俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

試験2 二章10話

試験管「君が次の人かい?」

「はい名前は秋山良です」

「そうかわかったではまず所持属性を教えてください」

「えっと炎、水、風、土、雷、光、闇、覇、霧、ですね」

「ん?あの嘘ついてもしょうがないですよ」

「あの嘘ついてません」

「はぁなら全属性あの的に打ってください」

「わかりました[黒炎][剛水流][風圧斬り][土ゴーレム召喚][風雷神砲][ダークネスオブギャラクシー][覇王斬][霧斬り](よし全属性使えたか。初めて使うやつもあったしまあ威力は落ちたけど元々この世界では最強魔神王も倒してるし別に強いとか隠さなくていいだろう)どうですか?」

試験官「……(驚愕)」

良「あれ?範囲攻撃はしてないはずだけどあっわかった驚いて気絶してるのか[回復(ヒール)]これでどうだ?」

試験管「私はなんで倒れて…」

良「試験管ご苦労様です、では」

試験管「は、はぁあの子はなんだったんだろう一応Sクラスに推薦っと、次の人」

ナキタ「はーい(良に負けず頑張らなくちゃ)」

試験管「所持属性を言ってください」

「所持属性は闇、獄、黒、、癒、炎あとなんだっけ…….あっそうだ変だ」

「そ、そうですかじゃああなたもその五種類の魔法を放ってください……ってさっきの子壁壊したー」

ナキタ「まじか!一応直しときますね、[完全修復]じゃあ試験を始めましょうか」

「……その魔法は」

「癒属性の応用で治癒を物体にしたものです」

「そ、そうかならほかの属性を使ってくれ(今日は頭が痛い早く寝よう)ではどうぞ」

「それじゃ行きますよ[闇の古今][獄刀連斬無言斬り][暗黒物質変化][炎群]行け」

試験管「…………もう行っていいぞ(はぁ今年は規格外な人が多いなまぁ普通にSクラスだな)」

ナキタが外に出るそこに良もいる

「ナキタどうだった」

「普通にオッケー」

「まぁ元魔王だもんな」

ナキタ「次の試験は剣技か…あんまり気が向かないな」

「なんでだ?」

「俺あんまり剣苦手なんだよな」

「え?剣召喚とか魔王流剣技もあるのに?」

「あれはスキルだよ元々あるの」

「あぁそうなんだ」

「まぁ良は普通に大丈夫だろうけどさ」

「まぁ剣技だけは自信あるから」

「あ、あと良」

「何?」

「あのこの世界では剣技って言う技があるけど剣技自体の名前は剣術って言うらしいよ」

「そうなのかなら龍剣術みたいな?」

「まあそう言うことだな剣で戦うことが剣術その剣術で技を繰り出すことが剣技というらしいんだ」

「へーやっぱり常識が違うみたいだな」

ナキタ「まあ異世界だからな」

「それじゃあ次は剣術だな、行くか」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く