俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

…あ… 二章55話

朝。

良「んーはーよく寝た」

ドライ「おはようございます。主人」

良「おはよう!」

ドライが不思議そうに良に問う。

ドライ「何かあったのですか?主人」

良「今日は騎士団が学院にくるらしいから」

ドライ「そうなのですか!」

良「だからさ…あんまり…ドライのチートっぶりを…出すなよ」

ドライが不思議そうに良に問う。

ドライ「なぜなのですか?主人」

良「だって…騎士団がドライのチートっぶりを見てスカウトしてきたらどうする?」

ドライ「断るのです」

良「でも、ドライは騎士団に入りたくないだろ?」

ドライ「はいなのです」

良「でもこのザン国家は、そんな逸材を放っといては置けないだろ?」

ドライ「そうなのですか?」

良「そりゃそうさ、万が一に他の国にドライが加担したら、脅威になること間違い無いだろ?」

ドライ「そうなのですか」

良「だからドライのチートっぶりを見せなかったら大丈夫って言うことだよ」

ドライ「なるほどなのです!」

良「よし!じゃあみんな連れて学院に行こう!」

ドライ「じゃあ私はみんなを呼んでくるのです」

良「おう、了解!」

良たちが広場に集まる。

良「じゃあ学院にレッツゴー」

その他「おー」

良たちが学院に着く。

良「よっしゃ、とりあえずだ。騎士団の前ではチートっぶりを出すなよ」

ドライ達「はーい」

良達が教室に行く。
良達が教室で楽しく話をしていると、アイヤ先生と騎士団団長らしき人物が入ってくる。

アイヤ「さ、みんな席について」

生徒達が素早く席に座る。

団長「最近の生徒は行動が早いんですね、うちの騎士達にも見習って欲しいものです」

アイヤ先生に話しかけた、団長が微笑ましく言う。

アイヤ「そうですか?おほほ」

アイヤ先生が鼻を高くする。
アイヤ先生がご機嫌そうに喋る。

アイヤ「じゃあ早速、団長さん。早速」

団長「はい、わかりました」

すると団長が水晶を取り出す。
団長が水晶を持ち上げると喋り出す。

団長「この学院に魔人がいるとの情報が入った!今からここにいる全員に水晶を触ってもらう」

周りがざわつく。

「マジかよ」

「お前じゃないのかよ」

「俺じゃねーよ」

良が困惑する。

良「かぁー(マジかよ、どうすりゃいいんだよ、俺は魔人じゃないけど…なんやかんや理由をつけられて連れ去られる未来が見える)」

ナキタが安心そうに言う。

ナキタ「問題ないな」

そう言うナキタに良が教える。

良「お前…魔王だろ?」

ナキタ「…あ…」

ナキタが終わった顔をする。

———————————

最近投稿遅れてすいません。最近まで試験期間だったので投稿が遅れました。試験期間が終わったので投稿が早まると思います。
これからもこの小説をよろしくお願いします。

あといいねとフォローも是非!

by卵

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く