俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

勇者だー 二章26話

良「おいおいおい起きろナキタ」

ナキタ「zzz……んーな〜に〜」

良「城についたから行くぞカント先生も待ってる」

カント「そうだぞナキタ早く勇者召喚の所に行かなくては」

ナキタ「は〜い〜」

良「一応起きたな」

ナキタ「よし、じゃあ勇者達の所行こっか」

良「よしナキタも起きたから勇者の所行くか」

カント「そうだな、門番に言わなくては」

門番「あ!カントさんこんにちは今日は勇者召喚に立ち会いにきたのですか?」

カント「そうだ、この二人も連れだ」

門番「そうですか、ではお通りください」

カント「ありがとう」

カントに連れられて良とナキタが勇者召喚を行うであろう広間に来た

良「(ひ、ひろーー)」

ナキタ「(ひろーー)」

良「ナキタ広いな」

ナキタ「本当だなめっちゃ広いなーー」

カント「あそこだ、行くぞ」

良「わかりました」

広間の中心の所に行く

良「(かー、兵士がいっぱいいるなー)」

王様「では、これから勇者召喚を始める、皆の者魔力をこの特殊結界魔法変結陣とくしゅけっかいまほうへんけつじんに注いでくれ」

周りの人「わかりました」
と言い魔力を流し込む魔力を流し込むのはエルフらしき耳の長い人それにマントを着ている魔術師のような人それに10人の勇者それにカントそしてナキタが全員魔力を魔法変結陣に注いでいた

魔法陣「ゴゴゴゴゴ」

王様「動き出したぞ」

魔法陣がゴゴゴと言う音を鳴らし終わったらその魔法陣の中に良目線日本人らしき人が3人いた。

王様「せ、成功だ」

周り「うおーー」

召喚された人A「な、なんだここは」

召喚された人B「まさか学校帰りに異世界召喚されちゃったのか……」

召喚された人C「そ、そうみたいね」

良「(やっぱり日本人だ)」

召喚された人達はイヤホンやヘッドホンそれにスマートフォンやバックを持っていたそしてその3人が魔法陣の中で囲うように話をしていた。
召喚された者Cの見た目は普通に可愛い女の子みたいな感じで身長は170程胸は小さい。
召喚された者Aの見た目は真面目な感じを思わせる雰囲気でメガネをかけているそして首にヘッドホンを付けている身長は180程。
召喚された者Bは完全に体育会系半袖短パンの体が目立つ身長はこちらも180程だ。

王様「勇者様どうか貴方達にこの世界を救って欲しいのです」

召喚された人C「わ、わかりましたそれよりここはどこですか」

良「(物分かり早いな……)」

ナキタ「(zzz)」

秘書「ここは、このお方の城です」

王様「そうだ私の城だ」

召喚された人C「そうですか…….それより自己紹介がまだでした私の名前は“安藤友香あんどうゆかです」

召喚された人B「俺が松崎圭人まつざきけいと

召喚された人A「僕が羽田義朝はねだよしともです」

王様「そうかそうかそれより早速ステータスを見せてくれ!」

安藤友香「す、ステータス?」

王様「そうだ、そなた達の世界にはステータスが無かったのか?」

安藤友香「はい、無かったもので」

王様「そうかそうか秘書教えてやれ(まずいな……ステータスを知らないとなると魔法はない世界にいたと言うことになるのか……果たして戦えるのだろうか)」

3人「「「ステータス」」」

安藤友香

種族
[人]

レベル
[1]

HP
1万
魔力
3万
攻撃力
5千
防御力
3千
魔法攻撃力
1万5千


職業
[魔法使い]

スキル
[完全熱耐性]
[魔力回収]
[身体能力大]
[炎魔術火力拡大]
[経験値100分の1軽減]



[0]


属性
[火]
[炎]
[土]
[精霊]
[光]


称号
召喚されし者
人知を超えし者


松崎圭人

種族
[人]

レベル
[1]

HP
1万5千

魔力
3千

攻撃力
2万3千

防御力
5千

魔法攻撃力


職業
[暗殺師]

スキル、技

隠密の効果により見れません



属性

隠密の効果により見れません

称号
隠密を匠に使いし者



——————————————————


投稿遅れてすいません、こらからもこのような形になると思うのでよろしくお願いします。

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く