俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

お買い物 二章13話

ナキタ「ところでこの世界の通貨持ってる?」

良「あ」

ナキタ「お前持ってないな」

良「お、おう」

ナキタ「じゃあどうする通貨」

良「俺らが持ってる持ち物売れねえかな?」

ナキタ「ワンチャン大金持ち狙えるかも」

良「そうだな持ち物確認しよう」

良持ち物
薬草類
[0]
鉱石類
[0]
希少価値有類
[1]
魔物類
[999(カンスト)]
ポーション類
[0]
武器類
[7]
防具類
[0]
毒物類
[0]


ナキタ
薬草類
[0]
鉱石類
[0]
希少価値有類
[12]
魔物類
[0]
ポーション類
[0]
武器類
[0]
防具類
[0]
毒物類
[0]

ナキタ   良「……売れるもの持ってない」

良「どうする?希少価値有は取っといた方がいいでしょ」

ナキタ「これ売れるかも希少価値有の奴」

良「売っていい奴なの?」

ナキタ「名前が《魔王の爪》」

良「…………爪?」

ナキタ「俺が魔王時代に取っといたものだ」

良「お前の爪が希少価値…まじ」

ナキタ「それが現実だ」

良「ギルド的なところ行って売れるか聞こう」

ギルドに着く

良「ここか」

ナキタ「なんか笑われないかな俺の爪売るって」

良「ま…まあ希少価値あるからまあ笑われたりしないんじゃない多分(ボソ)」

ナキタ「あー魔生から人生に転生したのに魔生の頃の《爪》を売る日が来るとは」

良「じゃあ行くぞ」

ナキタ「すませんこれ売れますか?」
と言いながら魔王の爪を出した(まあまあでかい)

受付人「これですかならこの上においてください」
と言いながらキラキラとした台を指す

ナキタ「よしおくぞ良」

良「おう」
ナキタが爪を置くその瞬間画面が出る


名前
《魔王の爪》
希少価値レベル
[SSSR]

説明
魔王の爪勇者でも取るのが困難な代物
武器防具などに加工も有り非常に硬く細工をするには鍛冶屋のプロが必要武器や防具に加工した場合伝説級になるのは間違いな

注意
少し臭い

受付人「………え」

ナキタ「なあ良これいいんじゃないか」

良「あぁそうだなでもナキタ」

「ん?なんだ」

良「お前の爪臭いってさ」

ナキタ「俺の足は臭くなーい(多分)」

受付人「あ…あのこれをどこで」

ナキタ「道に落ちてた(キラ)」

受付人「そ、そうですか」

良「でいくらぐらいで売れそうですか?」

受付人「えっと相場はわかりませんが最低でも黄金金貨百枚はくだらないと思います」

良「黄金金貨っていくらぐらいなんだ」

ナキタ「この世界ではチンという単位で取引されているらしいそのチンが1枚でチン貨10枚で銅貨100枚で銀貨10枚で金貨10枚で黄金金貨らしいでこの世界で銅貨で食べ物を買うみたいだ」

良「てことは………大金…持ちじゃん俺………よっしゃーーーー」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く