俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

無理ゲー二章43話

良「……ここは…」

ノーラ「ここはね俺が作った空間。[開闢魔法]の最終形態なんだ」

良「……まじかよ」

ノーラ「この空間では俺にダメージを与えることは出来ない」

良「……え……き、聞き間違いかな?」

ノーラ「この空間では俺に[魔法][物理]全ての攻撃に関しては俺にダメージを与えられない」

良「そんなん……チートだよ…」

ノーラ「この空間でお前はただこの俺に無残にやられればいい」

良「くっ(ライトどうすればいい)」

ライト「可能性はんん一つあります」

良「(本当か!?)」

ライト「はい。地面に手を当て」

良「(こうか?)」

と言い良が地面に手を当てる。

ノーラ「何をやっている降参か?無様だな」

ライト「そして手を当てながら[スキル武器化]と言ってください」

良「(わかった)[スキル武器化] ︎」

ノーラ「まさかこの空間を武器化すると言うのか!」

良「ああそうだぜ」

良がスキル武器化というと白い空間が消え元の図書館があった。

ノーラ「ば、ばかな……夢だ!夢なんだ」

良「残念だな夢じゃない」

ノーラ「この空間が……武器になるなんて」

良の手にはキラキラと光り輝く大きな大剣があった。

ライト「スキル[スキル武器化]取得」

良「これでお前を殺す。やられた分だけやり返す」

ノーラ「やめ、やめろー!」

良「じゃあな[ラグナロクの序章]」

ノーラ「やめーーー」

良が剣を振りノーラに当てると。

良「ノーラが消えてく?」

ドライ「主人の大剣の中に入ったと思うのです」

良「そうか……。これで一件落着?」

ドライ「そうなのです!」

良「ノーラって結構……強かったな」

ドライ「そうですね」

良がいる街の上空。

カイ「なーんだ。結局[闇覚醒やみかくせい]起こらなかったなー。ルキフゲ様に報告しなくちゃ。でもなー僕地獄あんまり好きじゃないんだよなー。あーあーもうちょっと地上で遊びたかったなー」

???「おい、もうお前の任務は終わったろ」

カイ「連絡早いっすよ」

???「早く帰ってこい」

カイ「えー」

???「早く帰らないとルキフゲ様にチクるぞ」

カイ「それズルイ!チクリは嫌われる行動だよ!」

???「あのな……悪魔がいくら嫌われようと別にいいだろ」

カイ「あっ!それもそうだったね」

???「じゃあ早く帰ってこい」

カイ「はーーーい」

その瞬間カイが瞬時に消えた。

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く