俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

ヒロインの扱い方 二章22話

良「大丈夫か」

女の子1「貴方はさっきの方ではないですか」

女の子2「何しに来たの!」

少し強く言われる。

良「いやー後一人でクリアだから暇だから少しその辺を散歩ーと思いました…ってめっちゃ囲まれてるやん[攻撃力・物体化“四角]これで完了じゃあ回復して」

女の子1「回復ヒール回復ヒール

良「(なんだこの回復の低さ全然回復できてないな……っていつからこう言うのわかるんだ?まあこれも異世界人生の知恵って奴かそう思うとラノベの主人公すげーなー)あの回復手伝う?」

女の子1「大丈夫です、はあはあ平気ですから」

女の子1が息を荒くして言う。

良「(魔力が尽きかけてる)[女神の雫]」

女の子2「凄い……治った」

女の子1「貴方は……何なんですか、規格外の魔法を放ってなのにレベルは1……どうやったら強くなれるんですか……教えてください」

良「(んー)強くなる方法……ねぇ、強いて言うなら意識を高く持つ事とか、後はなんだろう魔法練習とか……そんくらいかな後はあんまり女の子にはオススメ出来ないからな」

女の子1「教えてください」

女の子2「教えてよ!」

良「1年半剣を振り続ける……それくらいだそうしたら魔力が少なくて魔法が弱くても戦える」

女の子1「……馬鹿にしないでください」

良「え……なんかごめん……でも本当なんだ」

女の子1「……(はっ)」

女の子1が我に返った用に言う。

女の子1「私もごめんなさいムキになって」

良「そんな事してる場合じゃ無いな俺は助けに来たんだった」

女の子1「…え、なんで……こんなに絶望的な状況なのに」

良「いやーそう言う程燃えるじゃん?早くしないとこの四角も耐久が少ないから」

女の子2「二人は援護魔法を掛けて私は突っ込むから」

良「いや俺も行く俺は前線担当だからな」

女の子1「あんな高度な魔法を使って……前線」

良「あっ、そう言えば名前は何?俺は良、秋山良だよろしくな」

女の子1「私の名前はユナ」

女の子2「私の名前はシールラだよよろしくね」

良「あぁ(こんな風に同い年の子と話したの何年振りだろう、そういや異世界きてから殆ど年上か同じぐらいだからな、こうやって年が同じの女子と話したのは日本ぐらいだったからな)」

シールラ「じゃあ良君行くよ」

良「あぁ」

ユナ「[身体強化大]」

良「解除、[縮地の極み]」

シールラ「速…い」

良「[龍斬撃]」

ユナ「……え、剣術が凄い…」

良「シールラ早く突っ込むぞ」

シールラ「……は、わかったわ」

良「敵は沢山いるポイントはいくらだ」

シールラ「私は80ユナは90」

良「ちょうど一人ってところか」

入学生「畳み掛けるぞー総勢魔法発射ー」

良「全方向かきついなユナ、シールラ捕まってろ」

ユナ「え」シールラ「え」

ユナ・シールラ「えーーーー」

良「[飛躍]空からさっきのやってくれ」

ユナ「さっきの……身体鋼鉄化魔法[金]」

良「よしサンキュー、いける[落下撃]」

入学生「前線行けー」

良「てかこれ軍隊みたいに組んで良いのか?」

ユナ「いいんです!!」

良「そ、そうかのか」

入学生「まだだ行けー[雷水砲術ウォーターボルト]殺せー」

良「ありきたりだな、勇器盾死ぬはお前らだ、勇器剣、[龍超連斬撃]死ね」

入学生「うわーー」

良「よしやりー」

ユナ「は、はあ」

シールラ「死ぬかと思った」

良「俺100溜まった見たいだな」

ユナ「私たちはまだだね」

シールラ「じゃあね、また入学式の時に」

良「あぁ………って今日入学式じゃなかったのーーー?」



良「ここは」

教師「32番目クリア、名前は何かな」

良「俺の名前は秋山良」

教師「そうか良君君は合格したのでこっちに来てね」

良「わかりましたってなんでみんな眠ってるんですか?」

教師「それはね、カクカクシカジカなんだよ」

良「そうですか」

教師「じゃあ体育館に行こうか」

良「はい」

体育館に着く

良「えっとナキタナキタどこだ」

ナキタ「あっ良ーー」

良「あ、いた[縮地の極み]」

ナキタ「なんか乱暴な戦いだったな」

良「え?……見てたの?」

ナキタ「あそこから見れるんだよ」

良「あのモニター?ってこの体育館広ーーーーーーー」

ナキタ「そうだろ、俺も思ったそしたらここで待っててと言われた」

良「そうなのかポイントを取られるとどうなるんだ?」

ナキタ「なんかここに戻ってくるんだけど、やっぱり入学できないそうなんだ」

良「そうなのか」

ナキタ「でも今年の入学者は200人はいくってだから人数の方は問題ないんだってさ」

良「まああれだけ入学したい奴が居ればこんな事やっても人問題は大丈夫なわけか」

ナキタ「そゆこと、いやー今日は楽しかった始めてスティを使えたし、いやー強かった使えたよ」

良「そうなのか、それは良かったな」

ナキタ「なんか気分でも悪いのか?」

良「あのな………疲れたー」








「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く