俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

勇者達とバトル 二章4話

ハン「先生集めてきました」

「ありがとう、みんなに紹介するこの子が最後の大賢者だ」

勇者達「えーーー」

「まあみんながそう思うのもそうだろうな良なんでこんなに驚いて居ると思う」

「長い間現れなかったから?」

「そうだこの五年ずっと現れなかったんだみんな諦めかけてたそこにお前が来たから驚いてるんだ」

「そうなんですか」

「だから皆自己紹介してもらう」

?「まず俺からだな俺の名前はタツサスって言うんだ勇者名は槍勇者だよろしくな」

?「わいの名前はヤングと言うもんだ勇者名は鍛冶勇者だ武器の点検はわいの担当や
よろしくな」

?「私の番ね私の名前はハヤ=ナチだよよろしくね 勇者名が治癒勇者だよよろしくね」

?「次は私の番だ私の名前はヤグ気軽にヤグさんと呼んでくれみんなからはそう言われてる勇者名が賢者だ恥ずかしながら私が賢者なんだ魔法が教えて欲しかったら気軽に言ってくれ」

?「わ、私の名前はサンサです勇者名が弓勇者ですよろしくお願いします」

?「僕の名前はフヤキです勇者名は拳勇者ですよろしくお願いします(ニコ)」

ハン「僕の事は知ってるねまあ一応僕の名前はハン勇者名は銃勇者だよ」

?「俺の名前はムナイ=ナサだ勇者名が機器勇者だよろしくな主に皆んなの武器を新しく作ってる何か欲しいものがあったら気軽に言ってくれ」

?「私の名前はマイナ大砲勇者だよ、よろしく」

?「最後は私ねこのチームのリーダーミナよ勇者名は聖剣勇者だ主にみんなの指揮を担当するこれからよろしくね」

良「みなさんよろしくお願いします」

ハン「早速なんだけど君の力を試したいんだそれで俺達と戦ってくれないか」

「え?僕一人ですよ」

「そうなんだけど伝説では大賢者が1つずば抜けて強いらしいんだだから頼む」

「そういうことなら良いですけど」

「ありがとうじゃあ早速闘技場に移動しよう俺達について来て」

「ありがとうございます、わかりました(良い人達だなこれならトラブルなくすみそうだな)」

しばらく歩いて

ハン「ここだよここにはヤグさんが作った魔法陣がある闘技場この外には攻撃が出ないようになってるんだ凄いだろ」

「そうですね、では早速」

「そうだねでは先生審判をよろしくお願いします」

「わかった、では初めー」

ミナ「陣形を整えて」

勇者達「わかった」

ミナ「前衛攻撃、拳、槍いけー」

フヤキ・タツサス「わかった」

フヤキ「[正拳突き]やー」

良「くっやっぱり勇者強いなだったら[龍斬撃][縮地の極み]最初から飛ばすぜ」

ミナ「みんなやっぱり大賢者強いよ来をつけて」

フヤキ・タツサス「やばいやられる……あぁぁぁー」

良「よし二人撃破、カント先生外に出せば勝ちか?」

カント先生「あぁそうだ」

良「よしわかった[龍の覚醒]これでどうだ、[ラグナロクの序章]いけー後衛に攻撃、[攻撃力物体化・短剣]大量生産合体[浮遊]発射ー」

ミナ「ヤグさん[ガード]お願い」

ヤグ「わかった[防御術範囲]」

「やっぱり賢者違うねーだけど俺は[絶対支配中]動くなぁぁ」

ミナ「体がみんな大丈……夫…うそ」

良「これでしまいだ[魔王の証][剣召喚『魔王の大剣』]」

ミナ「ハヤ治癒防御魔法お願い」

ハヤ「わかった治癒防御魔…え」

良「俺の方が一枚上手だ[覇王の証][龍超連斬撃]終わりだー」

ハン「甘い[危機的状況ライフルガン]」

良「やばっ」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く