俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

魔王城攻略 2 一章36話

「狼…いや何か違う」

「気づいたかそいつは闇で作ったモンスター俺の力だ」

「そうかでも俺には関係ない」

「バカだなお前」

「そうかな[縮地の極み]」

「極みを使う物これは本気で戦うしかないようだなスケルドラゴン最高レベル魔法転送極炎帝属性太陽召喚[サンブレス]」

「太陽だと…魔法は使えないならば[飛躍]」

「飛ぶかまあいい判断だな」

「次は俺のターンだ[白龍超打撃]」

「白龍の技か、だがその程度で私はどうじない[ダメージダウン]」

「効かない…どうする」

「おいおいまさかこれでしまいか?」

「いいやまだだMPがない俺で出来る事あれだ[威嚇最終形態]」

「なっこれは威嚇最終形態、魔王様も持っていないスキル」

「これで戦えるか?」

「無理……だな抗えん…完敗かまあいい魔王様なら勝てるこの程度の男ならな」

「じゃあな死ね[龍剣技向上][龍超打撃]」

「スキル獲得[召喚魔法][魔法転送]
[ダークネスファイブウルフ]
[スケルドラゴン][ダメージダウン]
[サンブレス][太陽炎][超魔法]

スキルアップ
[龍打撃][足腰向上飛躍][剣技超向上]

「百階層越え魔王様に挑戦しますか?………イェスかノー」

「千階に行けるってことかでも俺は力を付けたいのも事実でも早くミリのところに帰らなきゃ」

「行くよ魔王のところに、イェス」

「わかりました[転送]」

「………お前が魔王か」
そこにはどでかい怪物がいた

「そうだがなにか」

「ならお前を倒す」

「そうかなら対抗させてもらう」

「いいぜ」

「では私から[魔法乱用][魔力超向上][攻撃向上]
[魔法撃ダメージダウン][ナイツハート][フライ][ライトダウン][ホーリー][魔王の証][禁術『絶対呪』][魔の鍵][影]
[人化][翼][全属性使用][マジックオールワールド][剣城召喚『魔王の大剣』][貫通撃][ダークネスワールド]
[絶対的支配者真][魔神召喚]
[魔法杖召喚『魔王の叡智オールステッキ』][身体向上]これで終わりだ」

「なんだこの力チートすぎだろ」

「来ないのなら私から魔の剣技[魔撃]」

「くっ強い勝てるかいや勝つ[覚醒][縮地の極み]龍剣技[龍の覚醒][ラグナロクの序章]行けるか」

「この私には効か……なっこの私にダメージが入るだと」

「効いたようだなどうやら[スキル自動選択]がうまく起動したなこれで決める
[覇連剛斬剣]」

「この程度でこの大魔王が倒れるはずがなかろう[魔真舞]」

「なんだと」
そこには最強と言っていいほどの力があった

「これは魔王の私が使える技だ威嚇が高いほどこれは有効ほぼ上の私にこれが効かないものはいない死ねー」

「なんともないな」

「効か…ないだと嘘だ」

「どうやら現実甘くないようだな終わりにする俺流剣技[限界斬撃超越]」

「甘い[絶対反撃]」

「なっ」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く