俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

選択 一章29話

「うーん何にするか」

「[ポセイドンの槍][ロンギヌスの槍][デュランダル][ヘラクレスの棍棒][干将・莫耶][ゼウスの雷霆]
[ヘラクレスの弓][アポロンの弓]
[アルテミスの弓][ケリュケオン]
[アダマスの鎌][ハルペ][テュルソス][エクスカリバー][ティルフィング][アゾットの剣][フラガラッハ]
[クラウ・ソラス][黄金のハルパー]
[グラム][アロンダイト][無傷の剣]
やっぱり多いな」

「そろそろ決めたかな?」

「分かった決めた」

「では欲しい武器を唱えてください」

「[ゼウスの雷霆][グラム][アポロンの弓][クラウ・ソラス][エクスカリバー]」

「わかりましたそれぞれの攻撃力と魔法力
と魔法撃は自分に比例しますそれでもこの武器でいいですか?」

「はい大丈夫です」

「わかりましたでは現実に召喚します」

「ありがとうございました」

「では次に会うときは戦いの時に」
良はさっきまでいた店の前にいた

「戻ったのか、とんだイベントがあったな」

良は何も買わないで宿へ戻っていく

「ただいまー」

「お帰りご飯何?」

「あ、買ってくるの忘れた」

「じゃあ何しに行ってたのよ」

「さっき神から武器をもらってた」

「え?ほんと?」

「あぁ本当だ貰った」

「どんな武器?」

「[ゼウスの雷霆][グラム][アポロンの弓][クラウ・ソラス][エクスカリバー]だよ」

「それって神達が古来の戦いから使ってたものじゃない」

「それは俺も知ってるんだけど何故それを渡したかそれはわからないでも俺をMPのすぐ減る体質にしたお詫びだって」

「それは良かったね」

「あぁでこれからどうする?」

「とりあえずご飯でしよ」

「あぁそうだった」

良達は支度を済ませご飯を探す

「どこ〜ごはんちゃん」

「そんなに時間経ってないだろ」

「もう30分だよ」

「まだ30分大丈夫だよ」

「そんな〜」

「これご飯やじゃね?」
そこには花飯という看板が飾った

「お邪魔しまーす」

「へいらっしゃい」

「す、すごい日本っぽい」

その空間にはいかにも外人が日本の文化を真似しようとした感じの物だった

「なんのご飯がありますか?」

「白飯が人気です」

「わかりましたそれを2つで」

「私もそれで」

「かしこまりました」

「(ん?まてよ俺が2個頼んだそれをミリが頼む)」

「お待たせしました白飯4つです」

「(やっぱりこうなるか)」

「なあミリ俺白飯2つも食べれないからお前食う?」

「食べる食べる」

「あ、そうなんだ」

ミリは意外と大食いキャラだった事を良は
初めて知った瞬間だった

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く