俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

後輩? 二章24話

ナキタ「まだ寝させムニャムニャ」

良「か、可愛い……この寝顔を消すのは苦しい[転移]これでナキタの部屋到着だなナキタ、なんでそんなに可愛いんだよーーとりあえずベットに乗せてっとまだ隣の部屋に[転移]よしこれでオッケーだな、まだ夜じゃないのにナキタ」

ライト「良さん通知です」

良「ん?通知?」

ライト「通知を開きますか?」

良「あ、ああ開く」

ライト「通知を開きます、神の領域転送中」

アルク「やっほー異世界で元気してる?」

良「え?アルク神さん?あの……こんなにテンション高かってでしたっけ、しかも少し身長が高いし」

アルク「あーばれた?」

良「え?」

アルク「うちはこのヨルイン世界の神“ニン神”だよー今のはうちのスキルだよ」

良「そうなんですか……にんじん?」

ニン神「あー元の世界の野菜じゃないから安心してね」

良「それで、何故話しかけてきたんですか?」

ニン神「それがねー前のマイツ世界のアルクから『規約を読み返してたらチートの量が足りなかった』ていう事だから私がチートを渡しにきたって感じかな」

良「え……結構チート貰いましたけど」

ニン神「違う違う魔力を上げるだけじゃ少な過ぎる言うてるの」

良「それが僕にとってはチートなんですが」

ニン神「んー困ったな、まあいいや少し強引だけど[身体止め]」

良「体動かない」

ニン神「ごめんねー規約違反するのは嫌だからさ、じゃあチート貰わないと帰れない、この場合ならどんなチートが欲しい?」

良「え……チート、んーじゃあ神様が持ってるスキルください!」

ニン神「……いいよ、そう来るとは思わなかった、じゃあ私のスキルか……何が欲しい?」

良「全部で」

ニン神「わかったわ、流石に全部はきついから待ってね、[スキル大量生産]それで
[スキル渡し選択]からの[魔物耐性][精霊魔法強化][高速][農業革命]
[大罪][解析][分身][鑑定]
[宣告][敗北感][神スキル無効]
[女神の涙][魔力回収][精霊に好かれし者]それで一応雷の神も担当してるから[雷完全耐性]はい終わり。流石に疲れたー、まあこれで規約違反しないでゼウス様にも怒られないで済みそうだ、やったー」

良「あ、ありがとうございますそれと……この体動けないの直して貰えますか?」

ニン神「そうだったねー[解除]ー」

良「はあよかった」

ニン神「あと、君バカ?」

良「………唐突」

ニン神「あのねステータス表示方で技とか出さない方法があるんだけど、君いっつも技とか見せてたよねー」

良「そういうものじゃないんですか?」

ニン神「あのね、このステータス制度がある世界はステータスの技を出さない方法があるのそれで、そのステータスがある世界の常識は技は出さないのか普通なんだよ、なのに君は出してる向こうの人が驚いてたのはその部分が大きいんだ、何故なって?それはね向こうの人は『なんで技を見せている挑発か?いや違う隠す意味などない圧倒的な力なのか!』みたいにかんちがいさるんだよ」

良「そうなのか、それはバカだった…それでその技を隠す方法ってなんですか?」

ニン神「そんなの簡単よステータス開いて縮小って言えばいいのよ、向こうの世界では10歳を超えると必ずやる儀式だから知らない人なんていないどこの国どこの種族をみんなやるのよ、そして技を見たいときは拡大って言うんだー」

良「そうですか、ありがとうございます」

ニン神「てか、さっきっから気にってたんだけどなんで少し敬語なのー?」

良「え、それは神様だからですよ」

ニン神「いいのいいの敬語使われるとかマジで恥ずいから」

良「そうかわかった」

ニン神「いいねーじゃあさいならー縮小してねー」

良「ばいばい」



良「……はっ戻った、またチート貰ってしまった、なんか申し訳ないないくら規約違反といっても……」

カント「おーい良君とナキタ君いるかー」

良「はい、いまーす」

ナキタ「むにゃむにゃ、まだ寝かせて……」

カント「今新しい魔王が生まれて勇者の召喚がされているんだ、少し立ち会ってくれ」

良「わかりましたー、召喚かやっぱりここは日本人かな……でもとりあえず、ナキター起きろー……って壁に言ってもしょうがないな、向こうの部屋に行くのは面倒だが、[転移]よしっとナキタ起きろ城に行くぞ」

ナキタ「んーまだ寝かせて」

良「そうか、それを言うならこうだ[絶対支配中、起きる]」

ナキタ「………なんだ体が勝手に、うわー……なんでおこしちゃうのさ」

良「それはカント先生に言われたからだよ」

ナキタ「そうなのか……むにゃ、なら……むにゃ、仕方がないな」

良「めっちゃ眠そうやん」

ナキタ「まあいい、スキル[起きる!]」

良「そんなの……ないよね?」

ナキタ「………うん、ないでも!でも!!!今の声で起きた」

良「う……うんそうならいいな、じゃあ行くぞ」


——————————————————

一つ頼みがあるんでが………この作品へのコメントや、応援メッセージをしてくださるとありがたいんです、なのでどうか、どうか!!コメントお願いします……なるべくコメント欄は平和にお願いします。


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー245212

    毎回楽しませてもらってます!新しいのが出たらすぐ見るのでよろしくおねがいします!

    2
  • ムック鳥

    なんか読みづらいし感情が分かりにくい。誰が喋ってるかもわからんかなってくる

    5
コメントを書く