話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)

如月ぅ。

プロローグ 見た目は女、中身は男、その名は花間夏樹。

「花間さん、付き合って下さい!!」

今日の授業がすべて終わり、校舎

から生徒がいなくなり、クラブが無い日
なので
聞こえる音といったら、車が時折通り過ぎ
る音と室外機の音ぐらいになった放課後の校舎裏.......

話があると言われて校舎裏に

呼び出されたんだから告白されるんだろう

と予測はしていたがやっぱりか。

きちんと断らないとな

「ごめんなさい、中嶋君.....今は

友達との時間と勉強に集中したいの」



だって俺は男だ。


「そ、そうだよね。ごめんね、時間取らせて」

中嶋は世界の終わりのような顔をしながら

去っていった。

お前は野球部で磯○と野球に打ち込んどけ。


                ※                      ※                      ※

俺、花間夏樹は生まれた時から見た目が

女みたいだった。

腕は細いし、筋肉も運動しても

付かなかったし、

何より顔が綺麗(断じて自慢ではない)

だったので3人男兄弟の末っ子

の俺は母さんに女の子のように

育てられていた。

実際自分自身も幼稚園の時ぐらいまでは

自分が女だと思っていた。

家族はみんな俺の事を夏樹ちゃんって

呼んでいたから自分にはムスコが付いてる

のに母さんには付いていないなんていう

些細な違いには気付けなかったんだ。

小学生に上がってやっと気付いて母さんに

言ってからは男として接しられる事に

なったが気付くのが遅すぎた。

俺は自分が男である事に気付いてからも

時折女っぽい仕草が出てしまい

小学生と中学校の間は男の友達

からはオカマだと言われ随分いじめられた。

もちろん中身は男だし、女の子に興味

だってあった。

中学校に上がり、意識さえすれば

女の子みたいな喋り方も封印できるように

なった俺はこの能力を最大限使う事を

決めた。

高校に女子として入る。

そして自分のハーレムを手に入れてやる。

俺は高校に女として申し込んだ。

戸籍上は男だから無理かと思ったけど

『中身は女です』と自己申告書に

書いたら学校側が考慮してくれた

みたいで合格したつぎの日には

女子生徒の制服が届いた。





俺の人生はこれからだ。





※                              ※                         ※

調子に乗って二つも連載作品出して申し訳ありません。

如月ぅ。です。

ラノベを書くのはほぼ初めてですので

お気づきの点がありましたらコメント

お願いします。

アドバイス頂ければ嬉しいです。

この話の続きは不定期に出していくつもりですが、もし気に入ったら作家フォロー

お願いします。

いいねも待っています。

ここまでお読み頂きありがとうございました。



「男子が女子生徒として高校に入りハーレムを狙っている件(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 如月ぅ。

    お読み頂きありがとうございます!
    楽しみにしててください
    頑張りますので

    0
  • 千夜ニイ

    夏樹くんが、女生徒として入学してどうなるのか楽しみです。

    1
  • 如月ぅ。

    お褒めいただきありがとうございます!
    もちろんです。これからも読んでコメントします。

    0
  • seabolt

    seaboltです。このスタートは中々ですね。面白さを感じます。それとコメントありがとうございした。良かったらまたコメントして下さい。

    1
  • 如月ぅ。

    ありがとうございます!
    これからもガンガン更新します。
    北村さんの作品も読ませていただきます

    0
コメントをもっと見る / 書く