俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

魔法力そんなのいらないわけ無い 一章32話

周り「嘘だろ魔法力が無いなんてそれでやさびに勝つなんて」

「なあ師匠そんなに凄いのか?」

「まあこの世界ではあまり攻撃力を使わないからないくら鍛えようとしてもやっぱり魔法の方が便利で強いと言う結果になってしまうからな」

「そうなのかて事は俺攻撃力では最強?」

「そうかもな今のお前なら」

「よっしゃー」

「それと良、丁度いい」

「何?」

「こいつらを鍛えてチームを作って欲しい」

「え?」

「神からの命令だ」

「それなら仕方ないな」

「よかった」

「で師匠何をすればいいの?」

「主にこいつらの強化と連携とお前自身の強化ぐらいだな」

「それをいつまで?」

「期間は設定されてない」

「わかった」

「頼むぞ」

「後はこっちで色々とやるから」

「わかった俺は北の国で転生者を迎えてそいつらを鍛えなきゃいけないからな」

「わかった」

「明日には出発するつもりだ」

「了解じゃあ俺も行動させて貰うぜ」

次の日

師匠「じゃあ北の国行ってくるからじゃあな」

周り「さよーならー」

「じゃあな師匠」

「………よしお前ら少し話を聞け」

周り「何だろう?」

「今から本気でお前らを神の戦士にする」

周り「マジかよ」「だりー」

「嫌な奴は出て行って構わない一応お前らはチート無双のスキルは備わっているだが
お前らはそれでもひよっこ雑魚なんだこの森には白龍がいるそいつを倒せたらここから出て行って構わない外で生きてく自信があるならな」

周り「どうする?」「魔法使えるしいいんじゃない?」

「5秒以内に決めろ」

「5・4・3・2・1・0手あげろ」

全員が手をあげる

「まあそうなるよな次は攻撃をしたい奴は左魔法を使いたい奴なら右に行けこれは自分のチートに相談しろ」
ぞろぞろと別れていく

「よし大体わかったな、ミリ右の奴らお願いできるか?」

「別にいいよ」

「よし決まったまず魔法はこの女の人の所に攻撃は俺の所に来い」

「まず質問するお前らはクラス転生か?」

周り「そうだよ」

「そうかで何人転生したんだ?」

「40人ぐらいかな?」

「それで攻撃は何人だ?」

周り「15人位かな?」

「そしたら早速修行だ一日剣を降り続けろ」

周り「えー」「ふざけてるだろ」
「マジかよ」

「お前らが批判するのはわかるがこれをやらなきゃお前らの体は俺の練習についていかない」

周り「……」

「それじゃあこれまでそれぞれ個人でこの鉄剣を振れ以上」

周り「これだけ?」「サボろ」

「後お前らサボったら森に放り出すから」

周り「………」

ミリの所に向かう

「あ、良そっち大丈夫?」

「生意気だけど大丈夫」

「よかった、やっぱりチートといっても大したことないね」

「まあそんなもんだろ大勢転生なんて」

「そうね」

「これから大変になるぞ」

「はぁー頑張らなくちゃ」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く