俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

エール美味ぇぇぇぇ二章61話

良「(パーティーの勧誘か…ありがちだな、でも俺にはあいつらがいるから)ごめん俺は無理だ」

ハバナ「どうしてだ?」

良「いや、俺には……仲間がいるから」

ハバナ「そうなのか。わかったよ」

良「……というかこれ美味しいな」

と言いあたりめの様な物を指差す。

ハバナ「そうだろ、なんたって異世界人が教えてくれた料理なんだぜ!」

良「へー(じゃあこれはあたりめなのか)」

ハバナ「そういやさっきっからエール飲んでないけど、嫌いなのか?」

良「いや、俺は年齢制限で飲めないんだ」

ハバナ「ん?何言ってるんだ、エールを飲むのに年なんて関係ないだろ?」

良「(この世界では誰でもエール、つまりビールが飲めるのか)じゃ、じゃあ俺も飲もうかな!」

良い子は真似しないでね!

ハバナ「よし、飲め飲め」

と言いエールを渡す。
良がエールを飲む。

良「くぅ〜(思ったのと違うな、だけどうまい)」

ハバナ「どうだ?」

良「ちょっと苦い物だと思ってたけど、意外とっていうかめっちゃ甘いんだな(なんかりんごジュースみたいだったな)」

ハバナ「お前ほろ苦いエールを飲んだことがあるのか!?」

良「あ、あぁ(小学生の時にお父さんのビールを舐めたことがあったな)」

ハバナ「お前って、どこかの貴族なのか!?」

良「ん?違うけど」

ハバナ「そ、そうなのか」

良「なんで、俺を貴族と思ったのか?」

良がハバナに問う。

ハバナ「いや、ほろ苦いエールは貴族に好まれて、高値で取引される物なんだよ」

良「へー」

その後も良とハバナがエールを飲みながらワイワイ話す。
外を見ると真っ暗だった。

良「暗っら!」

ハバナ「かぁ〜もう朝だなぁぁぁ〜〜」

ハバナが酔っている。

良「お前流石にエール50杯は飲みすぎだろ」

ハバナ「俺はぁ〜 ︎いつも〜 ︎100は飲んでいるんだぞ〜 ︎」

良「その話は何回も聞いたよ」

と言っていると、ハバナの仲間が迎えにくる。

ハバナ「待て待て〜 ︎まだ〜 ︎飲めるぅ〜 ︎」

仲間の女性が良に謝る。

「すいません!うちの仲間が」

そう仲間に言われると、良が答える。

良「いえいえ、俺もエール沢山飲んで楽しかったんで」

そう良がハバナの仲間に言うと。

「でも、お前がドラゴンの群れを倒したと思うとまだ信じられないな〜」

そう言われると、良が仲間に問う。

良「そんなにドラゴンが強いのか?」

「強いに決まってるだろ!王国騎士団長でも1匹倒すのに苦労するんだ」

良「じゃあなんで、そんなに強いドラゴンがこの辺りの森に?」

良が大柄の仲間に問う。

「それがな、この辺りにはドラゴンの好む草があるんだ。でもそれを放置するとドラゴンが近づくから、毎年欠かさずその草を刈ってるんだけど、今年はそれを刈るのを忘れたらしくて、あんな状況になっちまったのさ」

良「へー」

そう話していると。

「おっと話していたら、さっきより暗くなっちまった、じゃあな」

と言い仲間がハバナを連れて去る。
良が思いついたように呟く。

良「あっそうだ、ハバナってお金払ったのかな」

後日……


請求書

冒険者ギルド・月

請求額

銀貨9枚



ハバナ「あ……」

ハバナが請求書を見て絶句する。
すると仲間がハバナに言う。

「……どんまい☆」

ハバナ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」




「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く