俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

お買い物 肉 二章14話

受付人「あ…あのこれ何個お持ちですか?」

ナキタ「12個だなそれを合わせて」

受付人「わ…わかりました少し王様に連絡しますので後日でよろしいですか」

ナキタ「今お金が欲しいんだその一個は低価格でいいから」

受付人「しょ…少々お待ちください」

ナキタ「本当に意外だな俺の爪があんな値段なんて」

良「なんか細工魔法かけてないよな」

ナキタ「魔法を使ってたとしてもこれは大雑把すぎだよ」

良「まあそうだな」

少し待つ

受付人「あの上のものに相談したところ{流石にこんな貴重なものを低価格で受け取るなんてこちらとしても罪悪感が残る}との事ですので明日に来てもらえないでしょうか」

ナキタ「そうかなら良今日は中止でいいかな?」

良「んーじゃあこれを買ってください」
と言い転生前の魔物の素材を渡す

受付人「じゃあこれもそちらに置いて頂いて」

良「わかりました」
と言い置く

《魔王幹部の角・歯・骨》
 
希少価値レベル
[SS]

説明
魔王幹部の体の一部非常に硬い加工するのは少し困難だが角・歯・骨には微小な魔石が散りばめられているため価値は高い
(魔石は下位魔物でも手に入る)
注意
魔王幹部の角・歯・骨は臭く毒が有ると考えられているあるい程度の毒耐性がないと危ない代物

受付人「こ…これなら買えますね」

良「わかりましたありがとうございます]

受付人「で…ではこれを黄金金貨10枚で買わせて頂きます」

良「そ…そんなにありがとうございます」

受付人「ではまたいいものを」

外に出る

ナキタ「やったなこれで金は手に入ったさてどこ行くか」

良「とりあえずお腹すいたからこれ食おうぜ」
と言い串刺しの焼肉を買う

ナキタ「これは美味しそうだな」

良「では頂きます」

ナキタ「い?…頂きます?」

良「うんめーサイコー」

ナキタ「これはうまいな香ばしい香りが漂う」

良「やべうまいもう一個買っちゃおう」

ナキタ「俺のも」
良がもう二つ買う

良「ほらよ」
と言いナキタに串刺し肉を渡す

ナキタ「うまいなこの塩も効いてる」

良「ごちそうさまでした」

ナキタ「ごちそうさまでした?」

良「(そういやこの街なんか中世の劇で出てきそうな感じだなあんまり気になんなかったけど)よしなんか買い物するか」






「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く