俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

予想を超える展開 二章44話

ノーラとの激闘から2日ほど経った時。

良「今日は異世界初の学院登校日だー!」

良は1人ウキウキしていた……その理由としては。

良「はあー今までチート持ちしか周りにいなかったけど、これからは常人しかいない魔法学院に行くんだー!これから俺の異世界“俺TUEEEEが始まるんだーー!」

良が1人で部屋の窓を開け叫ぶ。

ドライ「主人どうしたのですか?朝から叫んだりして。ふわーん」

ドライが大きなあくびをしながらな問う。

良「今日はな俺の異世界初の学院登校日なんだよ!」

ドライ「それはそれは。私も主人と同じ学院に入れて何よりです」

良「そうかそうか…… って…え?…えーーー!?」

ドライ「なんでそんなに驚くのですか?主人は私と一緒の学院生活は嫌なのですか?」

良「な、なんで学院に入れたんだ……」

ドライ「それはノーラとの激闘の後、主人が1人部屋でステータス確認と魔法練習を行なっていたので邪魔をしたら悪いと思って家の中を探検してたんです」

良「そ、それで」

ドライ「そしたら線大さんと出会って」

良「それで?」

ドライ「その後に圭人さんと友香さんと義朝さんに会って」

良「それでそれで?」

良は震えていた……。

ドライ「そしてナキタさんに会って」

良「う、うんそれで?」

ドライ「そしてカントさんに会って」

良「うんうん、それで?」

ドライ「カントさんに学院の事を聞いて私が入りたいです!って言ったら線大さんと友香さんと圭人さんと義朝さんが、同じく学院に入りたいと言ったら、カントさんが『おっけー』と言ってくれたので入る事ができたのです!」

良が1人大きな声で言う。

良「………うっそん」

ドライ「嘘じゃないです」

良「……まあ……すぎてしまった事にとやかく言う筋合いは俺にないからな(俺の俺TUEEEEEが…涙)」

しばらく良がベットの上でうずくまっているとドアが叩かれる。

線大「師匠ー師匠ー今日は学院の登校日ですよー!」

良「あいつまで行く気満々だ……線大!今行くー」

良とドライがドアの外に出る。

線大「もう遅いっすよ」

良「そうかな?」

線大「そうですよ。もう師匠とドライちゃん以外みんな外の広場で師匠を待ってますよ」

良「ごめんごめん」

3人で外の広場に出る。

ナキタ「おっそいぜ良ー」

良「ごめんごめん」

友香「じゃあみんな揃った事だし!学院にレッツゴー!」

良「おー!?」


この日から俺の学院生活が始まるんだ。


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く