ?

  それにこの先輩、セリフの中に『たまたま』使いすぎだろっ。それじゃ読者様が 読みにくいだろがっ!!


  「ま、別にいいんスけどね。取り敢えず この入部届けの部長のサインの所にサイ ンしてくれっス」


「私の行いの邪魔をした罪は重いわ。入部したいのなら私と勝負しなさいッ!」

「ンンッ。よく分からないけど望むところっス!」あ・・・・・・そうなるの。

 って言うかいきなり拉致られた俺になんの説明も無いんかああああああああぁぁぁ!!!!


後書き

ここまでお読み頂きありがとうございます。

この小説は現在タイトルを募集しています。お時間宜しければコメント欄にてタイトルをお願いします。んと、今回は微妙なところで切っちまいましたので謝罪をば。ごめんなさい。受験生なので少し時間が足りなかったんです。私の下手な作品を読んでくださっている優しいなろう読者様方はおこったりしないとは思いますが。もしお気に召しましたらブックマークや評価、感想などをお願いします。ま


「男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く