俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

貴族…ごめん 二章46話

アルツ「まずは小手調べだ。進行なる貴族の神よ我の期待に応え力を授けよ[神の力ゴットパワー]……これで身体能力が上がった」

良「ん?身体能力をあげて勝負か?」

アルツ「なんだ?不満か?お前みたいな奴魔法で首席をとった類だろう。そんな奴と戦うなら苦手と思われる剣で決闘するに限る」

良「くっ」

良が笑う。

ナキタ「あいつ、あははまじかよ、あはは」

ドライ「主人ーやっちゃってくださいー」

良「はいはい」

アルツ「なんだ?お前の仲間は頭が弱いのか……まあいい[迅剣術]」 

良「(迅剣術って事は早い斬撃って事ね……え…おっそ)」

良が余裕でかわす。

アルツ「なっ俺の剣術を交わしただと」

良「え?…….まさかと思うけどいまのが限界?」

アルツ「まだだ[斬撃][斬撃]!!!」

アルツが無茶苦茶に剣を振る。

良「全く馬鹿だな[龍超連斬撃]」

良が瞬時に左手を剣に変え斬る。
そしてアルツが持っていた剣を細かく斬る。

アルツ「なっ……この俺の剣が……家宝の剣が……」

良「ごめんね」

良が軽く謝る。

アルツ「ふざけるな……ふざけるなー!!」


 手下「アルツ様その魔法は!」

アルツ「邪魔をするな。極度の怒り報告の表れ深淵なる力よ我の魔力に応えそして現れよ[召喚魔法“魔人”] ︎ ︎」

良「なんだ?魔人ねぇ」

アルツ「魔人やっちまええ!」

魔人「コク[破]」

魔人が良に攻撃する。

良「はあ、まだ続くのかよ。だったら俺も[極炎魔法“天の炎”]」

魔人が焼け塵になる。

アルツ「な…なんだと」

そうこう戦っていると。

カント「そこまで!」

カントが大声で止めにかかる。

アルツ「何故ですか、もう少し時間を貰えればあいつを倒せたのに」

カント「そうか?私にはボロボロに負けた所が目に入ったが」

アルツ「そ、それは」

カント「早く教室に行け!」

アルツ「は、はい!」

手下「は、はい」

アルツと手下が教室に行く。

カント「何事とかと思って見に来てしまった……あのまま行けば良君、アルツ君を殺していただろ」

良「別にそんな事は」

カント「いいから早くお前らも教室に行け!」

良「はーい」

良達がそそくさと教室に戻る。

カント「全く最近の子は危なっかしいな」




「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鵐黼屨臧頤鸕覺

    セリフが棒読み過ぎ
    感情が伝わってこない

    1
コメントを書く