俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

こりゃあ…俺も本気を出さなきゃな二章42話

ドライ「主人行きますよ」

良「ああ、敵も戦う気満々だからな」

ノーラ「[復讐の金槌]まずは1つ目」

ノーラの手から突然金槌が出現し瞬時に良の肩を叩く。

良「うっ…痛く…ない」

ノーラ「2つ目」

また肩に当たる。

良「(早すぎて見えね)ドライ剣になってくれ」

ドライ「はいなのです」

ドライが剣に変わり良の手に飛ぶ。

良「よしドライ行くぞ」

ドライ「わかったのです」

良「[縮地の極み]」

良が瞬時にノーラの後ろを取る。

良「[龍連斬撃]行けぇー」

ノーラ「甘い」

良が降った剣を軽々と受け流す。

ノーラ「3つ目」

また良の肩に当たる。

良「(なんなんださっきっから1つとか2つとか)」

ドライ「恐らく[カウントダウン]スキルだと思われます」

良「(カウントダウン?)」

ドライ「はい。スキルにより決められた回数相手に攻撃し、決められた回数攻撃すると強力な技を放つことができるスキルです」

良「(なんほど。了解した)ドライ」

ドライ「なんでしょう主人」

良「作戦変更。避けることを前提に戦うぞ」

ドライ「わかりました。なら[龍速][龍眼]」

すると良の眼に龍の様な模様が浮かぶ。

良「なんだこれ」

ドライ「これは主人の《眼》を強化したのと主人のスピードを格段に上げたスキルなのです」

良「わかった。ドライありがとう」

ドライ「なんのこれしき」

ノーラ「………おしゃべりは終わったか?」

良「ああ、終わった」

ノーラ「そうかそうか。こちらも助かったよ」

良「何がだ!?」

ノーラ「お前らが喋っていたお陰で大魔法
の準備も満タン。さあ戦おう。お前を殺したくてうずうずしているんだ」

良「だったら早く終わらせよう」

ノーラが不気味な笑みで微笑む。

ノーラ「随分と余裕だなこれから起こることがわからないのか」

良「俺は…勝つ」

ノーラ「いいだろう。その自信だけは褒めてやる」

良「行くぞドライ」

ドライ「了解なのです」

ノーラ「[アシスト]」

一瞬でノーラが消える。

良「後ろか!」

ノーラ「(バカな…何故今のスピードを目で追える)くっ」

良「(これは龍眼の効果か)ドライ避けることを前提で攻撃開始だ」

ノーラ「わかったのです」

良「行くぞ[龍連斬撃]」

ノーラ「[スピードアシスト]まだまだだな」

ノーラが良の龍連斬撃を全て紙一重で避ける。

良「今のを避けるか……全力を出すしかない様だな」

ノーラ「もういい俺も本気を出すか。カイも遠くへ逃げた様だからな」

良「ドライ!防御の準備」

ドライ「わかりました」

ノーラ「[開闢の表れ灼熱終極かいびゃくのあらわれしゃくねつしゅうきょく]」

ノーラが魔法を使うとそこは図書館ではなく別の白い空間だった。


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く