俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

服買います 二章15話


しばらく投稿できなくてすいません。
少し時間が空く時があると思いますが
よろしくお願いします。
では
二章15話良初めての魔道具拝見をご覧ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ナキタ「どこ行く?」

良「なんか俺服買いたいな」

ナキタ「さっき言ってたしな」

良「服屋ってどこかな」

ナキタ「あれじゃない服のマークがあるし」

良「そうだな、よしあそこに行こ」

良達はその店に入る

良「すげー服がいっぱいめっちゃカッコいい奴もあんじゃん」

店員「いらっしゃいませ」

良「なにかカッコいい服ってありますか?」

ナキタ「俺にもカッコいい服ってありますか?」

店員「カッコいい服ですか……」

良「値段は気にしなくていいですよ」

店員「ならこれはどうですか?」
と言って白がベースの長袖長ズボンで黒が端っこに混じっている服を出す

良「うーん」

ナキタ「なんだこれ良さそうじゃないか」

良「これ着ると長袖だから俺の左腕からできる武器とかが邪魔で破けないかなと思って」

店員「(あ…それコスプレじゃないんだ)そうですかなら…」
と言い黒色の半袖長ズボンと白色のコートがついた服が出てきた

良「これならいいかも」

店員「それでお隣さんの服はこれならどうでしょうか」
と言いいかにも学校の制服の様な物が出てきた

ナキタ「え…どうせならもっとカッコいい服がいいんですけど……」

店員「似合いますよ!!」

良「(そういえばナキタの顔見て麻痺してたけど結構な美少年なんだ)」

ナキタ「な…なら買います」

店員「二点で銀貨5枚です」

良「じゃあこれで」
と言い黄金金貨をだす

店員「え……お釣りがえっとえっと少し待ってください金庫に行ってくるので」

良「わかりました」

五分後

店員「合計が金貨9枚と銀貨5枚ですね」
震えながら渡す

良「ありがとうございます(なんか悪いことしたかな)」

外に出る

良「やっぱ新しい服最高ー」

ナキタ「そうだな心をリフレッシュできる感じがする」

良「次どこ行く?俺行きたいとこあるんだよ」

ナキタ「どこに行きたいの?」

良「着いてくればわかるでしょ」

ナキタ「そうだな」
と言い来た道を戻る

良「ここだよ」
と言いある店を指す

ナキタ「この店はなんだ」

良「じゃあ入ればわかるよ」

中に入る

おばあさん「いらっしゃい何をお探し」

良「えっと魔道具ってありますか?」

おばあさん「この店のほとんどが魔道具だよ」

良「そうですかありがとうございます」

ナキタ「魔道具屋かそれは少し興味があるな」

良「そうだろじゃあ少し魔道具屋見ようぜ」






「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く