究極の捕食者 ~チート融合スキルで世界最強~

神庭圭

第1話 異世界召喚

 とある高校の放課後。クラス全員の残った教室では、生徒達が返却されたテストを見せ合いながら、喜んだり、絶望したりしていた。

「うわぁマジ最悪……志望校のレベル、下げなきゃ駄目かな」

(次勉強すれば大丈夫だって!)

「うお!? 最後漢字ミスってなきゃ100点じゃねーか!」

(お前そういう詰めの甘いところあるよな)

「赤点だが、大丈夫だ。問題ない」

(いや……頑張ろうぜ)

  クラスメイト達のそれぞれの台詞は、もちろん俺に対して放たれたものではない。これは最近の俺のトレンドであるシャドー会話。クラスの奴等の会話に心の声だけで参加するという、暇潰しだ。え、楽しいかって? もちろん虚しい。

 俺は自分の七瀬素空(ななせすぞら)と書かれた答案を見つめる。オール90点台のテストを、俺だって自慢したい。だが、俺はクラスで仲の良い人物が一人も居ないという、いわゆるボッチ。認めたくは無い。だが、どうしようも無い事実だった。だから、《テスト返却》という盛り上がるイベントが終わるまで、ひたすら耐える。耐えるんだ。

「静かに!」

 騒がしくなった教室に矢の様に鋭い声が響き渡る。緩んだ空気を引き締めるがごとく、教壇に立っている人物は手をパンパンと叩く。自分に注目せよとでも言いたいかのように。
 このクラスの委員長、姫川璃緒(ひめかわりお)である。そんな事をしなくても十分目立つ、日本人離れした容姿を持つ女の子だ。フランス人の母を持つというハーフであり、その美しい金色の髪は世の男子達を魅了する。西洋風の抜群に整った顔と青い目を持ち、出すぎず足り無すぎずという絶妙なバランスのプロポーションを持っている。

「みんな。今は文化祭の出し物の相談をしているのよ! テストの話もいいけれど、こっちに集中して」

 その整った顔でキリっと真面目な表情を作り、脱線していたクラスの雰囲気を軌道修正する。
 姫川は『姫』というあだ名で親しまれており、本人の生真面目でまっすぐな性格もあって、クラスの中心人物だ。放課後学級会の進行を、突如現れた担任の黒崎先生のテスト返却に邪魔されてイライラしているのかもしれない。だが、それでも凛とした表情は崩すことなく、皆の挙手を待つ。

 演劇、カフェ、やきそば屋、たい焼き屋……

 候補のどれが選ばれたとしても、友人のいない俺には辛い日々になることは間違いない。準備に参加すれば「ええなんかキモい~」と言われ、参加しなければ「何あいつ?」と後ろ指指される。もう三回目の文化際だ。知ってる。そして、救いがない。

「誰か他に意見はないかしら?」

 皆がどうしようか……とざわざわしている中、俺は姫の体をぼんやり眺めながら、ひたすら時が過ぎるのを待っていた。早く帰りたい。だが、突如背中を抓られる。 

「あ?」

 俺はできるだけイラついた声に聞こえるように言って、振り返る。これで女子ならば許せるのだが、俺は男子。当然後ろの席も男子だ。

「おい七瀬、メイド喫茶って言えよ」

 話し掛けて来たのは久住強太(くずみ きょうた)。名前の通りクズであり、何かと俺にちょっかいを出してくる。名は体を表すを地で行く嫌な奴だった。

「自分で言えよ」

「はぁ? お前姫のメイド姿見たくないのかよ?」

「いや、まるで意味わからねぇ」

 そりゃ見たいけど、それとこれとは話が別だろう……本当にこういう馬鹿と話していると疲れる。見たいなら自分で言えよ。

「そこ、うるさいわ! 意見があるなら挙手を」

 姫は俺と久住を指差し、注意してきた。まぁそりゃ怒るよな。ぷりぷり怒っている姿も可愛いが、その怒りを自分に向けられるのは嫌だ。その時、突然久住が立ち上がり、俺を指差す。

「はいはい! コイツ、七瀬がメイド喫茶がいいって言ってました!」

「ちょっ、おまっ……はぁ!?」

 コイツ何勝手に。案の定、教室は静まり返る。そして始まるひそひそ話。「うわぁ」とか「キモ」とかいう声は俺ではなく久住が言われているのだと脳内変換。案の定、姫は頭を抑えるような仕草でため息をついた。
 はは、アレが馬鹿を見る目か~冷てぇわ。

 そして、姫の横、黒板の前で書記をしていた女子がニヤニヤしながら振り返る。仙崎(せんざき)ゆとり。赤っぽく、そしてウェーブするように流れる長い髪をした、姫に負けず劣らずの美少女だ。彼女はどこか愉快そうに言った。

「ゴメンねー七瀬君。私らのメイド姿を見たいって気持ちは凄くわかるんだけどー。ってか、璃緒のメイド姿だったら私も超見たいけどー。ウチの学校の文化祭はメイド喫茶禁止なんだよねー」

「会の最初に説明したわよね? 聞いて無かったってこと?」

 もちろん知ってる。メイド喫茶を始め、大人の考える女子生徒が危険になるかもしれない系の出し物は禁止なのだ。だが、久住は知らなかったようだ。姫と仙崎の指摘にヤベっという表情をしている。だが、クラスの批判は俺に集まっている。なんてことだ。欲望丸出しどころか、話までちゃんと聞けない奴だと思われるじゃないか。

 「いやーなんかすんませんでした」

 とにかく場を収める為、立ち上がって全方位にお辞儀を繰り返す。そして俺は倒れるように着席し、背もたれに体重をかけ、天を仰ぐ。
 あー。早く家に帰りたい……そんなことを考えていた。今日のアニメはなんだったかなーとか、夕飯はハンバーグかなーとか。

 その時だった。

 周囲が突如光に包まれる。その光は、まるで世界の終わりを告げるかのように熱く、熱を持っている。机や照明器具が、ガタガタと激しい音を立てて揺れる。やがて床や壁、天井に亀裂が入っていく。

「地震か!?」

「みんな落ち着いて! とにかく机の下に避難して!」

 そんな姫の声が聞こえた。俺は我に返って、机の下に潜り込もうとする。だが、すでに何も見えなくなっていた。視界は全て白く塗りつぶされたのだ。内臓がひっくり返ったかのような気持ちの悪さと吐き気が襲ってきて、やがて収まった。

 気が付くと、俺達は教室ではない場所にいた。皆が皆、声も出せないようだった。

「おお、今回は成功ですぞ」
「31人……いやはや素晴らしい」

 そんな声が聞こえた。ある者には見慣れない、だがゲームや漫画に親しんだ者にはある意味見慣れた格好をした人間達が、俺達を見下ろしていた。そんな中、一際絢爛豪華な衣装に身を包んだ、20代後半に見える男性が前に出て、驚きの事実を口にした。

「ようこそ異世界の戦士達。我々は君達を歓迎する」

異世界……その言葉を聴いた瞬間、俺は異世界に転移したのだと悟った。

「究極の捕食者 ~チート融合スキルで世界最強~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルス・ギルバート

    んー、なんか、なんかなんか違う。なにかが足りない。

    1
コメントを書く