俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

ナキタが最近暴力的なんだが二章53話

ナキタが不満そうに言う。

ナキタ「別にそこまでして怒る事ないだろ!」

良「怒るに決まってんだろ!場所が悪かったら俺死んでたぞ!」

良が激しくナキタに怒る。

ナキタ「そんなんで良が死んだら、俺は良に負けたりしないね!」

良「でもな!死ぬとか死なないとかの問題じゃなねーだろ」

ナキタ「いいじゃないか」

良「よくねーよ」

ナキタ「だったら…慣れるまで[暴剛腕極ぼうごうわんきょく]」

良「[縮地の極み]っあっぶねーな」

義朝「ま、まあまあ」

友香「喧嘩は良くないよ」

良が友香と義朝に言う。

良「くっ…まあ俺も言いすぎた。ナキタごめん」

ナキタ「あ、俺もごめん」

良とナキタが謝る。

友香「はあーよかった」

ドライ「ちょっと主人とナキタさんの戦い見たかったです」

良「とりあえず暴力以外で生気力を集める方法しらない?」

ナキタ「知らないな」

義朝「わかんないですね」

線大「知りませんね」

友香「授業では苦痛が一番とか言ってたし」

ドライ「私も知りませんね主人」

圭人「知らないですね」

良「じゃ、じゃあやっぱり」

ナキタが明るく、そして良にそれみろと言わんばかりに言う。

ナキタ「苦痛しかない!」

良「くっ……あんまり痛くしないで」

ナキタ「じゃあ場所変えるか。学院だと変な目で見られるからな」

良「じゃあ家?」

線大「そうっすね」

義朝「じゃあナキタさん僕用事があるので…」

友香「私も…」

圭人「僕も…」

線大「じゃ、じゃあ俺も……」

ドライ「ちょっと龍仲間に会ってきます」

線大がつぶやく。

線大「師匠…頑張って」

良「え…今なんて……」

ナキタ「よし行くぞ」

ナキタが良を引きずり、家に連れて行く。

ナキタ「よし、じゃあまず精神魔法を覚えるぞ」

良「わかっ……」

早速蹴りを入れられる。

良「ちょま…」

ナキタが無言で蹴りを入れる。

ナキタ「よし生気力値溜まったか?」

良「痛った……くないけど…痛てーよ」

ナキタ「まあまあ」

良「えっと生気力値ってどうやってみるんだ?」

ナキタ「ステータスを開いて生気力値っていうんだ」

良「わかった。ステータス、それから…生気力値」

生気力値

[1,000]

良「1,000だな」

ナキタ「1,000 ︎?」

ナキタが変に声を上げる。

良「1,000で何がおかしいんだ?」

ナキタ「義朝にやった時は今ので大体、60ぐらいだったかな」

良「60って少なくないか?」

ナキタ「いや…これが普通…」

良「じゃあ俺は…」

ナキタ「異常だな」

良「へ、へー」

ナキタ「とりあえず生気力が溜まったなら早速魔法を覚えたらどうだ?」

良「そうだな(ライト、生気力で精神魔法を覚えたいんだが)」

ライト「わかりました……精神魔法……同時に洗脳魔法……神聖魔法項目開きます」


精神魔法

下位
[ストレス]50
[不満]60

中位
[鬱]100

上位
[依存]500
[トラウマ]1,000

洗脳魔法

下位
[洗脳(一人だけを洗脳できる)]2000

中位
[範囲洗脳(五人を同時に洗脳できる)]5000

上位
[広範囲洗脳(半径1km内にいる人を洗脳する)]20000

神聖魔法

[魔法攻撃向上]100000


良「なんかすごい値が高いんだが」

ナキタ「そりゃそうだろ、覚えるのに困難な魔法の上位なんだから」

良「へー」

ナキタ「じゃあ早速今の値で覚えれる魔法覚えたら?」

良「わかった」

——————————————————

切りが悪くてすいません。
あとテスト期間なので投稿が遅れると思います。



「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く