俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

クリスマス 特別話(1)

注意:これは非リアの俺が作った物語です。茶番を目的としています。あまり期待しないでください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



良「くぅーーーーかぁーーーー」

良が朝手を伸ばす。

ドライ「どうしたのですか?主人」

良「来たんだよこの季節が」

ドライ「?」

良「クリスマス来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ドライ「あぁークリスマスですね」

良「そうなんだよ……ってクリスマスわかるんだ」

ドライ「?分かりますよ」

良「じゃあ今日はクリスマスパーティーだな!(日本では毎年欠かさずクリボッチだったから、異世界に来た今、念願のクリスマスパーティーだぁぁぁぁぁぁ)」

ドライ「すいません、私は友達とする予定なので」

良「…………あっそう」

良が倒れる。
しばらくして良が起きる。

良「ドライが行けんのか……じゃあみんな誘っと」

良が片っ端から誘う。

良「なあナキタ、クリスマスパーティーしようぜ」

ナキタ「あ、俺ファンクラブでパーティーするから。ごめんパスで」

良「あぁぁぁぁぁん?」

ナキタ「じゃあね!」

ナキタが行こうとすると。

良「[クリボッチの呪い(ハメを外すごとに友達が一人去る)]くくく、友を捨てた……罰だ」

良の顔が悪くなる。

良「じゃあ次は誰誘うかな〜……線大だ!あいつなら俺のこと慕ってるから、同情してパーティーしてくれるはずだ!」

良が線大のところに行く。

良「なあ今日クリスマ…」

すると線大がわかっていたかのように言う。

線大「僕今日用事あるんで」

良「………[クリボッチの怒り(効果、地味な不幸が一日中訪れる)]お前もだ……線大…」

良がまた線大に呪いをかける。

良「………あと男子は圭人と義朝か……」

良が義朝と圭人の場所いにく。

良「なあお前ら、一緒にクリスマスパーティーしようぜ!」

義朝「ああ、いいすっね!」

すると良が嬉しそうに言う。

良「…….よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

良が喜ぶと圭人が話す。

圭人「ちょっと、今日はクリスマスパーティー誘われてるだろ。友達にもこれ以上誘うなって言われてるじゃん」

良がその話を聞くと。

良「……俺はぼっちじゃない。俺はぼっちじゃない。俺はぼっちじゃない。俺はぼっちじゃない。俺はぼっちじゃない……」

良が小声でそういうと、圭人が話す。

圭人「じゃあ僕たちはこれで…」

圭人と義朝が去る。

良「……[ぼっちの無慈悲(効果、笑うと魔力が100分の1減る)]

良「あとは……ユナ、シールラぐらいか…」

良がユナとシールラの場所に行く。

良「なあ今日、クリスマスパーティーしよう!」

良が明るく言うと。

ユナ「ごめんね、今日無理なんだ」

シールラ「私とユナは一緒にお泊まり会をするんだ。女子二人と男子一人のお泊まり会なんて………だから無理なんだ」

良「わ、わかった(………終わったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、異世界に来てまで俺は、クリボッチなのかよぉぉぉぉ)」

ユナ「じゃあね」

良「お、おう」

良が呪いをかけず家に帰る。

良「………はぁ……何しようかな…あはは」

良が現実逃避していると。

ライト「クリスマスには特殊な魔物が現れるんですよ、なのでそれを狩ってみてはどうでしょう」

良「……それしかやることがないからな」

良が森へ向かう。

良「あれかな」

良がキラキラしたイルミネーションを体に身につけている魔物を発見する。
その数なんと、100はくだらない。

ライト「あれです。あの魔物の名は[リア充の幻影]です」

良「リア……充…」

良が黙る。

ライト「どうしたのですか?」

良「狩る。特殊魔法[リア充爆破]」

良が魔法を放つと、100はいたリア充の幻影が跡形もなく消える。

良「くくく、まだだ」

ライト「南方面に1,000体ほどのリア充の幻影がいます。その中にはリア充の幻影の上位互換、リア充がいます」

良「ほう、本物のリア充か…狩るぞ……。てかリア充の幻影倒してから、体が軽いんだけど」

ライト「はい、それはリア充の幻影を倒したボーナスです。基本的にリア充の幻影はドラゴンの力がありながらも、戦闘意欲がないため攻撃された時に攻撃する魔物なのです。そのため普通のドラゴンより、レベルが上がりやすいため体が軽いのです」

良「そうなのか…了解」





「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ショウ

    イイゾモットヤレ、ソシテ、リアジュウヲボクメツスルノダ

    1
  • ゆりっぺ

    技名ダサすぎて読む気失せた

    0
コメントを書く