男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)

如月ぅ。

ヒロインは噛みキャラでいきましょう。

私立、城ヶ崎高等学校は、150年もの長い

歴史を誇る名門私立.......

それゆえか、学校はこの市で一番の

高台に建っている。

そんな名門校に入れた事に俺は

喜びを感じていた。


昨日まではな!!


※                                  ※                                      ※

「ハァ...ハァ...。

どんだけ坂長いんだよ.....」

あのババア

(こんな私を生んでくださった

偉大なる母君)

のせいでこのハメだよ!


俺は今、遅れかけてる入学式に向け、

城ヶ崎高校の最寄り駅、城ヶ崎駅から

高校にかけて続いている心臓破りの坂

を全力疾走している。

こんな事ならもう少し運動しとくべき

だったな。

今の俺の全力疾走は女子にしても

少しばかり遅い。


ハハッ....こんな快晴の晴れの日に

何やってんだろな..俺。

そんな感傷に浸り、走っている後ろから

何やら足音がすごい勢いで

近づいてくる。

シュッ    タタタタッ  

軽快なそれは俺よりも遥かに

速い。

もう俺に追いついて追い越していく。

女子生徒だな。

良かったな、お前は間に合いそうだな。

俺はギリギリ遅れそうだが....。



......と、俺を5mほど追い越したそいつは

走るのが遅すぎる女子生徒に気づいたのか

足を止めて俺の方に振り返った。

「何してんの?城ヶ崎高でしょ?

入学式に遅れりゅよ!」

そういうとそいつは俺の手をとって

走り出す。

遅れりゅ?

手をひかれると少しだけ走るのが

楽になり、速く走ることが出来る。

さっきまでは下ばかり見て

必死に走ってたから

気づかなかったけど

この坂の両脇には桜並木があった。

走っているためリズミカルに揺れる

そいつの長い髪と時折降ってくる

桜の花びらとのコントラストが美しい。

手をつないだ温もりが全力疾走により

血の気が引いて、冷たくなった

俺の手の感覚を戻している。



この温もり......

初めてじゃない。

コイツ...もしかして...。

※                                    ※                       ※

ここまでお読み頂きありがとうございます!

ここで切るんですねえ。

次回も楽しみにしていてください!

コメント等お願いします!

「男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 千夜ニイ

    ここで切るんですね!
    次話が、気になります(≧∇≦)

    0
コメントを書く