俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

魔物の国(2)二章63話


投稿遅れました。


「さてと、入るか」

良が大きな門に手をかける。
すると。

「おい、お前!何者だ」

突然問われると、良が少し焦ったように言う。

「俺は人間だ…ここの魔神獣討伐に来た」

そう言うと魔人が。

「魔神獣を討伐?いっひひひひひひー!面白いなぁー人間があの魔獣に勝てるわけがないだろー!」

良が思う。

「(意外と笑い声かわいいな)ま、まあちょっと気になったから」

「まあいいだろう。ほら、案内するぞ」

「(意外と親切なんだな。俺の魔人のイメージだと、オラオラ系のやつばっかだと思ったけど。やはり偏見はいかんな)」

良が案内される。

「こっこかぁー」

目の前には大きな闘技場があった。
そして周りには、「お祭りが開いているのか?」と疑うほど賑わっていた。そして本当にお祭りのような屋台まであった。

「じゃあ、せいぜい死ぬなよ」

魔人が良に注意を受ける。
良が魔人に礼をする。

「(親切なやつだったな)」

良が闘技場の前で大きく息を吸う。

「(そんなに強いんかな……なんか急に怖くなってきた…)」

良が闘技場の中に入ろうとする。

中に入ろうとすると、受付人のような人がカウンターで立っていた。

そして良がカウンターに立っている受付人に話しかける。

「あの、魔神獣の討伐をしたいんですけど」
 
と受付人に言うと。

「はぁ。わかりました」

と受付人が呆れたように返事をする。

「なにかの罰ゲームですか?あの魔神獣はおよそ数百年何も食べずにここまで生きています。そして様々な勇者が討伐しようとしましたが、未だに倒されていません。命の保証も全くありません。それでも本当に参加しますか?」

受付人が少し威圧した感じで良に話す。

「(そ、そんなに怖いのか……)あの…報酬ってありますか?」

良が受付人に報酬があるか聞く。

「報酬はかつて魔人の勇者が使っていた、魔のキューブです」

良がその話を聞くと受付人に問う。

「そのキューブにはどんな効果が有るのですか?」

そう聞くと受付人が即答する。

「わかりません」

良が悩む。

「(効果がわからないのか〜。でも魔人の勇者が使ってたっていうし、大層なものだろう。)わかった。参加する」

そういうと、吹っ切れたように受付人が言う。

「わかりました。では頑張ってください」

そういうと、突然良の足元に穴が開く。

「へぇ!?」

良が穴の中に落ちる。

そして良が穴の最下層に落ちる。

「痛った〜」

そう言い良が目の前を見ると、牢屋のように見える場所にいた。
目の前には柵のような物があった。
そして柵の先には魔獣と戦っている魔人がいた。



「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く