俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

俺流剣技 一章26話

「何この私の攻撃をかわすなど」

「あぁ確かにお前の速さは尋常じゃない程だ、だけど俺の方が早いってことなんだよ」

「なんだと小賢しい死ねー」

「やばっ[絶対支配中]これでどうだ」

「何だ何かやったつもりか」

「効いていないやばい舐めてたこの技が
効かないとなると俺と同じかそれ以上の威嚇やばいな」

「どうしたこれで終わりなどとつまらん
事を言うんじゃ無いよな」

「言うもんか[攻撃力物体化]四角」

「何だこの物体は」

「お前を閉じ込める物だ」

「ふ、舐められたものだな[破壊]

「まさか破壊されただと」

「これが限界か?」

「んなわけあるかよ[縮地の極み]
魔力足りるか[災厄の訪れ隕石雨]」

「なっ」レッドアイズの上に隕石が降ってくる

「よしやったか」

「少しだけ効いたな」

「な、倒れてない」

「次は私の番だ」

「何!」

「[超越神聖龍化]」

「なんだと超越神聖龍それは6代龍の一匹
なら余計に負けられなくなったな」

「なんだと」

「倒してやるよ」

「舐めるな![神聖剣発動]」

良の剣がとられて行く

「俺の買ったウルライルが」

「こんな近くにあったとか私の剣」

「なんだと」

「これからが本番だ」

「[聖剣使い][龍剣技][超越神聖龍連打撃]」

「俺の技が」

「何俺の技?笑わせるこれは私が作った
技だ」

「こりゃやばいミリ」

「何?」

「応援魔法をくれ」

「わかった[応援魔法攻撃大]」

「これで決める[鬼神化][邪神龍剣技邪神龍超連打撃]」

「邪神龍だと」

「あぁそうだ邪神龍は俺が倒した」

「このー」

「これで終わりだ」

「まだだ火剣水剣風剣雷剣光剣闇剣召喚」
超越神聖龍の周りに色々な属性がついた
剣が周りに浮いている

「なんだあれ(カッケー)」

「これが私の秘儀全属性剣召喚だこれで
終わりにする」

「まさか」

「剣全属性強化」

「剣全属性強化」

「剣全属性強化」
超越神聖龍の周りの剣の能力が上がって行く

「これじゃ勝てない」

「終わりだ[全属性剣技][超越連打撃]」

「や、やばい」

ミリ「危ない[完全防御付与]」

「ミリありが……」
ミリが倒れる

「ミリなんでどうして」

ライト「死んではいません魔力が尽きそうで倒れてるだけです」

「そうか良かったミリ待ってろよ」

「なんだ友達ごっこか」

「そんなんじゃねーよ[縮地の極み]
[覚醒突破]」

「覚醒突破だと覚醒を成功したものはいないはず」

「終わりだ[俺流超剣技][超聖剣化]
ドライ少し剣強化するぞ」

「はい主人頑張って」

「ありがとう」

「これで終わりだ本当の終わりだ」

「[超聖剣化成功][限界連打撃]」

「そんなの効くはずな…な、ダメージが
入って行くこのままじゃ死ぬ」

「これが俺の意地だ」

「くそなんだと小賢しい[女神の雫]な、回復をしない何故だ」

「俺の技の効果だ」

「なんだとまさか」

「あぁさっきのお前の技少し真似させてもらったぜ」

「これは」

「[全魔法完全耐性]そんな技がだがさっきは何も言ってなかったぞ」

「限界連打撃の効果だ死にな」

「うわー」超越神聖龍が消えて行く

「スキル獲得[全属性剣技][超越神聖龍剣技][超越神聖龍打撃]
[火剣水剣風剣雷剣光剣闇剣召喚]
[女神の雫][超越連打撃][剣属性強化][超越神聖龍化][物体浮遊]

「倒したってその前にミリ大丈夫か」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く