俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

精神魔法[サイコパス]二章49話

良「うわ……カッケー……」

アルツ「怖気付いたか?」

良「ん?ここからが本番だろ?」

アルツ「あ、ああ。ここからが本番だ(何故だ何故この俺の魔法を見て怖気付かない…〜)」

良「そんじゃお前が来ないならこっちから!」

と言い良が剣を構える。

アルツ「(は、はやい)行けー!」

アルツが魔法を発射させる。

良「(なあライト、あの魔法も武器化でいるか?)」

ライト「可能です」

良「(了解!)」

アルツ「俺の魔法に打たれて死ねえぇ」

周り。

「「「うぉぉぉ」」」

良「よし行くぞ![武器化]! ︎」

アルツの無数の魔法弾を全て短剣に変える。

アルツ「なっ……」

ライト「スキル[魔法武器化]を獲得しました」

良「(よし、成功)これでお前も終わりだぁぁぁぁぁ」

アルツ「やめ、やめろぉぉ。俺の最大攻撃魔法がぁぁぁぁ」

良「じゃあ魔法に戻すよ」

アルツ「え……本当か!?」

良「うん(ニコ」

良が左手を大きな手にし、短剣を全て持ちアルツに投げる。

良「返すよ[武器化解除]」

アルツが放った魔法がアルツに向かう。

アルツ「え…うそだ、うそだぁぁ」

良「冗談だよ」

と言い左手を短剣に変え魔法に当てる。
そうすると魔法が後ろから斬れる。
魔法が斬れると短剣が消える。

アルツ「あ、あ、あ、」

アルツが腰を抜かし倒れる。

周り。

ざわ・・ざわ。

「やばくないか?」

「不正してるだろ!」

「いや……みんな見てて、魔法発動も見えなかったから、これはあの雑魚本人の力じゃなのか?」

「それだともう雑魚じゃなくね?」

「それな!」

良が淡々と喋る。

良「僕が言いたいのはただ一つ」

アルツ「な…なんだ?」

良「いままで俺らにした事を謝り、本当の事をここにいるみんなの前で話す。これをやって欲しいんだ」

アルツ「え……え?」

良「まあしないと……わかるよね」

と言い左手を短剣に変える。
そして先まで笑っていた顔が冷酷な顔になる。

アルツ「あ、あ、あ」

アルツが大きな声で言う。

アルツ「今までみんなに言ってきたのは全て嘘です ︎ドライを僕の物にしたくてついた嘘です!すいませんでした!」

周りが焦る。

「え?まじかよ」

「信用してたのにな〜」

「いくら大公爵でもそんな事でここまでするなんて」

「ちょっと信じらんない」

良がニヤリと笑う。
するとナキタが喋る。

ナキタ「あいつ精神やばくね?」

線大「なんかいつもの師匠じゃないみたいで怖いっす」

ドライ「主人大丈夫かな?」

ライトが焦りなら良に問う。

ライト「精神状態が不安定です」

良「(俺は大丈夫だよ)」

ライト「良さんの精神状態を確認したところ精神魔法[サイコパス]にかかっていることが確認できました」

良「(え?俺は全然……)」

すると良が短剣を持ちアルツにじわじわと近づいていった。




「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く