俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

勇者と魔王討伐 二章6話

「ここか」
そこには以前の世界とは違い闘技場のような建物が1つあった

ミナ「あれかな」

ヤグ「恐らくそうでしょうでは行きましょうかこの日までに皆んなで修行をしてきたんですから」

良「あの、僕陣営とか知らないんですけど」

ミナ「それは指示するさ」

良「わかりました」

ミナ「あ、あとこれヤグさん」

ヤグ「あれですか良さんこれを受け取ってください」

良「これは?」

ヤグ「それは勇者にしか操れない勇者専用の武器それを君に渡したそれの使い方は戦っているうちに考えてくれその使い方は誰も知らない」

良「わかりました、ありがとうございます」
渡されたのは四角い形をした積み木のようなものだったそれは見た目以上に重かった

「(重っ)」

ミナ「じゃああの闘技場に行くよ」

他全員「はい」

闘技場の中に入る

良「あいつが魔王」

ミナ「怯んでないで陣形を整えて良君は前に出てどんどん攻撃して隙を作って」

良「わかりました」

魔王「お前らが勇者か待ちくたびれたぞ私と戦えー」

良「威嚇かでも耐えれるよし行くぞ[龍斬撃]効いた……か、効いていない弾き返されたまじかならこの四角い奴を使うしかないのかまあいい[吹雪]凍れー」

魔王「なんだこのハエは小賢しい」
良が指で跳ね返される

良「強すぎだろ(前の魔王とは格が違うなんでだ前の世界より弱いんじゃないのか)」

ライト「良さん」

良「なんだって頭の中で返事をした感じ」

ライト「それは良さんと[テレパシー]をしているのです」

良「どうやってそんなことが」

ライト「良さんのステータスが強ければ強いほど私の扱えるスキルが増えるのですそれでテレパシーを獲得しました」

良「なるほどそれは便利だそれであいつ全然攻撃が効かないんだけど……」

ライト「それは魔王が前の世界の魔王とは比べて格が違うからです」

良「なんでだ、って岩!」
良の前には自分の三倍ほどの岩が投げつけられていた

良「やば」

マイナ「良君任せて[反撃砲]」ドカンと岩に当たる

良「ありがとう、ライトどうすればいい」

ライト「良さんが持っている勇者しか使えない武器通称[勇器(チート)]を使うしか戦えないです」

良「これどっやって使えばいいんだ」

ライト「それに魔力を流し込めば使えますそして流し込んだら欲しい武器をイメージすればその武器を使えます武器の形をイメージすればいいのです」

良「それはチートだなだったら行くぜ」

ライト「頑張って」

良「魔力を流し込む、ハッ」
四角い形をした物が光る

ミナ「良君成功よ武器が光ればその武器を100%使えるよ」

良「わかりました創造[大双剣]よし行くぜ双竜使用[龍超連斬撃]行け反撃だー」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く